月別アーカイブ 2016年5月

アレルギー性鼻炎の症状を治したい!最新の治療方法も徹底解説!

アレルギー鼻炎について、主な原因や症状だけでなく最新のレーザー手術による治療法についても解説しています。今や、国民病とも呼んでよいほどにメジャーになったアレルギー性鼻炎。多くの人が、不快な症状に悩んでいるのも事実です。

今回は、アレルギー性鼻炎について深く知りたい人のために、さまざまな角度から解説をしましょう。アレルギー性鼻炎の不快な症状に悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んでください。

  1. アレルギー性鼻炎がどんな病気なのか学ぼう!
  2. アレルギー性鼻炎の原因に深く迫る
  3. アレルギー性鼻炎の症状や影響はどう?
  4. アレルギー性鼻炎の治療方法を解説
  5. アレルギー性鼻炎の薬について
  6. アレルギー性鼻炎のレーザー手術について
  7. アレルギー性鼻炎のケアや日常生活の注意点は?
  8. アレルギー性鼻炎に関するよくある質問
  9. アレルギー性鼻炎に関するお役立ち情報あれこれ

記事を読み終えるときには、アレルギー性鼻炎の知識が深く身に付いていることでしょう。また、辛(つら)い症状を治す方法についても、適切な選択ができるようになりますよ。


蓄膿症ってなに? 知っておくべき副鼻腔炎の基礎知識!

春が終わりを告げ、そろそろ夏へと切り替わり始めている今日このごろ。このような季節の変わり目には鼻風邪、蓄膿症(ちくのうしょう)といった副鼻腔炎(ふくびくうえん)に悩まされる方が多くなるといわれています。鼻水や鼻づまり、嫌な臭い……などなど、さまざまな症状に悩まされてつらい思いをしていることでしょう。できれば、今すぐにでも、つらい状況から脱したいですよね?

そんな方のために、今回は副鼻腔炎(ふくびくうえん)の原因や治療法など、基礎的な知識についてご紹介します。

  1. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)について
  2. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の種類
  3. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の長引く原因とは?
  4. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の症状とは?
  5. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の検査・診断
  6. 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)の治療
  7. 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)の手術について
  8. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の予防法

眠ってる間に呼吸が止まる!睡眠時無呼吸症候群の原因と治療法とは?

「毎晩の大きないびき」「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがある方。あなたは、睡眠中に呼吸が止まる、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。睡眠時無呼吸症候群と言えば、年配の男性や肥満の人に多いイメージでしょう。しかし、最近では学齢期の子供や20代の女性などもその症状に悩まされていると言います。睡眠中に呼吸が止まることで、日常生活にさまざまな悪影響を及ぼす睡眠時無呼吸症候群。症状は寝ている間に起こるため、自覚症状のない人も少なくありません。悪化すると完治が難しく一生付き合っていかなければならない危険な病気です。

そこで、この記事では、睡眠時無呼吸症候群の原因や治療法、今日からできる改善方法について詳しくご紹介します。

  1. 睡眠時無呼吸症候群とは?
  2. 睡眠時無呼吸症候群になる原因は?
  3. 睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状
  4. 睡眠時無呼吸症候群が招く事故
  5. 怖い!睡眠時無呼吸症候群の合併症
  6. 睡眠時無呼吸症候群の診断方法
  7. 睡眠時無呼吸症候群の治療方法
  8. 自分でできる!睡眠時無呼吸症候群の対策
  9. 睡眠時無呼吸症候群のよくある質問

睡眠時無呼吸症候群は、早めに検査・治療することで症状を改善することができます。この記事を読んで、心地いい眠りと爽快な目覚めをぜひ取り戻しましょう!


蓄膿症の嫌な臭いをなんとかしたい! 臭いの原因を知って対策しよう!

蓄膿症の臭い対策にはどのようなものがあるのでしょうか? 蓄膿症にはさまざまな症状があります。その1つが「臭い」です。実はこの臭い、副鼻腔内にたまった膿が原因で発生しています。

蓄膿症による臭いを改善するためには、一体どうしたらよいのかをご紹介します。

  1. 蓄膿症とは
  2. 蓄膿症の臭いが発生するメカニズム
  3. 蓄膿症の臭いを抑える方法
  4. まとめ

小児アレルギー性鼻炎とは?風邪と間違いやすい子供の気になる症状

5人に1人がアレルギー性鼻炎を発症しているといわれている今、子供の患者数も増え続けています。小児アレルギー性鼻炎は、大人と同様にハウスダストや花粉などが原因だとされていますが、大人と比べて症状がはっきりしないなど診断に困るケースも少なくありません。

風邪のような症状で始まり、投薬を受けてもなかなか症状が緩和しないことにより、アレルギー性鼻炎が診断されることもあります。鼻づまりがひどく、時には目やのどにも炎症を引き起こすこともあるアレルギー性鼻炎。放置して深刻な症状に発展する恐れもあり、早めの受診を心がけたいものです。

小児アレルギー性鼻炎の原因・症状・検査など、気になるポイントをご紹介します。つらい症状にお困りの方は、ぜひこの記事を参考して受診するきっかけにしてみてください。

  1. 小児アレルギー性鼻炎の原因
  2. 検査方法
  3. 治療方法
  4. 日常生活で注意すること
  5. まとめ