この症状、急性鼻炎? 主な原因や慢性鼻炎との違い、治療法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「鼻風邪のような症状が続いている」というときは、急性鼻炎である可能性が高いでしょう。鼻水やくしゃみ・鼻づまりなど、鼻の不快な症状にお悩みの方は、まず自分の症状を見極めることが大切です。

この記事では、急性鼻炎の原因や症状・治療法や予防のポイントなどをまとめて解説しています。

  1. 急性鼻炎とはどんな病気?
  2. 急性鼻炎と慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎との違い
  3. 急性鼻炎の治療方法
  4. 急性鼻炎のケアと日常生活で気をつけるポイント
  5. 急性鼻炎に関するよくある質問

この記事を読むことで、急性鼻炎の悩みを解消することができるでしょう。急性鼻炎の不快な症状から早めに抜け出す方法がわかりますよ。


1.急性鼻炎とはどんな病気?

まずは、急性鼻炎という病気について解説します。主な症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

1‐1.鼻の内部に起こる炎症のこと

鼻の内部は粘膜によって覆われています。この部分に炎症が起こった状態を「鼻炎」と言い、粘膜が刺激を受けやすくなるため、さまざまな不快症状が現れやすくなるのです。

鼻炎にはいくつか種類があり、その原因や症状は異なります。当然、治療法も変わってくるため、自分の症状を見極めることが重要です。

1‐2.主な症状は鼻水・くしゃみ・鼻づまり

急性鼻炎の主な症状には、鼻水やくしゃみ・鼻づまりなどがあります。最初は水っぽい鼻水が出ることが特徴的で、数日経過すると粘り気のある鼻水に変わっていくでしょう。さらに、鼻づまりが原因で口呼吸になることも多く、その結果、のどの粘膜が炎症を起こすこともあります。鼻の不快症状だけでなく、咳(せき)や発熱・頭痛などの症状の原因になる場合もあるのです。

1‐3.急性鼻炎の主な原因は「ウイルス感染」

急性鼻炎の多くは、ウイルス感染が原因です。コロナウイルスやライノウイルスなどに感染すると、鼻の不快症状となって現れます。単なる風邪の症状に引き続いて起こるケースも多いため、見極めるのが困難な場合もあるでしょう。

1‐4.急性鼻炎になりやすいのはどんな人?

急性鼻炎には、なりやすい人となりにくい人がいます。次の項目に当てはまる人は、普段から急性鼻炎にならないように注意する必要があるでしょう。

  • 免疫力が低下している人
  • 生活習慣が不規則な人
  • 家族に喫煙者がいる人

1‐5.急性鼻炎は日常生活にさまざまな影響を及ぼす!

急性鼻炎になると、日常生活に及ぼす影響はたくさんあります。たとえば、ひどい鼻水や鼻づまりが原因で臭いが感じにくくなり、イライラして物事に集中できなくなることもあるでしょう。当然、睡眠が妨げられるため体調も崩しがちになります。大事な場面でも鼻水やくしゃみが止まらなくなり、つらい思いをすることもあるでしょう。

1‐6.放置すると難聴になることも?

急性鼻炎は風邪が原因で発症することがほとんどです。しかし、風邪が治ってからも鼻の症状が続く場合は、放置しておくと危険な場合もあります。慢性副鼻腔(びくう)炎や滲出(しんしゅつ)性中耳炎を起こしやすくなるのです。

滲出(しんしゅつ)性中耳炎は難聴を引き起こし、さらに放置しておくと症状が進行して手術が必要になることもあります。治療に時間がかかり、再発の可能性も高い滲出(しんしゅつ)性中耳炎。このような状態になる前に、早めに急性鼻炎を治療しておくことが大切です。