月別アーカイブ 2017年1月

急性難聴の症状や治療方法とは?分かりやすくご紹介します。

急性難聴は正式名称を急性感音性難聴(きゅうせいかんおんせいなんちょう)といい、耳あかや中耳炎などの病気以外の内耳以降の部位が原因で、ある日突然耳が聞こえなくなったり耳の聞こえが悪くなったりする症状の総称です。最もよく知られたものに突発性難聴があり、この他にも蝸牛(かぎゅう)型メニエール病や急性低音障害型感音難聴になっても耳が聞こえなくなります。どんな病気であっても急性難聴は早急な治療が大切です。

そこで、今回は急性難聴の症状や原因をご紹介しましょう。

  1. 急性難聴の基礎知識
  2. 急性難聴は早期治療が大切
  3. 急性難聴の治療方法
  4. 急性難聴は予防できるの?
  5. 急性難聴に関するよくある質問

急性難聴の症状が分かれば、いざというときにすぐ耳鼻咽喉科を受診することができます。最近耳の調子が気になっているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


鼻の病気にはどのようなものがあるの? 予防法と共に紹介します。

鼻の病気というと、鼻風邪や鼻炎をイメージする方が多いと思います。どちらも鼻水や鼻づまりといった不快な症状が出ますが、「たかが鼻水・鼻づまり」と放置している方もいることでしょう。しかし、鼻水や鼻づまりを放置していると耳・口・気道などにも悪影響が出ることもあります。鼻の病気は早期発見と早期治療が大切です。

そこで、今回は患者数が多い鼻の病気やその予防方法についてご紹介しましょう。

  1. 鼻の病気やトラブルの基礎知識
  2. 鼻の病気のセルフチェック
  3. 鼻の病気が原因となって発症する病気
  4. 鼻の病気を治療する方法
  5. ​鼻の病気にかからないための予防方法
  6. 鼻の病気に関するよくある質問

鼻の病気について知識があれば耳鼻咽喉科を受診する目安も分かるようになります。鼻がつまりやすかったり鼻水がよく出たりする方や、鼻の調子がよく悪くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


赤ちゃんの鼻水や咳は放っておいても大丈夫? 病院に行く目安とは?

赤ちゃんが咳をしたり鼻水を出したりすると、心配になるお母さんは多いことでしょう。また、咳や鼻水くらいで病院を受診してよいかどうか悩む方もたくさんいると思います。赤ちゃんは大人よりもか弱い存在なので、ちょっとした風邪でも症状が重篤化することもあるでしょう。さらに、鼻水の状態によっては中耳炎のような他の病気を発症しやすくなることもあります。

そこで、今回は赤ちゃんの鼻水や咳が出る原因や対処方法・病院へ行く目安などをご紹介しましょう。

  1. 赤ちゃんの鼻水や咳の基礎知識
  2. 赤ちゃんが鼻水を出した場合の対処方法
  3. 病院を受診する目安や鼻水・咳の治療
  4. 赤ちゃんの鼻水や咳についてのよくある質問

鼻水や咳が出る原因が分かれば、いざという時もすぐに対処できます。赤ちゃんの鼻水や咳が気になるという方や病院を受診する目安が知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


鼻の中が曲がっている病気、鼻中隔湾曲症とは? 原因と治療方法を紹介

自分の鼻の中が曲がっているというと、大抵の方は驚かれることでしょう。しかし、鼻が完全に左右対称という方はごくわずかです。鼻を左右に分けているのは、鼻中隔という軟骨ですが、ほとんどの人が左右どちらかに曲がっています。多少の湾曲は、健康に影響することはなく、曲がっていることに気がつかない方も珍しくありません。しかし、鼻中隔の湾曲がひどいと鼻中隔湾曲症という病気と診断されます。片方の鼻だけがつまりやすいという方は鼻中隔湾曲症の可能性があるのです。鼻中隔湾曲症になると、鼻づまり以外にも鼻の不具合が起こりやすくなります。

そこで今回は、鼻が曲がっている病気の代表格、鼻中隔湾曲症についてご説明しましょう。

  1. 鼻中隔についての基礎知識
  2. 鼻中隔湾曲症の弊害とセルフチェック
  3. 鼻中隔湾曲症の治療方法
  4. ​鼻中隔湾曲症に関するよくある質問

鼻中隔湾曲症に対する知識があれば、病院を受診する目安も付けやすくなります。鼻中隔湾曲症についてよく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


点鼻薬の副作用で発症する薬剤性鼻炎。その症状と治療法とは?

鼻炎とは、鼻の粘膜が何らかの原因で炎症を起こす病気です。多量の鼻水やひどい鼻づまりで悩んでいる方も多いことでしょう。特に、鼻づまりは呼吸もしづらくなるため、市販の点鼻薬で鼻づまりを解消させているという方もいると思います。しかし、この点鼻薬の副作用で鼻炎が起こることもあるのです。これを、薬剤性鼻炎といいます。なぜ、鼻づまりを解消する作用のある点鼻薬で鼻づまりが起きるのでしょうか?

