咳が止まらないのは病気?とお悩みの方へ!原因や治療7つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

カゼは治ったはずなのに咳が続く、熱はないのに痰がからむ咳が出る…など、長引く咳でお悩みではないですか?乾いた咳や痰のからむ湿った咳なかなか止まらない場合は注意が必要になります。単純なカゼなどではなくほかの病気の可能性もあるのです。そのうち止るだろうと放置していると咳が悪化するだけではなく、無駄に体力も使うので身体も疲れてしまいます。そこで、咳が止らない状態を改善するためのお役立ち情報をまとめてみました。

  1. そもそも咳とは?
  2. 咳が止まらない…どれくらい続いている?
  3. 痰が出る咳が止まらない~考えられる病気とは~
  4. 乾いた咳が止まらない~考えられる病気とは~
  5. 咳が止まらない~放置するとどうなるの?~
  6. 長引く咳を自分で止める方法
  7. 長引く咳の治療法
  8. よくある質問

これらの記事を読めば、ひとくちに「咳」といっても種類や原因が異なることや対策がおわかりいただけることでしょう。長引く咳とさよならするためにも、どうぞお役立てください。


1.そもそも咳とは?

1-1.咳の定義

咳は「咳嗽(がいそう)」とも呼びます。咳は、肺や気道にたまった空気を排出したり気道に入りこんだ異物を除去したりするために、繰り返し起こる「生体反応」です。

また、咳は気道の粘膜がからめとったホコリや細菌などを「痰」として外に排出する働きもします。つまり、咳は外部から侵入しようとする異物から気管支や肺を守ろうとする生体防御反応なのです。

※気道…鼻から気管支にかけての肺に通じる空気のとおり道)

1-2.咳が起こる原因とメカニズム

  1. 口や鼻から、異物(食べ物や飲み物、細菌やウイルスなど)が気道に入ると刺激や炎症が起こる。
  2. のどや気管などの粘膜が1を感じとり脳の「咳中枢」に伝える。
  3. 咳中枢は、呼吸筋(呼吸を行う筋肉の総称で横隔膜・内肋間筋・外肋間筋・腹横筋など複数)に「咳」の指令を出す。
  4. 声門(せいもん/左右の声帯の間にあるすきま)が閉鎖することで胸腔(きょうくう)内部の圧力が上昇する。
  5. 声門が開き爆発したような呼吸(咳)が生じる。

上記が咳(咳反射)のメカニズムです。そして、気道に炎症が起こると粘り気のある痰が増えるため、それを外に出そうとさらに咳が出ることになります。

1-3.咳の主な症状

ひとくちに咳といっても種類があります。

  • 単純に食べ物や飲み物がつまったときに出る咳。
  • カゼやインフルエンザなどになったときに出る咳。
  • 肺炎や肺がんなどの病気のときに出る咳。
  • アレルギー性の咳。

また、咳が止まらない期間によって呼び方が異なります。次の項でご説明しましょう。

2.咳が止まらない…どれくらい続いている?

咳は「続いている期間」によって3つの呼び方があります。

2-1.急性咳嗽(きゅうせいがいそう)

咳が続いている期間が3週間以内の場合、「急性咳嗽」と呼びます。

原因となる代表的な病気としては、カゼ・インフルエンザ・急性気管支炎などが挙げられるでしょう。ただし、肺炎や肺結核、肺がんなどの重い病気が原因のこともあるので注意が必要です。

2-2.遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう)

咳が続いている期間が3週間以上の場合、「遷延性咳嗽」と呼びます。(遅延性咳嗽(ちえんせいがいそう)と呼ぶこともあり)

原因となる代表的な病気としては、咳喘息・アトピー性咳嗽・副鼻腔(ふくびくう)気管支症候群・胃食道逆流症・慢性気管支炎などが挙げられるでしょう。

2-3.慢性咳嗽(まんせいがいそう)

