当院が選ばれる理由

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、2004年に開院以来、5,000件以上の日帰り・短期入院手術を行ってまいりました。なぜ、当院がこれほどまでに多くの患者様に選ばれ続けているのか。その理由を紹介します。

十分な治療説明を実施

当院では、治療前に十分な説明を実施し、理解をいただいた上で治療を行うよう努めています。
従来であれば自身では見ることのできない鼓膜・鼻の中・喉の奥についても、顕微鏡・内視鏡システム・CTスキャナーなどの医療機器を導入することによって、現在の状態を確認することが可能です。これらをご覧いただきながら、正常な状態との違い・治療を行うことでどのように改善していくのかについて、患者様の不安が解消されるまで丁寧に説明します。また、治療にかかる費用についても手術前に概算をお伝えするようにしており、患者様が望まない治療を無理に勧めることはありません。


経験・実績が豊富

当院で治療にあたるのは、鼻科学を専門として様々な手術を考案し学会に発表を行ってきた確かな知識を持つ医師です。大学付属病院での部長経験もあり、これまでに5,000例以上もの手術に携わってきた確かな実績があります。開業後も毎年400件以上の手術を行っており、幸い開院以来大きな合併症は1例もありません。


院長・副院長が一貫して治療に対応

当院で行う手術は、院長、あるいは副院長が全てを一貫して対応します。大きな病院では、外来と手術担当、退院後の担当医師が代わることは珍しくありませんし、執刀医が転勤などで病院を離れてしまい病院側に手術所見が伝わっていないという事も無いとは言い切れません。当院では、術前の説明から治療・フォローアップまで、全て同じ担当医となりますので、ご安心ください。


日帰り手術・1泊2日手術もOK

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、多くの手術が日帰りで可能となっており、重症の場合でも1泊2日の入院で治療が終わります。そのため、これまで「仕事が休めないから」と治療を諦めていた方も、有給休暇の範囲内で手術を受けていただくことが可能です。また、一般的には発生してしまう入院費や全身麻酔費がかからないため、治療費も大幅に抑えられます。市外・他府県から当院での手術を希望される方も少なくありません。


安心してくつろげる環境づくり

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、患者様一人一人が気持ちよく治療を受けていただけるよう、常にスタッフ全員が注意を払うよう心がけています。院内は全てバリアフリーとしており、体の不自由な方や高齢の方も安心です。また、小さなお子様連れの方にも配慮し、トイレには赤ちゃん用シートやおむつ替えシートなども完備しています。


万全のアフターフォロー

手術後は、術後1ヶ月は週1回、その後2ヶ月は2~3週に1回の割合で術後加療を行います。もちろん、経過によってはもう少し間隔を開ける場合もあります。手術を受けられる患者様には執刀医の緊急連絡先をお伝えしており、必要に応じて緊急処置を実施します。


近隣の病院との連携で万一の際も安心

万一に備え、「済生会野江病院」や「関西医科大学付属滝井病院」「関西医大医科大学香里病院」などの近隣病院と連携をとっております。野江病院には院長の出身大学でもある関西医大の先生が常勤しておりますし、滝井病院からは鼻・耳の手術を専門とする馬場先生に第2・4土曜日の外来診療に来ていただいております。さらに、当院副院長である河本は香里病院耳鼻咽喉科部長の経験があり、現在も定期的に香里病院の外来診療を行っています。したがって緊急の入院が必要な場合や観察入院が望ましい場合などは、滝井病院や香里病院などに便宜を図っていただいております。


無料メール相談