急性中耳炎とはどのような病気?原因や治療・予防方法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

急性中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気のことです。赤ちゃんや子どもが発症しやすい病気で、鼻風邪と併発するケースも珍しくありません。激しい耳の痛みや不快感があり、放っておくと聴力が低下することもあります。

そこで、今回は急性中耳炎の原因や治療法をご紹介しましょう。

  1. 急性中耳炎とはどのような病気?
  2. 急性中耳炎とその他の中耳炎の違い
  3. 急性中耳炎と他の病気との関連性
  4. 急性中耳炎の治療方法
  5. 急性中耳炎の予防法やケア
  6. よくある質問

急性中耳炎の治療法が分かれば、いざ発病してもすぐに対処できます。急性中耳炎のことを色々知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.急性中耳炎とはどのような病気?

まずはじめに、急性中耳炎の症状や発症しやすい状況などをご紹介します。どのような時に発症しやすいのでしょうか?

1-1.急性中耳炎とは?

急性中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気です。激しい痛みや不快感などが代表的な症状で、大人よりも子どもや赤ちゃんの方が発症しやすいという特徴があります。

急性という名前の通り急に発症することも珍しくなく、赤ちゃんが夜中に急に泣き出したと思ったら中耳炎だったということもよくあることです。この他、耳だれが出たり発熱したりするケースもあります。

1-2.急性中耳炎の原因とは?

急性中耳炎は、中耳内に細菌が入りこむことで発症します。内耳内に一番細菌が入りこみやすいのは、風邪をひいた時です。鼻と耳は内部で繋がっていますので、鼻水を強くすすりこむと内耳にまで届きます。鼻水の中には風邪の細菌が繁殖していますので、内耳内が炎症を起こすのです。この他、プールや海の水が内耳に入りこんで炎症を起こすケースもあります。

1-3.急性中耳炎になりやすい人とは?

急性中耳炎は、大人よりも子どもが発症しやすい病気です。子どもは大人よりもうまく鼻がかめません。鼻が出るとついすすり上げてしまい、内耳にまで鼻水が届きやすいのです。ただし、大人が中耳炎にかからないというわけではありません。疲労やストレスで抵抗力が落ちていたりすると、大人でも発症します。

1-4.中耳炎を放置しておくとどうなるの?

適切な治療をしないまま中耳炎を放置しておくと、聴力の低下につながります。また、症状によっては耳の中から膿が出ますので、そこから外耳炎を発症することもあるでしょう。放っておいて一時的な回復が望めない病気ではありませんが、早めに治療しないと一生後遺症を引きずるケースもあります。

2.急性中耳炎とその他の中耳炎の違い

中耳炎には急性の他、慢性と滲出性(しんしゅつせい)の中耳炎があります。この項では、これらの中耳炎の違いをご紹介しましょう。

2-1.慢性中耳炎とは?

慢性中耳炎とは、急性中耳炎を発症した時に治療が不十分だったりしたために炎症が慢性化したものです。鼓膜に穴があき、そこから耳ダレが流れ出ることが多い他、中耳の内部も長期間の炎症によって障害が出ていることも珍しくありません。慢性中耳炎にかかっている多くの方が、難聴を発症しています。

また、めまいや耳鳴り・ひどい頭痛などに悩まされている方も多いのです。慢性中耳炎になると、手術をして炎症の病巣を取り除き、炎症によって障害が出た中耳の内部を再建する治療法が取られます。

2-2.滲出性中耳炎とは?

滲出性中耳炎とは、内耳の中に浸出液が溜まってしまう中耳炎のことです。急性中耳炎から滲出性中耳炎に移行する場合もありますが、最初から滲出性中耳炎を発症することがあります。滲出性中耳炎の主な症状は聴力の低下で、痛みや発熱などはあまりありません。そのため、小さい子どもが発症した場合は気がつきにくいこともあります。

滲出性中耳炎の場合は、鼓膜を切開して浸出液を取り除く治療が一般的です。滲出性中耳炎は、風邪の他副鼻腔炎やアデノイド肥大・アレルギー性鼻炎を発症している人が比較的かかりやすいという特徴があります。

2-3.3つの中耳炎はどう違うのか?

さて、こうして比べてみると急性中耳炎の場合は発症が急で、比較的病気に早く気づきやすいのです。急性中耳炎かもしれないと思ったら、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。耳鼻咽喉科を受診すれば、中耳炎の種類も治療法もすぐに分かります。また、鼻づまりがひんぱんに起こる方は、中耳炎を発症するリスクが高いことを覚えておきましょう。

3.急性中耳炎と他の病気との関連性

この項では、中耳炎を併発しやすい病気や中耳炎と間違えやすい病気をご紹介します。覚えておくといざという時に役立つでしょう。

3-1.急性中耳炎を併発しやすい病気とは?