咳が続いている期間が8週間以上の場合、「慢性咳嗽」と呼びます。

原因となる病気は遷延性咳嗽と同じです。また、マイコプラズマ感染症・肺炎クラミジア・百日咳などの感染症も慢性咳嗽の症状が見られます。

3.痰が出る咳が止まらない~考えられる病気とは~

3-1.痰が出る咳(湿った咳)とは

「1.咳の定義」でも簡単に触れましたが気道の粘膜は分泌物でおおわれています。そして、ホコリや細菌などの異物が口腔内から気道に入ると分泌物が増えて異物をからめとるのです。

さらに、異物を含んだことで分泌物に粘り気が増し「痰」となります。

痰は、色や性質(粘度など)によって病気が異なるのです。痰が出る咳が続いている場合は、自分の痰の色を1度チェックしてみましょう。

痰の性質は…

  • 粘液性(ねんえきせい)…白っぽく少しネバネバした感じ。
  • 膿性(のうせい)…黄色をおびた白・緑色・さび色などでどろっとした感じ。
  • 粘膿性(ねんのうせい)…粘液性と膿性がまじったような感じ。
  • 漿液性(しょうえきせい)…無色透明で水っぽい感じ。
  • 漿液粘膿性(しょうえきねんのうせい)…粘膿性と漿液性がまじった感じ。
  • 粘性線維素性(ねんせいせんいそせい)…粘液性で透明感がありさび色がかっている。
  • 血性(けっし)…血が混じった痰。

の種類があります。

3-2.痰が出る咳(湿った咳)が続く場合考えられる病気

3-2-1.膿性の痰

  • 白黄色~淡い黄色の痰…急性咽頭炎(きゅうせいいんとうえん)・急性気管支炎・急性肺炎・カゼ・インフルエンザ
  • 緑色…慢性気管支炎・びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきかんしえん/副鼻腔炎(ふくびくうえん)を併発している気管支炎)・逆流性食道炎・後鼻漏(こうびろう)
  • さび色…肺炎球菌性肺炎・肺腫瘍(はいしゅよう)・肺化膿症

3-2-2.粘液性の痰

  • 透明~白…非細菌性感染症・アレルギー性気管支炎・COPD(慢性閉塞性肺疾患/喫煙など有害物質を吸うことで慢性的に肺に炎症が起き空気の流れが制限される病気)

3-2-3.漿液性の痰

  • 透明~白…肺胞上皮癌(はいほうじょうひがん)・気管支喘息

3-2-4.漿液粘膿性の痰

  • 上層が泡立ちピンク色…肺水腫

3-2-5.血性の痰

  • 茶色や暗赤色…肺がん・気管支拡張症・肺結核・肺真菌症・肺梗塞(はいこうそく)・GOODPASTURE症候群(肺・腎をおかす自己免疫疾患)

あくまでも上記は目安です。人によっては病気が異なることもあります。痰のからむ咳が続く場合は、症状が悪化しないように早めに医師の診察を受けてください。

4.乾いた咳が止まらない~考えられる病気とは~

4-1.痰が出ない乾いた咳(空咳)とは

「コンコン」という乾いた感じの咳を空咳(からせき)といいます。のどや気管がさまざまな刺激を受けたことで空気を排出しようとして出るのです。

食べ物や飲み物が気管に入ったり、煙やホコリなどで一時的に咳き込んだりすることもあるでしょう。しかしながら、3週間以上続くようなら病気がひそんでいる可能性があります。

4-2.咳喘息

カゼは治ったのに咳だけが続いている場合は、咳喘息の可能性も考えられます。

けれども、気管支喘息と比べるとヒューヒューという呼吸音はせず、呼吸は普通にできるのでカゼの延長かな…と思い放置してしまいがちです。

しかしながら、咳喘息から気管支喘息になることもあるので注意してください。

4-3.自然気胸(しぜんききょう)

肺の細胞が破裂して穴が開き、胸腔内に空気がたまり痛みとともに空咳が出る病気です。

ダイビングや飛行機で気圧が下がったとき、激しい運動で肺内部の圧力があがったときなどになりやすいとされています。また、ヘビースモーカーもかかりやすい病気です。

4-4.百日咳(ひゃくにちぜき)

