月別アーカイブ 2016年4月

快適な朝を送りたい!モーニングアタックの原因や対策について

花粉症などのアレルギーを持っている人は「モーニングアタック」と言う症状が起こります。モーニングアタックとは寝起きに鼻水が出る、鼻づまりが起きることです。ほとんどの人が「朝」の時間帯に症状が出てきます。

そこで、モーニングアタックの原因や対策、対処法について詳しく説明しましょう。現在、モーニングアタックで悩んでいる人はもちろん、アレルギー性鼻炎になっている人はぜひ参考にしてください。

  1. モーニングアタックの原因
  2. モーニングアタックの対策
  3. モーニングアタックの対処法
  4. まとめ

喉に刺さった魚の骨を取る方法とは?「放っておくと溶ける」はウソ?

魚の骨が喉に刺さった場合、取る方法を知っていますか? 魚を食べていると骨が喉に刺さってしまい、痛みを感じることがあるでしょう。特に子供の場合は、親も心配になってしまいますよね。小さな骨であれば自然に抜ける場合もあるでしょう。しかし、喉を傷つけるような刺さり方をしている場合は、早めに対処しなければなりません。

「放っておけば骨が溶けてなくなる」ということはあまり期待しない方がよいでしょう。今回は、魚の骨を取る方法や、病院に行った方がよいケースなどについてまとめてみたいと思います。

  1. 魚の骨が喉に刺さるとどうなる?
  2. 喉に刺さった骨の取り方
  3. 病院に行くべきケースとは?
  4. まとめ

耳に水が入った! 放置しても問題ない?自分でできる抜き方は?

耳

耳に水が入ってしまった場合、正しい抜き方があるのです。海やプール、お風呂などで耳に水が入ってしまうと、なかなか抜けないことがありますよね。「耳に水が入ると中耳炎になる」という話は本当なのでしょうか。実際に、放置しておいてもよいのか、耳鼻科を受診するべきなのか、迷う人も多いと思います。

「耳に入った水を放置すると痛くなるのか?」「耳垢があると耳に水が入らないというのは本当か?」「耳に入った水を自分で抜く方法を知りたい」そんな疑問を解決しましょう。

  1. 耳に入った水を放置するとどうなるのか
  2. 外耳炎について
  3. 耳に入った水の抜き方
  4. 耳に水が入るのを予防する方法
  5. まとめ

知ってる?重曹うがいの効果と注意点…口臭予防やホワイトニング効果も

重曹うがい

「重曹うがい」というものをご存じでしょうか? 料理や掃除で大活躍する重曹。実は口内環境をよくするためにも絶大な効果があったのです。喉のイガイガを予防するためにも、日ごろからうがいをしておくことは大切でしょう。子供の風邪予防にも効果的ですよね。

日常的に行ううがいを「重曹うがい」に変えてみてはいかがでしょうか? 風邪を予防する以外にも、さまざまな効果が期待できますよ。

  • 使用する重曹の種類とは?
  • 重曹水の濃度はどのくらいにすればよいのか?
  • 塩水でのうがいとどう違うのか?

そんな人たちのために、重曹うがいの効果や注意点をまとめてみました。重曹うがいのやり方や重曹水の作り方、危険のない頻度とはどのようなものなのでしょうか?

  1. 重曹うがいの効果
  2. 重曹うがいのやり方
  3. 重曹うがいの注意点

放置してはいけない副鼻腔炎の見分け方

鼻づまり

副鼻腔炎は日本では1年間で約1,000万人が発症するといわれています。とはいえ、決して軽く見て放置してはいけません。副鼻腔炎は放っておくと治るどころか重症になり、場合によっては手術が必要です。風邪の症状と間違えやすいため、正しい知識で適切な判断をしなければなりません。

そこでこの記事では、副鼻腔炎にどう対処すればよいのか、症状の見分け方などをご紹介します。

  1. 自然治癒が期待できる副鼻腔炎
  2. 自然治癒が難しい副鼻腔炎
  3. 副鼻腔炎の対処法

雨の日になると何で花粉症が? 意外な因果関係とは?

雨

もはや日本人の国民病といっても過言ではない花粉症。一般的には、花粉の飛びづらい雨の日は花粉症の症状が出にくいとされていますよね。しかし、人によっては雨の日の方が症状がひどい場合や、普段は大丈夫なのに雨の日にだけは花粉症の症状が発生する場合もあるようです。

そこで、今回は花粉症と雨の関係性などの基礎知識をご紹介していきます。

  1. 花粉症と雨の関係性について
  2. 花粉症になりやすい人とは?
  3. 花粉症対策法とは?

風邪をひきやすい3つの原因とは?対策方法とともにご紹介します。

風邪

風邪は冬にひくもの、というイメージがあります。しかし、風邪の原因となるウィルスや細菌は冷たく乾燥した場所を好むので、空調が発達している現在では季節を問わず風邪をひく可能性があるのです。では、なぜ、同じ場所にいても風邪をひきやすい人とひきにくい人がいるでしょうか?

今回は、その原因をご紹介します。風邪をひきやすいのは体質だと思っている方もいるでしょう。しかし、生活習慣で風邪はひきやすくなったりひきにくくなったりするのです。最近体調を崩しやすくなったという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 風邪をひく原因とは?
  2. 風邪をひきやすくなる原因とは?
  3. 免疫力が低下する原因とは?
  4. 免疫力をアップさせる方法とは?
  5. おわりに

蓄膿症(副鼻腔炎)を食べ物で対策! おすすめの食材・メニューを紹介!

柑橘類

蓄膿症は、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)ともいい、膿(うみ)のような鼻水がとぎれなくなる病気です。風邪やアレルギーと間違えやすいため、自分が蓄膿症であると気づかない方もいるでしょう。

今回は、蓄膿症を食事で改善する方法についてご紹介します。蓄膿症の治療は投薬や手術ですが、食事を改善することにより回復が早くなることもあるのです。また、逆に避けた方がよい食べ物もご紹介しましょう。蓄膿症を早く治したいという方は必見です。

  1. 蓄膿症とはどんな病気?
  2. 蓄膿症の治療法とは?
  3. 蓄膿症を食事で改善する方法とは?
  4. 蓄膿症を予防する生活習慣とは?
  5. おわりに

睡眠障害の種類と症状を紹介!「眠れない」も「眠りすぎ」も注意!

居眠りする男性

睡眠障害の種類や症状についてまとめてみました。
不眠をはじめ、中途覚醒や過眠症、睡眠時無呼吸症候群など、睡眠障害には種類がたくさんあるのです。
めまいやいびきが伴うものから、耳鼻科的な疾患が原因になっているものなどさまざま。
「ストレス社会」と呼ばれる今の時代、睡眠障害に頭を抱えている人は非常に多くなっています。
あなたも自分の睡眠をチェックし、どうすれば改善できるのか考えてみてください。


  1. 睡眠障害の種類と症状
  2. 睡眠障害を引き起こす原因
  3. 睡眠障害の治療法

快眠・安眠を手に入れたい人は必見!熟睡できる良い方法を教えます!

快眠

快眠や安眠ができない人は、毎日の疲れが溜(た)まってしまうことでしょう。この記事では、熟睡できる快眠方法を知りたい人のために効果的な方法をご紹介しています。

  1. 寝つきが悪い・不眠の原因は何?
  2. 良質な睡眠の条件を確認しよう!
  3. ぐっすり快眠できる方法を解説!
  4. まとめ

ぐっすり眠ることは、健康の始まり。この記事を読んで理解することは、快眠や安眠を手に入れるきっかけになるでしょう。