月別アーカイブ 2017年4月

副鼻腔炎による咳の特徴を紹介! 喘息への悪影響や治療法など

何日も痰(たん)が絡まるような咳(せき)が続いている場合は、副鼻腔炎の可能性があります。咳(せき)が続くと、体力が衰え、喘息(ぜんそく)を引き起こすなど、日常生活にもさまざまな支障が出てきてしまいがちです。副鼻腔炎による咳(せき)を止めるためには、咳(せき)が出るメカニズムなどの知識を身につける必要があります。今起きている症状を確認しつつも、副鼻腔炎について知らなければなりません。そこで、本記事では、副鼻腔炎の基礎知識や咳(せき)との関係性・治療方法などについて詳しく説明します。

  1. 副鼻腔炎の基礎知識
  2. 副鼻腔炎の咳について
  3. 副鼻腔炎の咳を放置するとどうなるか
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. 副鼻腔炎の咳に関するよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎の基礎知識や咳(せき)との関係を知ることができ、適切な治療法がわかります。気になっている方はぜひ参考にしてください。


滲出性中耳炎とはどんな病気? 急性中耳炎との違いは?

中耳炎は子供がかかりやすい病気です。何度も病院にかかる子供も多いでしょう。その中でも特に治療が長引きやすいのが「滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)」です。一般的な中耳炎とどこが違うのでしょうか?

そこで今回は、滲出性中耳炎の症状や治療法をご紹介します。中耳炎は子供の病気というイメージがありますが、滲出性中耳炎の場合は大人もかかることが多いのです。中耳炎を繰り返しやすい子供がいる方や、最近耳の調子がおかしいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 滲出性中耳炎とは?
  2. 滲出性中耳炎の治療法は?
  3. 手術を受ける際の注意点は?
  4. おわりに