咳が止まらないのは病気?とお悩みの方へ!原因や治療7つのポイント

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

カゼは治ったはずなのに咳が続く、熱はないのに痰がからむ咳が出る…など、長引く咳でお悩みではないですか?乾いた咳や痰のからむ湿った咳なかなか止まらない場合は注意が必要になります。単純なカゼなどではなくほかの病気の可能性もあるのです。そのうち止るだろうと放置していると咳が悪化するだけではなく、無駄に体力も使うので身体も疲れてしまいます。

そこで、咳が止らない状態を改善するためのお役立ち情報をまとめてみました。

  1. そもそも咳とは?
  2. 咳が止まらない…どれくらい続いている?
  3. 痰が出る咳が止まらない~考えられる病気とは~
  4. 乾いた咳が止まらない~考えられる病気とは~
  5. 咳が止まらない~放置するとどうなるの?~
  6. 長引く咳を自分で止める方法
  7. 長引く咳の治療法
  8. よくある質問

これらの記事を読めば、ひとくちに「咳」といっても種類や原因が異なることや対策がおわかりいただけることでしょう。長引く咳とさよならするためにも、どうぞお役立てください。


1.そもそも咳とは?

1-1.咳の定義

咳は「咳嗽(がいそう)」とも呼びます。咳は、肺や気道にたまった空気を排出したり気道に入りこんだ異物を除去したりするために、繰り返し起こる「生体反応」です。

また、咳は気道の粘膜がからめとったホコリや細菌などを「痰」として外に排出する働きもします。つまり、咳は外部から侵入しようとする異物から気管支や肺を守ろうとする生体防御反応なのです。

※気道…鼻から気管支にかけての肺に通じる空気のとおり道)

1-2.咳が起こる原因とメカニズム

  1. 口や鼻から、異物(食べ物や飲み物、細菌やウイルスなど)が気道に入ると刺激や炎症が起こる。
  2. のどや気管などの粘膜が1を感じとり脳の「咳中枢」に伝える。
  3. 咳中枢は、呼吸筋(呼吸を行う筋肉の総称で横隔膜・内肋間筋・外肋間筋・腹横筋など複数)に「咳」の指令を出す。
  4. 声門(せいもん/左右の声帯の間にあるすきま)が閉鎖することで胸腔(きょうくう)内部の圧力が上昇する。
  5. 声門が開き爆発したような呼吸(咳)が生じる。

上記が咳(咳反射)のメカニズムです。そして、気道に炎症が起こると粘り気のある痰が増えるため、それを外に出そうとさらに咳が出ることになります。

1-3.咳の主な症状

ひとくちに咳といっても種類があります。

  • 単純に食べ物や飲み物がつまったときに出る咳。
  • カゼやインフルエンザなどになったときに出る咳。
  • 肺炎や肺がんなどの病気のときに出る咳。
  • アレルギー性の咳。

また、咳が止まらない期間によって呼び方が異なります。次の項でご説明しましょう。