百日咳は読んで字のごとく「治るまでに百日かかる」といわれているカゼに似た症状の病気です。熱・鼻水・咳などカゼの初期症状にそっくりなのですが乾いた咳が連続して出るようになります。

また、息を吸い込むときにヒューヒューという音がすることもあるでしょう。子どもに多い病気ですが大人がかかることもあるので注意してください。

4-5.肺結核

結核菌が体内に入り込み肺に感染することでなるのが肺結核です。咳が続き痰がでることもあります。

結核は、昔は「結核=死」と恐れられていましたが現代では薬物治療で完治できるのです。

咳が続くだけではなく微熱・食欲不振・体重減少・だるさなどがある場合はすぐ病院の診察を受けましょう。

4-6.アトピー咳

アトピー素因がある人(アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にかかった人やかかっている人、血液中の好酸球が多いなど)がなりやすいのがアトピー咳です。

喘息のようにヒューヒュー、ゼイゼイする症状はありません。痰をともなわない空咳が8週間以上持続している、夜から早朝にかけて咳込むなどの症状がある場合はアトピー咳を疑ってもいいでしょう。

4-7.その他

空咳が続くのが以下の病気です。(痰のでる咳になる場合もあり)

  • 肺がん
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 肺結核
  • 肺繊維症

4-8.心因性の咳

いろいろな検査を受けても異常がなく原因不明の咳が続く場合は、心因性の咳であることもあります。心理的なストレスが続くことが原因です。神経作用により気道が刺激され咳が起こります。

5.咳が止らない~放置するとどうなるの?~

5-1.長引く咳を放置するとどうなるの?

空咳にしても痰のからむ咳にしても、なかなか止らないのに放置しておくのはよくありません。咳が長引く場合は何らかの病気が隠れていることが多いのです。

咳が止らず8週間以上続く慢性咳嗽(まんせいがいそう)の場合は、必ず医師の診察を受けてください。

「3.痰が出る咳が止らない~考えられる病気とは~」と「4.乾いた咳が止らない~考えられる病気とは~」でご紹介したような病気だった場合悪化する可能性が高くなります。

基本的には、かぜ・インフルエンザ・気管支炎など呼吸器官の感染症の場合は診察を受けて薬をのめば2~3週間で収まるものです。

8週間も続く咳の場合は、上記で挙げた感染症以外の病気が原因のことがほとんどとなります。正確な診断をしてもらうためにも、医師の診察を受けるときには詳しい情報を伝えることが重要です。

  • 咳の期間(いつから始まって何日が経過したか)
  • 咳のタイプ(痰が絡む咳か空咳か)
  • 痰のタイプ(痰の出る場合は粘度や色など)
  • 咳が出る時間帯(1日中なのか寝ている間なのかなど)

などを事前にメモして正確に伝えるようにしましょう。

5-2.長引く咳ででる症状

長引く咳を放置することは、体内にひそんでいる病気を悪化してしまうことになります。そして、それだけではなく身体にも不調をきたしてしまうのです。どのような症状が表れるのでしょうか。

5-2-1.ろっ骨の痛み

咳が止らない日々が続いたとき、ろっ骨周辺に痛みを感じる…というケースは少なくありません。その場合、ろっ骨に小さな亀裂(きれつ)が入っている可能性が考えられます。

咳をするたびに、ろっ骨や横隔膜(おうかくまく)周辺の筋肉が動きろっ骨を引っぱるので咳が続くとろっ骨にダメージを与えてしまうのです。

激しい咳をした瞬間にダメージを受け続けたろっ骨が疲労骨折してしまうこともあるので注意しましょう。

5-2-2.筋肉の痛み

咳をすると1回約2キロカロリーのエネルギーが消費されるといわれています。1日中咳をしている状態が長期間続いてしまうと体力を消耗するのです。そのために、疲労感が抜けない状態が続くでしょう。

