月別アーカイブ 2016年3月

蓄膿症(副鼻腔炎)で頭痛・顔面痛がする! 原因と緩和する方法を解説

慢性副鼻炎のことを一般的に「蓄膿症(ちくのうしょう)」といいます。蓄膿(ちくのう)症の症状としてあがっているのは、嫌なニオイ・息のつまり・歯痛・吐き気・頭痛・顔面痛といった不快に感じる症状です。特に、頭痛は日常生活に支障をきたしかねません。

そこで、蓄膿(ちくのう)症の頭痛・顔面痛を緩和する方法や原因、治療・予防方法について詳しく説明します。まさに今、蓄膿(ちくのう)症による頭痛・顔面痛で悩んでいる人、治し方を知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 蓄膿症の頭痛・顔面痛を緩和する方法
  2. 蓄膿症の原因
  3. 蓄膿症の治療・予防方法
  4. まとめ

蓄膿症が原因の鼻づまり対策! 膿のようなネバネバした鼻水を出す方法は?

蓄膿症(副鼻腔炎)になると、ネバネバとした膿のような鼻水が出ます。鼻をかんでもなかなかすべて出し切れず、不快な思いをする方も多いでしょう。

そこで、今回は蓄膿症の方向けに、膿を出す方法をご紹介します。今は、花粉症のシーズンです。花粉症からそのまま蓄膿症になってしまう方も少なくありません。

今回は、その予防法もご紹介します。蓄膿症に悩んでいる方やアレルギー性鼻炎の方はぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 蓄膿症とはどんな病気?
  2. 蓄膿症を放置しておくとどうなる?
  3. 蓄膿症の治療法は?
  4. 膿のような鼻水を出す方法は?
  5. 蓄膿症を予防・改善するための注意点
  6. おわりに