音響外傷とはどんな病気? 原因・症状・治療方法を解説します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

音響外傷とは、非常に大きい音を聞いた、大音量で音を聴き続けたという場合に発症する難聴の一種です。騒音性難聴やヘッドホン難聴・バンド難聴という別名もあります。猟銃の発射音や爆竹の爆発音を聴いて一瞬で症状が出ることもありますし、徐々に聴力が低下していくこともあるでしょう。完全に聴こえなくなることはないので、症状が進まない限り気がつかない方もいます。また、年代に関係なく発症するのも特徴です。

そこで、今回は音響外傷の原因や症状・治療方法をご紹介します。

  1. 音響外傷に関する基礎知識
  2. 音響外傷のセルフチェック
  3. 音響外傷の治療方法
  4. 音響外傷を予防する方法
  5. 音響外傷に関するよくある質問

この記事を読めば、音響外傷にならないための予防方法も分かるでしょう。騒がしい場所に行くことが多い方や、ヘッドホンをつけて音楽を聴いたりりゲームを行ったりすることが多い方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.音響外傷に関する基礎知識

はじめに、音響外傷が発症する原因や発症した後の症状などをご紹介します。どのような音を聴いた時に発症するのでしょうか?

1-1.音響外傷とは?

音響外傷とは、大きな音を聴いた時に内耳の中の蝸牛という部位にある「有毛細胞」がダメージを受け、音が聴こえにくくなる症状です。有毛細胞は音を感じ取る細胞で、通常は綺麗に並んで見えます。しかし、大きな音でダメージを受けた有毛細胞は爆風になぎ倒されたような状態になるのです。

飛行機の滑空音や爆竹の破裂音を聴いた・ロックバンドのコンサートなどを聴いた後、耳がキーンと痛んで音が聴こえにくくなったことがある方もいるでしょう。これは、有毛細胞がダメージを受けた証拠です。時間が経てば元に戻る一過性の場合もありますが、翌日も耳鳴りがしたり音が聴こえづらかったりした場合は、耳鼻咽喉科を受診して治療を受ける必要があります。

1-2.音響外傷の原因

音響外傷は、大きな音をいきなり聴いた場合や、耳の近くで音を聴き続けた場合に起こります。たとえば、大きな音がする工場などで長年働いていると、耳が聴こえにくくなることは珍しくありません。また、射撃をする人は耳にヘッドホンをつけていますが、これも音響外傷を予防するためです。

その一方で、大きな音でなくとも音響外傷を発症する例があります。ヘッドホンで音楽を聴き続けると耳が悪くなる、という話を聴いたことがありませんか? 実はこれも音響外傷の一種です。ヘッドホンの音は決して大きくありませんが、内耳の近くで聴き続けるため、長時間続ければ有毛細胞はダメージを受けます。また、電車の中などで音楽を聴いている場合、電車の音にかき消されないように音量を上げることもあるでしょう。こうなると、有毛細胞はますますダメージを受けます。

1-3.音響外傷になるとどうなるのか?

音響外傷になると、耳鳴りや耳がつまった感じがすることがあります。また、すべての音が聴こえにくくなるのではなく、高音域や低音域など特定の音が聴こえづらくなりやすいでしょう。

ただし、耳鳴りや耳がつまった感じは、大きな音を聞いた直後に発症する音響外傷以外は起こらないことも多いのです。特に、ヘッドホンやイヤホン由来の音響外傷は、無自覚なままということも珍しくありません。

1-4.音響外傷の弊害

音響外傷は、年齢や性別を問わずに発生します。今は、小さい子どもでもイヤホンを使って携帯型のゲームを外出先で楽しむことも多いでしょう。また、電車やバスなどでの移動中に親がスマートフォンなどで動画を見せて大人しくさせておくこともあります。

小さな子どもが音響外傷を発症しても、気がつかないというケースは多いのです。音響外傷で耳が聴こえなくなることはありませんが、特定の音が聴こえづらくなるだけで生活はしにくくなります。就けない職業も出てくるでしょう。