また、咳をするとお腹に圧力がかかり腹横筋(ふくおうきん/背骨からおなかの中心まで続く横筋状の筋肉)を使います。連続で咳をすると腹横筋に絶え間なく負担がかかるために血行がおとろえ筋肉痛になるのです。

特に、体力のない子どもや高齢者の場合は、咳のために体力の消耗と筋肉痛が起こり身体に大きな負担がかかってしまいます。まずは、咳を止めることが再優先でしょう。

5-2-3.睡眠の質の低下

人間の循環器・消火器・呼吸器などの動きをコントロールしているのが自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があります。そして、夜になると副交感神経の働きが活発になり、メラトニンというホルモンが分泌され身体はリラックスモードになるのです。

けれども、副交感神経の働きで気管支が収縮しやすくなるために咳も出やすくなります。身体も神経もくつろぎモードにシフトしているのに咳が止まらない状態になることもあるでしょう。

熟睡中に突然の咳で目が覚めてしまうこともあります。毎日続くと、睡眠の質も低下し睡眠不足になるだけではなく体力も消耗してしまうのです。

6.長引く咳を自分で止める方法

長引く咳はつらいけれども医者に行く時間がない…ということもあります。そんなときのために、自分で咳を改善する方法をご紹介しましょう。

6-1.のどと気道を温める

昔から、カゼや咳が止らないときには「首まわりを暖める」といわれています。これは根拠のない民間療法ではありません。

首にある「けい動脈」という太い血管が冷えると血流が悪くなり身体全体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。そこで、首を温めることで血行を改善すれば咳もやわらぎます。

咳が止らないときには、首にマフラーやネックウォーマーを付け、のどや首を温めるようにしてください。

6-2.背中のツボを温める

背中にある「大椎(だいつい)」というツボを温めると咳を止める効果があるとされています。

うつむいたときに首の根元(背中側)にでっぱる骨があり、その下にあるくぼみが大椎です。その部分に下着の上からカイロを貼ったりドライヤーなどで温風をかけたりしてください。首とのどが温まり咳を緩和してくれます。

6-3.室温と湿度管理

咳が止らないときには室内の温度や湿度にも気を付けましょう。暖か過ぎても寒過ぎても咳が長引く原因になります。そして、乾燥を防ぎ適度な湿気を与えることも大切なのです。

咳に最適な室温は20度といわれています。寒さを感じるようなら室温を上げず、首にネックウォーマーを付ける、1枚カーディガンなどを羽織る、薄い布団を足すなどの工夫をしましょう。

また、湿度は60%が最適といわれています。加湿器を使うのが1番ですが部屋にぬれたタオルなどを干す、大きなお鍋でお湯をわかすなどの方法でもよいでしょう。

6-4.漢方薬

咳に効果があるといわれている漢方には以下のようなものがあります。

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくどう)…神経性の胃炎やそれにともなう咳に用いられます。
  • 麦門冬湯(ばくもんどうこう)…乾いた咳や気管支炎、気管支喘息などに用いられます。
  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)…気管支喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症などに用いられます。
  • 桔梗湯(ききょうとう)…へん桃腺炎など、のどの腫れや痛みなどに用います。
  • 五虎湯(ごことう)…激しい咳や急性気管支炎などに用います。
  •  参蘇飲(じんそいん)…長引くカゼやインフルエンザ、気管支炎などに用います。

 

6-5.咳によくないNG行為

  • 咳が止まらない状態を3週間以上放置する。
  • 喫煙。
  • 過度の飲酒。
  • 疲労やストレスをためる。
  • 室内が乾燥する。
  • 自己判断で市販薬や漢方薬などを混ぜて使う。
  • 香辛料や刺激の強い食べ物。
  • スポーツやカラオケなどのどや気管などに負担がかかる行為。
  • ほこりやハウスダストを放置する。(こまめに拭き掃除をすること)

