いびき・睡眠時無呼吸症候群

「たかがイビキ・・・」と考えていませんか? そのイビキ、睡眠時無呼吸症候群が原因かも知れません。

あなたはこのようなことに身に覚えはありませんか?

もし、あなたがこうした症状に身に覚えがあるとしたら、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何度も呼吸が止まってしまう病気のことです。睡眠の質が低下してしまうため、日中に強い眠気や集中力の低下などが起こり、居眠り運転などの重大な事故にも繋がります。また、呼吸が止まることによって血中の酸素が低下し、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞等を発症してしまう恐れもあるのです

すぐに検査を受け適切な治療を受けなければ、取り返しのつかないことになってしまいます。

睡眠時無呼吸症候群の原因とは?

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に気道が塞がってしまうことで発生します。
その代表的な原因をいくつかご紹介しましょう。

  • アレルギー性鼻炎・鼻中隔弯曲症・肥厚性鼻炎などによる鼻づまり。
  • 舌が大きく、寝ている間に喉を塞いでしまう。
  • アゴが小さく舌根が喉に落ち込みやすい。
  • 扁桃腺が肥大し、気道が狭くなっている。
  • 肥満によって首の回りに脂肪がついてしまい気道を塞いでしまう。

鼻や咽頭の手術は日帰り・1泊2日手術にも対応 症状やご希望に応じた最適な治療方法を提案します。

当院では、睡眠時無呼吸症候群に対して、

  • 鼻の形態異常に対する手術
  • LAUP
  • 歯科用マウスピース(専門口腔外科紹介)
  • CPAP(Continuous positive airway pressure)

による治療を行っています。必要に応じて内視鏡やレントゲン・CTなどを用いた高度な検査を行い、それぞれの症状に応じた適切な治療を提案いたします。

鼻の形態異常に対する手術や、口蓋垂・軟口蓋の手術は日帰りで手術を行うことが可能。手術的な治療を希望されない場合も、歯科用マウスピースやCPAPといった装着することで症状を和らげる方法を選択することができます

睡眠中や日中の気になる症状がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。


川村耳鼻咽喉科クリニックの特色

1. 十分な治療説明を実施

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、治療前に『治療期間』『治療方法』などについて、患者様が納得されるまで十分な説明を行っています。
顕微鏡・内視鏡システム・CTスキャナーなどの医療機器を導入しており、従来であれば自身では確認できなかった鼓膜・鼻の中・喉の奥についても、患者様自身で現在の状態を確認していただくことが可能です。これらを確認していただきながら、正常な状態との違い・治療を行うことでどのように変化するのか等、丁寧に説明いたします。


2. 最先端の技術と確かな実績

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、鼻科学を専門として様々な手術方法を考案し世界に先駆けて実現するなど、確かな知識・技術を持つ医院長が治療にあたります。大学付属病院での部長経験もあり、これまでに5000例以上もの手術に携わってきました。開業後も毎年400件以上の手術を行っており、多くの患者様にご満足いただいています。


3. 院長・副院長が一貫して治療に対応

大病院では外来と手術担当、退院後の担当医師が代わることもありますし、執刀医が転勤などで他の先生に手術所見が伝わっていないという事も考えられます。当院では術前から術後まですべて医院長、あるいは副院長が担当。一貫した治療を行っています。


4. 日帰り手術・1泊2日手術もOK

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、できる限り早く治っていただくために、多くの手術は日帰りで行います。そのため、一般的には発生してしまう入院費や全身麻酔費は必要ありません。重症のアレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術』は全身麻酔が必要となりますが、その場合でも1泊2日ですので、入院費用は低く抑えられます。遠方から当医院での手術を希望される方も少なくありません。


5. 安心してくつろげる環境づくり

川村耳鼻咽喉科クリニックでは、クリニック全域をバリアフリーとし、体の不自由な方や高齢の方にも安心して治療を受けていただける環境を整えております。お子様連れの患者様にも快適にご利用いただけるよう赤ちゃん用シートやおむつ替えシートを設置したトイレなども完備。患者様一人一人が気持ちよく治療を受けていただけるようスタッフ一同日々心がけてします。


院長 川村繁樹のプロフィール

川村繁樹

資格
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を勤め、あらゆる耳鼻咽喉科全般の疾患を診てきた実績があります。
専門とする鼻の分野では平成5年に「アレルギー性鼻炎に対するレーザー手術」で医学博士を取得。
アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。開業後も毎年250件以上の手術を行い、継続的にその成績を学会や論文で報告しています。


昭和59年3月 関西医科大学卒業
昭和59年5月 関西医科大学耳鼻咽喉科学教室入局 研修医
昭和60年3月 済生会泉尾病院 医員
昭和61年5月 高知市民病院 医員
昭和62年7月 済生会野江病院 医員
平成2年4月 関西医科大学附属病院 助手
平成2年8月 沖縄県立宮古病院 厚生省医員
平成 3年 4月 関西医科大学付属病院 助手
平成 4年 4月~13年12月 関西医科大学附属洛西ニュータウン病院 部長
平成5年3月 「アレルギー性鼻炎に対するレーザー手術」にて医学博士取得
平成14年1月~16年7月 岩野耳鼻咽喉科サージセンター 副院長
平成16年10月 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
平成25年5月 関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授