そこで、今回は薬剤性鼻炎が発症するメカニズムや治療法・予防方法をご紹介します。

  1. 薬剤性鼻炎とは?
  2. 市販の点鼻薬と上手に付き合う方法
  3. 薬剤性鼻炎の治療方法
  4. 薬剤性鼻炎に関するよくある質問

薬剤性鼻炎に関する知識があれば、点鼻薬を正しく使い薬剤性鼻炎の発症を防ぐことができるでしょう。鼻づまりの解消に点鼻薬を使っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の手術方法は? 流れや費用・術後のケアを解説!

副鼻腔炎とは、鼻の周囲にある副鼻腔という空洞内で炎症が起こる病気です。性別・年齢に関わらず発症し、風邪から移行するケースも珍しくありません。発症しても中々気づかない方もいます。この副鼻腔炎が慢性化したものが、慢性副鼻腔炎(別名:蓄膿症)です。命に別状はないものの厄介な病気であり、完治させるために手術が必要なこともあります。

そこで今回は、慢性副鼻腔炎の手術についていろいろとご紹介しましょう。

  1. 慢性副鼻腔炎の基礎知識
  2. 慢性副鼻腔炎の治療方法
  3. 慢性副鼻腔炎の手術について
  4. 慢性副鼻腔炎を予防するためのセルフケア
  5. 慢性副鼻腔炎の手術に関するよくある質問

「手術をしたいけれど不安」という方も、手術の内容や流れを知ることができれば安心できます。慢性副鼻腔炎を患っている方や医師から手術を勧められている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


鼻の粘膜を焼く鼻粘膜焼灼術とは? 効果が見込める症状と手術の流れを解説

鼻づまりは、粘度を増した鼻水や鼻粘膜の腫れによって起こります。中でも、鼻の粘膜の腫れが原因で起こる鼻づまりは解消しにくいのが特徴です。そんな頑固な鼻づまりを解消する方法として、鼻の粘膜を焼く鼻粘膜焼灼術があります。

今回は、鼻粘膜焼灼術とはどのような手術なのかということについてご紹介しましょう。

  1. 鼻粘膜焼灼術の基礎知識
  2. 鼻粘膜焼灼術の流れ
  3. 鼻粘膜焼灼術に関するよくある質問

鼻粘膜焼灼術について知ることで、治療方法の選択肢も増えます。アレルギー性鼻炎など、鼻粘膜の腫れによる鼻づまりに悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


鼻水や鼻の奥が臭い?! 匂いの原因と改善方法を紹介

鼻水や鼻の奥から嫌な臭いがする、とお悩みではありませんか? 鼻水や鼻の奥からの臭いに悩んでいる方は意外と多く、原因によっては耳鼻咽喉科での適切な治療が必要です。

そこで今回は、鼻水や鼻の奥から臭いがする原因と対処法をご紹介しましょう。この記事で原因と対処法を知って、適切に処置してください。

  1. 鼻水や鼻の奥から臭いがする原因は?
  2. 鼻水の臭いをセルフチェックする方法
  3. 副鼻腔炎について
  4. 鼻水の臭いに関するよくある質問

鼻づまりが中耳炎の原因となるって本当? その対処法や予防法とは?

中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気です。主に子どもが発症しやすく、決して珍しい病気ではありません。しかし、放置しておくと聴力が低下する場合があります。中耳炎の原因は複数ありますが、その中でも鼻づまりが原因で中耳炎を発症する方が多いのです。

そこで、今回は鼻づまりで中耳炎が発症する原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 中耳炎とはどんな病気?
  2. 鼻づまりと中耳炎の関係
  3. 中耳炎を発症したら?
  4. 鼻づまりから中耳炎に移行するのを防ぐ方法
  5. 中耳炎と鼻づまりについてよくある質問

原因や対処法が分かれば、中耳炎を事前に予防することができます。中耳炎と鼻水の関係について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


鼻水・鼻づまり・微熱が続く原因とは? 対策方法と共に紹介します。

鼻水がでたり鼻づまりになったりして微熱が出る。このような症状が続くと風邪だと思う方が多いでしょう。鼻水・鼻づまり・微熱は風邪の代表的な症状です。しかし、風邪以外にも鼻水と微熱が症状として現れる病気もたくさんあります。風邪だろうと楽観していると病気が進行して大変なことになるかもしれません。

そこで、今回は鼻水や鼻づまり・微熱が続く原因と対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻水や微熱が出るメカニズム
  2. 鼻水と微熱が同時に出やすい病気
  3. 鼻水と微熱が続く場合の対処法
  4. 鼻水と微熱が続く場合のセルフケア
  5. 鼻水と微熱を何とかしたい方のよくある質問

風邪以外の原因が分かれば、いざという時もすぐに対処できます。鼻水や鼻づまり・微熱に悩んでいる方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。