アレルギー性鼻炎に対する手術成績

鼻粘膜焼灼術+鼻内後鼻神経凍結術

短期成績

2003年の日本鼻科学会で報告したデータですが薬物療法などでは効果が少なかった中等症以上のハウス
ダストアレルギーに対する術後6ヶ月の手術成績です。

自覚症状の変化(図1)

手術を行った患者さんにアンケートを行い、くしゃみ・鼻汁・鼻閉のそれぞれの症状を手術前と比較して
評価していただきました。その結果は症状の消失・著明改善・改善を合わせると、くしゃみ78%、鼻汁
78%、鼻閉89%でした。したがって8~9割の方の症状が改善してるといえます。粘膜焼灼と凍結を一度
に一日で行っておりますので一度の手術としては他の焼灼術にまさるとも劣らない成績です。ただし6ヶ
月の短期成績ですので長期の効果は今後の検討が必要です。

参考:レーザー手術の長期成績(図2)

平成10年に「アレルギー性鼻炎の手術療法」という日本鼻科学会のシンポジウムで報告した内容です。
術後7年以上経過した45例のハウスダストアレルギーを対象として手術効果の持続性を検討しています。
なお手術方法は週1回の照射を5週連続で行ったものです。結果は7年後も術前に比べて症状が改善してい
たものがくしゃみで73%、鼻汁・鼻閉で72%でした。術後7年としては予想以上の良好な結果でしたが
ポイントは5回照射かもしれません。


スギ花粉症に対する手術成績

年ごとに飛散量の異なる花粉症では手術効果を評価することが難しく、信頼できる手術成績の報告は少な
いのが現状です。すなわち症状が前年の手術を受けなかったときよりも軽度であったとしても、それは手
術を受けた年の花粉量が少なかったからかもしれません。また、その逆もあり得ます。したがって、通年
性のアレルギーと異なり単純に術前後で比較し難いのが花粉に対する手術効果です。このような場合には
他の治療法と比較することにより評価する方法があります。一昨年、季節前から薬を使い続けたグループ
との比較で鼻粘膜焼灼術+後鼻神経凍結術の成績を検討しました。(鼻アレルギーに対する下甲介アルゴ
ンプラズマ凝固・後鼻神経凍結術:2002年 日本鼻科学会)その結果、手術をしたグループは薬を使わ
なくても症状が軽く抑えられており、その効果はステロイド点鼻薬(最も効果が強いとされている薬の一
種)を使い続ける以上のものでした。(図3)


粘膜下下甲介骨切除術+後鼻神経合併切除術

短期成績

短期成績

2000年に論文で報告した手術成績を示します。重症のハウスダストアレルギーを対象とした術後平均5ヶ月の短期成績です。「消失」と「著明改善」を合わせるとくしゃみで90%、鼻水で75%、鼻づまりで100%でした。手術対象とした方の多くはレーザー手術などが無効であった重症の方ですので手術効果としては十分に高いものだと考えられます。


長期成績

上記の患者さんが平均3年1ヶ月(最短2年、最長4年6ヶ月)経過した時点で効果が続いているか再度検討した長期成績です。(2003年・日本鼻科学会で報告)鼻閉は依然として87%の高い有効率でした。鼻汁は74%、くしゃみに対しては52%とくしゃみに対する有効性がやや下がってきております。これはくしゃみに関与する知覚神経は後鼻神経以外に篩骨神経があるからだと推測されます。ただ「改善」までを有効とする評価では鼻閉100%、鼻汁91%、くしゃみ91%といずれも高い有効性です。これを前述のレーザー手術後7年の長期成績と比較してみますと、いずれの症状も粘膜下下甲介骨切除術+後鼻神経合併切除術の方が良好な成績です。


無料メール相談