月別アーカイブ 2018年10月

妊婦は副鼻腔炎を発症しやすい? その原因を対処方法と共に解説

妊娠中は服薬できる薬に限りがあるため、「病気になっても病院へは行かず、安静にして回復を待つ」という妊婦さんは多いことでしょう。しかし、中には安静にしているだけでは治りにくい病気もあります。副鼻腔炎もその1つで、発症すれば鼻づまりや鼻水だけでなく、頭痛や顔面痛などが出ることもあるでしょう。

今回は、妊婦が副鼻腔炎になった場合の対処方法などを紹介します。

  1. 副鼻腔炎とはどのような病気?
  2. 妊婦は副鼻腔炎にかかりやすい?
  3. 副鼻腔炎の予防方法
  4. 妊婦が副鼻腔炎になった場合の治療方法
  5. 妊婦の副鼻腔炎に関するよくある質問

この記事を読めば、副鼻腔炎を予防する方法もよく分かるでしょう。妊娠中の副鼻腔炎に悩んでいる人や、副鼻腔炎を予防する方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻づまりや鼻水に悩む人必見! 鼻粘膜焼灼術の方法やメリットを解説

「鼻水、鼻づまりがひどく、薬を飲んでも解消しない」「1年中アレルギー性鼻炎の薬を飲んでいるが、体への影響が不安」と悩んでいる人はいませんか? このような場合、鼻粘膜焼灼術(びねんまくしょうしゃくじゅつ)という手術が効果的なことがあります。この手術を受ければ、鼻づまりや鼻水が大幅に改善できるでしょう。

今回は、鼻粘膜焼灼術の効果や手術方法、手術を受けるべき症状などを紹介します。

  1. 鼻水・鼻づまりが症状として現れる病気は?
  2. 鼻粘膜焼灼術の基礎知識
  3. 鼻粘膜焼灼術の方法
  4. 鼻粘膜焼灼術に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻粘膜手術を受ける目安もよく分かります。ひどい鼻水や鼻づまりに悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻茸を放置しておくのは危険? 原因や治療方法と共に解説

「鼻づまりがなかなか治らない」「ものの匂いを感じにくくなった」といった症状に悩まされている人はいませんか? それはもしかしたら、鼻茸(はなたけ)ができている可能性があります。鼻茸は良性のポリープですが、放置しておくと鼻の形が変わってしまったり日常生活に大きな支障が出たりすることもあるでしょう。
今回は、鼻茸ができる原因や治療方法を紹介します。

  1. 鼻茸の基礎知識
  2. 鼻茸のセルフチェック
  3. 鼻茸の治療方法
  4. ​鼻茸の切除を日帰り手術で行うケース
  5. 鼻茸に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻茸を手術する病院の選び方などもよく分かるでしょう。慢性的な鼻づまりに悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。