急性中耳炎を併発しやすい病気の代表格は、鼻炎です。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などを発症している方は十分に注意しましょう。副鼻腔炎というのは、鼻の横にある副鼻腔という空洞内が炎症を起こす病気です。急性中耳炎と同じく風邪がきっかけで発症することが多く、放置しておくと慢性化します。

慢性副鼻腔炎は別名蓄膿症とも言い、常時鼻がつまる厄介な病気です。また、春先の風物詩でもある花粉症もアレルギー性鼻炎の一種。花粉症で鼻水がたくさん出る方は要注意です。また、鼻の奥にあるアデノイドという部位が生まれつき大きくても中耳炎のリスクが高まります。この場合は、医師からアデノイドを切除するようにすすめられることもあるでしょう。

3-2.急性中耳炎とよく似た病気

中耳炎によく似た病気に、外耳炎や上咽頭炎があります。外耳炎というのは、耳の入り口から鼓膜までの部位が炎症を起こす病気です。これは、耳掃除などによって外耳が傷つくと発症しやすく、中耳炎と同じように痛みや不快感が伴います。

上咽頭炎は、鼻の奥にある喉の入り口が炎症を起こす病気です。鼻の奥と中耳はごく近い場所にあるので、中耳の痛みと上咽頭の痛みは区別がつきにくい時も珍しくありません。この他、あごの骨の関節が炎症を起こす顎関節症(がくかんせつしょう)も耳のつけ根が痛むので、中耳炎と間違えやすい病気です。

4.急性中耳炎の治療方法

この項では、急性中耳炎の治療法や注意点をご紹介します。どのような治療が行われるのでしょうか?

4-1.診断のつけ方

急性中耳炎は、耳鼻咽喉科を受診して鼓膜を診てもらえばすぐに診断がつきます。そのため、子どもが鼻づまりを伴う風邪をひいた場合、小児科だけでなく耳鼻咽喉科も受診することが大切です。

4-2.治療方法

急性中耳炎の治療は、点耳薬や内服薬で炎症を抑える方法が一般的です。内部に膿や浸出液がたまっている場合は、鼓膜を切開することもあります。鼓膜は切開してもすぐにふさがるので問題ありません。ただし、鼓膜に穴が開いている期間は耳の中に水を入れないように注意が必要です。痛みが激しい場合は、痛み止めが処方されることもあります。

4-3.鼻づまりの治療

鼻づまりがある場合、急性中耳炎が再発することもあります。ですから、中耳炎の治療と並行して鼻づまりの治療も行っていくのです。慢性副鼻腔炎の場合は、鼻の粘膜を焼くレーザー治療が行われることもあります。

4-4.治療を受ける際の注意点

急性中耳炎の治療方法は、大人も子どもも一緒です。子どもの場合は薬を飲ませるのが大変ですが、処方された分はしっかりと飲み切りましょう。水泳を習っている場合は、中耳炎が完治するまでお休みさせてください。また、中耳炎の治療を行っているときは不用意に耳掃除をしないように注意しましょう。鼓膜に穴が開いている場合は、綿棒から細菌感染を起こす場合もあります。

4-5.完治までどのくらいかかるの?

急性中耳炎は、1~2週間程度で完治します。医師から完治を告げられるまでは、きちんと薬を飲み病院にも通い続けましょう。耳鼻科によっては、聴力に異常が出ていないか検査をしてくれます。

5.急性中耳炎の予防法やケア

この項では、急性中耳炎の予防法やケア方法をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

5-1.子どもの鼻は吸ってあげる

子どもや赤ちゃんはまだ鼻をうまくかめません。ですから、親が鼻吸い器で鼻を吸ってあげるとよいでしょう。

5-2.鼻づまりになったら耳鼻咽喉科を受診する

鼻づまりは、体の不調の中ではポピュラーなものです。そのためたかが鼻づまりと軽視されがちですが、鼻づまりがひどい場合は必ず耳鼻咽喉科を受診しましょう。子どもの場合は特にです。小児科では、耳の中までは診察してもらえません。

5-3.耳に異常を感じたら病院へ行く

中耳炎の痛みは人によって違います。大人の場合は、我慢できる痛みなら病院に行かない人もいるでしょう。しかし、急性中耳炎の場合は自然治癒することもありますが、慢性化するリスクも大きいのです。慢性中耳炎になった場合は、聴力の低下も起こります。ですから、耳に異常を感じたら早めに病院へ行きましょう。

5-4.子どもの場合は、親が注意を払う

急性中耳炎は子どもに多い病気です。生後数か月の赤ちゃんでも発症します。しかし、赤ちゃんや小さな子どもは、耳の痛みを訴えることができません。ですから、親が注意を払い、耳がおかしいのかな?と思ったらすぐに病院へ連れて行きましょう。

6.よくある質問

Q.急性中耳炎のようですが、耳から膿がでたら痛みが軽くなりました。もうそのまま放置をしておいてよいでしょうか?
A.耳から海が出たということは、鼓膜に穴が開いているということです。そのままにしておくと他の感染症にもかかる恐れがあります。すぐに耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.点耳薬をさしたらめまいがしました。どうしてでしょうか?
A.急に冷たい液体を耳にいれると、三半規管が驚いて誤作動をすることがあります。めまい予防には点耳薬をしばらく手で握って温めておくとよいでしょう。

Q.子どもは何歳くらいまで急性中耳炎になりやすいのですか?
A 個人差はありますが、10歳以上になるとだんだんとかかりにくくなります。

Q.大人ですが、激しい耳の中の痛みは急性中耳炎で間違いないのでしょうか?
A.耳の中の激しい痛みは、中耳炎以外でも起こります。至急耳鼻咽喉科を受診してください。

7.おわりに

いかがでしたか? 今回は急性中耳炎の原因や治療法をご紹介しました。急性中耳炎は決して珍しい病気ではありません。きちんと治療すれば、すぐに良くなります。しかし、治療が中途半端だったり痛みを我慢していたりすると慢性化して厄介なことになるでしょう。お子様がいるご家庭は、かかりつけの耳鼻咽喉科を作っておくと何かと便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加