月別アーカイブ 2015年5月

補聴器の種類や効果は? まずは耳鼻科を受診しよう!

年齢とともに耳が聞こえにくくなる人は多いです。また、病気などが原因で耳が聞こえにくくなる人もいるでしょう。そんな方が利用すると便利なのが補聴器です。

そこで今回は、補聴器の種類や効果をご紹介します。補聴器をつけると聴力が戻るのでしょうか? また、補聴器の種類や選び方もご説明します。

医師から補聴器の利用を進められているが、どれを選んでよいか迷っているという方や補聴器の種類や仕組みについて知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 補聴器の効果と仕組みとは?
  2. 補聴器の種類とは?
  3. 補聴器を選ぶ際の注意点とは?
  4. おわりに

鼻のかみすぎで耳が痛くなるのはなぜ? 正しい鼻のかみ方4箇条

「鼻のかみすぎで耳が痛い」という人は、鼻のかみ方に問題があります。鼻風邪をひいたときや花粉症が原因で鼻水が止まらなくなると、一度に出してしまおうとしてつい強く鼻をかんでしまうものです。しかし、鼻のかみすぎで耳が痛くなったり、頭痛を引き起こしたりしてしまうことも。

「鼻のかみすぎで耳がおかしい」「なぜ鼻をかみすぎると耳が痛くなるのか?」「どうしたら耳の痛みを改善できるのか?」そんな悩みを抱えている方のために、鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因や対処法についてまとめてみました。

  1. 鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因
  2. 間違った鼻のかみ方
  3. 耳が痛くなってしまったときの対処法
  4. 正しい鼻のかみ方
  5. まとめ

風邪は治ったのに夜になると咳が出る! つらい咳を止める7つのポイント

風邪は治ったのに、咳(せき)だけが続くことがありませんか? もし、風邪が治ってずっと咳が止まらないときは風邪以外の原因があるかもしれません。

この記事では、止まらない咳の原因と止める方法を説明していきます。

  1. 咳が止まらない原因って?
  2. 病院に行った方が良い症状
  3. 咳喘息とは?
  4. 咳を和らげる方法・習慣
  5. よくある質問
  6. まとめ

アレルギー性鼻炎に使う薬にはどんな副作用があるの?

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎。悩んでいる方も多いでしょう。アレルギー性鼻炎を発症すると、点鼻薬や飲み薬が処方されることが多いです。しかし、人によっては鼻炎の薬を使うと副作用がでる場合もあります。

そこで、今回はアレルギー性鼻炎の薬を使った場合に起こる副作用についてご説明しましょう。病院で処方される薬ならば、強い副作用が起きる可能性は低いです。しかし、用法や用量を守らなかったり市販薬を乱用したりすると、副作用がでる可能性が高くなります。薬以外の治療法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. アレルギー性鼻炎の基礎知識
  2. アレルギー性鼻炎に使われる薬は?
  3. 薬の副作用にはどんなものがあるの?
  4. 市販薬に気をつけて
  5. ​薬以外の治療法とは?
  6. アレルギー性鼻炎や薬に対するよくある質問
  7. おわりに

慢性的な鼻づまりが起こるのはなぜ? 原因と3つの対処法を紹介

風邪でもないのに、鼻づまりが治らない場合は「慢性鼻づまり」かもしれません。慢性の鼻づまりになると単に鼻がつまって苦しいだけでなく、さまざまなへい害がでてくる場合もあります。

そこで、今回は慢性鼻づまりの原因や対処法をご紹介しましょう。慢性鼻づまりを放置しておくと、鼻だけでなくほかの部分にも影響がでるかもしれません。慢性鼻づまりに悩んでいるという方や、風邪でもないのにいつまでも鼻がつまっているという方はぜひこの記事を読んで解決のヒントをつかんでください。

  1. 慢性鼻づまりの原因は?
  2. 鼻づまりを放置しておくとどうなるの?
  3. 鼻づまりのセルフ解消法
  4. 慢性鼻づまりの治療方法とは?
  5. かかりつけの耳鼻科医を作ろう
  6. 慢性鼻づまりに対するよくある質問
  7. おわりに

耳鳴りの症状を知ろう!耳鳴りの原因と解決策とは?

耳鳴りの症状にお悩みですか? よくある症状と耳鳴りを侮ってはいけません。耳鳴りは、病気の兆候として現れることもある症状です。耳鳴りの原因と症状を知ることは、病気の発見や予防にもつながります。

そこでこの記事では、複数ある耳鳴りの原因と特徴、放置してはいけない理由など、耳鳴りについての情報についてご紹介しましょう。

  1. 耳鳴りの原因とは?
  2. 耳鳴りの原因を確かめてみよう!
  3. 問題ない耳鳴りのへの対策
  4. まとめ