なるべく安静にして、できるだけ早めに医師の診察を受けましょう。

7.長引く咳の治療法

7-1.病院にいったほうがいい場合

カゼやインフルエンザなど咳のほかに熱などの症状がある場合は早めに病院に行きましょう。内科、耳鼻咽喉科でも大丈夫です。

かぜは治ったのに咳だけ続いている、咳だけではなく鼻水も出る、のどの痛みもある…などの症状がある場合は、耳鼻咽喉科がおすすめでしょう。

また、特にのどや鼻には異常はないが咳だけずっと長引いている場合は肺などの病気も考えられます。内科や呼吸器内科を受診してください。

7-2.咳の検査や治療について

長引く咳の原因を突き止める検査や治療方法は、原因となる病気(感染症なのかアレルギー性なのかなど)によって異なるのです。

一般的に、咳の出るカゼやインフルエンザ、アレルギーの場合は問診や触診のあとに症状にあった薬が出ます。薬を飲みきっても咳の症状が収まらず、咳が3週間近く続いている場合は胸部レントゲン撮影を行うケースが多いのです。

また、患者さんの状態によっては血液検査・呼吸機能検査・喀痰(かったん)検査を行います。さらに、原因を突き止めるためにCT検査や胃カメラ検査を行うこともあるのです。

いずれにしても、咳の治療は病気によって違います。早めに受診して原因を突き止めることが重要です。

8.咳が止らないお悩みでよくある質問

8-1.カゼは治ったのですが痰がからむ咳が1か月以上続いてます。病院に行ったほうがいいのでしょうか。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)による咳の可能性があります。副鼻腔炎が進むと鼻水の量と粘り気が増してのどにからみ咳が出やすくなるのです。この場合は、咳止めよりも最初に副鼻腔炎の治療が必要なので耳鼻咽喉科の診察を受けてください。

8-2.痰のない空咳が3週間以上続いてるのですが市販の咳止めが効かないようです…

咳の治療は原因ごとに違った治療法や薬を使用します。咳を止めるだけではなく、原因になる病気の治療をしなければなりません。まずは、医師の診察や必要な検査を受けて咳の原因を突き止め、それにあった治療を受けてください。

8-3.熱はないのですが、鼻水や鼻詰まり、のどの痛み、咳などが続いています。何科を受診すればいいでしょうか。

内科でもかまいませんが、アレルギーの可能性もあるのでできればのどや鼻の専門である耳鼻咽喉科を受診してください。

8-4.咳が止まらないので市販の漢方薬を自分で選んで飲んでも大丈夫でしょうか。

ひとくちに咳といってもさまざまな種類や症状があります。漢方は本来、患者さんの体質や状態を診察うえで、咳となっている原因を改善しながら治療していくものです。できれば、自己判断はせず漢方薬局などで受診して自分に合ったものを調合してもらうほうがおすすめでしょう。

8-5.咳が出ているときにお風呂に入っても大丈夫でしょうか。

基本的には、湿気はのどや気管によいので熱などがなければお風呂に入っても大丈夫です。痰のからむ咳の場合、浴室の湿った空気を吸うことで痰がやわらかくなり出しやすくなります。けれども、咳の原因となる病気はさまざまなので、1度医師の診察を受け入浴をしても大丈夫か確認してください。

9.まとめ

いかがでしたでしょうか。ひとくちに「咳」といってもさまざまな種類があり、原因となる病気もいろいろあることがおわかりいただけたかと思います。

熱や身体の痛みなどがなく咳の症状だけだと「そのうち治るだろう」と軽視してしまう人は少なくありません。また、仕事で忙しいと「咳が長引いているだけで病院に行くのも気が引ける」と遠慮してしまう人も多いでしょう。

けれども、「だかが咳だから」と放置すると、ひそんでいた病気が悪化してしまう可能性があります。咳が止まらないのは気になるなと感じたら、早めに病院に行きましょう。

症状が悪化すればするほど治りにくくなってしまいます。無理をせず、内科や耳鼻咽喉科などの診察を受けてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加