急性中耳炎とはどのような病気?原因や治療・予防方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

急性中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気のことです。赤ちゃんや子どもが発症しやすい病気で、鼻風邪と併発するケースも珍しくありません。激しい耳の痛みや不快感があり、放っておくと聴力が低下することもあります。

そこで、今回は急性中耳炎の原因や治療法をご紹介しましょう。

  1. 急性中耳炎とはどのような病気?
  2. 急性中耳炎とその他の中耳炎の違い
  3. 急性中耳炎と他の病気との関連性
  4. 急性中耳炎の治療方法
  5. 急性中耳炎の予防法やケア
  6. よくある質問

急性中耳炎の治療法が分かれば、いざ発病してもすぐに対処できます。急性中耳炎のことを色々知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.急性中耳炎とはどのような病気?

まずはじめに、急性中耳炎の症状や発症しやすい状況などをご紹介します。どのような時に発症しやすいのでしょうか?

1-1.急性中耳炎とは?

急性中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気です。激しい痛みや不快感などが代表的な症状で、大人よりも子どもや赤ちゃんの方が発症しやすいという特徴があります。

急性という名前の通り急に発症することも珍しくなく、赤ちゃんが夜中に急に泣き出したと思ったら中耳炎だったということもよくあることです。この他、耳だれが出たり発熱したりするケースもあります。

1-2.急性中耳炎の原因とは?

急性中耳炎は、中耳内に細菌が入りこむことで発症します。中耳内に一番細菌が入りこみやすいのは、風邪をひいた時です。鼻と耳は内部で繋がっていますので、鼻水を強くすすりこむと内耳にまで届きます。鼻水の中には風邪の細菌が繁殖していますので、内耳内が炎症を起こすのです。この他、プールや海の水が内耳に入りこんで炎症を起こすケースもあります。

1-3.急性中耳炎になりやすい人とは?

急性中耳炎は、大人よりも子どもが発症しやすい病気です。子どもは大人よりもうまく鼻がかめません。鼻が出るとついすすり上げてしまい、内耳にまで鼻水が届きやすいのです。ただし、大人が中耳炎にかからないというわけではありません。疲労やストレスで抵抗力が落ちていたりすると、大人でも発症します。

1-4.中耳炎を放置しておくとどうなるの?

適切な治療をしないまま中耳炎を放置しておくと、聴力の低下につながります。また、症状によっては耳の中から膿が出ますので、そこから外耳炎を発症することもあるでしょう。放っておいて一時的な回復が望めない病気ではありませんが、早めに治療しないと一生後遺症を引きずるケースもあります。