空気清浄機の効果は果たして本当なのか?アレルギー性鼻炎を治すポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

くしゃみや鼻水が止まらなくなる「アレルギー性鼻炎」に悩んでいる人は多いでしょう。
最近では、部屋のハウスダストによってアレルギー性鼻炎になる人も増えてきています。
できるだけ早めに解消しなければ体に負担をかけてしまうものです。
そこで、空気洗浄機の効果や花粉が家の中に入らないようにするための工夫、アレルギー性鼻炎の治し方について説明します。
空気洗浄機の効果を知りたい人、アレルギー性鼻炎に悩んでいる人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 空気清浄機の効果
  2. 花粉が家の中に入らないようにするための工夫
  3. アレルギー性鼻炎の治し方
  4. まとめ

1.空気洗浄機の効果

部屋の中にある空気をキレイにする「空気清浄機」の効果について説明します。
アレルギー性鼻炎で困っている人の中には「空気清浄機」の効果が気になっている人も多いでしょう。
本当に効果はあるかどうか徹底解析します。

1‐1.必ず「効果」があるとは限らない

空気清浄機の特徴は、空気中に漂っている汚れや花粉をフィルターで取りのぞいてくれる点です。
「今年は花粉の量が多いから…」「アレルギー性鼻炎の症状をやわらげたいから」と空気清浄機を購入する人も多いでしょう。
しかし、実際はすべての花粉や粉じんを吸収できません。
必ずしも「効果がある」とは言えないのです。
空気洗浄機の中には「ビタミンCやマイナスイオンを排出」などと言う文字もありますが、効果があると言うデータは出ていません。
専門の研究をしている人も「空気洗浄機の効果は確かなものではない」と発言しているのです。
もちろん、まったく効果がないとは限りませんが、徹底的に空気をキレイにするわけではないことを覚えておいてくださいね。

1‐2.置き場所によって異なる効果

空気清浄機の効果は「置き場所」によって左右します。
多少効果はあっても間違った場所では効果はありません。
置き場所としておすすめしたいのは「花粉が侵入する場所」です。
たとえば、窓際や玄関先などそととのつながりがある場所に置きましょう。
花粉が侵入する場所に置くことで、部屋への侵入も防げます。
また、夏と冬それぞれ置き場所を変えてみるのも良い方法です。
夏はエアコンの下、冬はエアコンのある反対がわに空気清浄機を置きましょう。
なぜなら、空気の循環を促すことができるからです。
一般的に、日本メーカーの空気清浄機は本体のうえから新しい空気を排出します。
よって、暖かい空気がうえにたまりやすい夏、冷たい空気が下にたまりやすい冬の特長を生かすのです。

1‐3.扇風機を利用して空気清浄機を活用する

空気清浄機を効率的に利用したい人は「扇風機」と併用してください。
アレルギー性鼻炎の症状をやわらげるためには、部屋の中の空気を効率良く循環しなければなりません。
循環が悪いと部屋の中にある花粉やハウスダストが隅にたまってしまいます。
たまればたまるほど悪影響をおよぼすため、扇風機を利用して循環を促してください。強い気流を部屋の中に起こすことができるかどうかで、空気清浄機の効果が異なるのです。
なかなか換気できないときは扇風機と空気清浄機2つの力で新鮮な空気を取り入れましょう。

2.花粉が家の中に入らないようにするための工夫

2‐1.家に入る前に必ずするべきこと

花粉が家の中に入らないようにするための工夫はたくさんあります。
簡単に自分でできることなので安心してください。
今からでもぜひ心がけてほしいのが「家の中に入る前」です。
帰宅したとき、あなたの衣類や髪の毛にはたくさんの花粉・粉じん・ホコリがついています。
そのまま家の中に入ると花粉が侵入してしまうのです。
できるだけ花粉が家の中に入らないようにするため、そとで必ず花粉を落としてください。
また、鼻や口の中にも花粉が入っていてムズムズするときもありますよね。
ムズムズしているときは「うがい」や「シャワー」を浴びて徹底的に取りのぞいてください。
帰宅後にする行為はすべて大切です。

2‐2.窓を開けるときは要注意

換気をするために窓を開けるときもあるでしょう。
しかし、花粉が多く飛んでいる時期はできるだけ窓を開けないでください。
花粉を家の中に招いてしまいます。
天気が良い日は洗濯物や布団を干しますが、花粉が多い時期は避けましょう。
また、風が強い日もNGです。風が強い日は花粉や粉じんがたくさん舞っています。
干していた洗濯物に花粉がついてしまい、そのまま家の中に入れてしまうのです。
もちろん換気は大切ですが、窓を開ける時間帯や時期には十分に気をつけてくださいね。
布団を干す際はできるだけそとに干すのではなく、日の当たる部屋の中や布団乾燥機・専用の掃除機を使うことをおすすめします。
アレルギー性鼻炎で悩んでいる人は特に注意しなければなりませんよ。

3.アレルギー性鼻炎の治し方

3‐1.専門的な治療を受ける

アレルギー性鼻炎の治し方は自分自身での対策はもちろん、専門的な治療を受けなければなりません。
自分でできる治療・対策をしても不安は残るでしょう。
経験豊富な専門医に診てもらったほうが効率的に症状がやわらぎますよ。
いつまでも症状を放置しておけば、鼻づまりがひどくなり睡眠障害も起こるのです。
日常生活にも支障をきたしてしまうので、できるだけ早めに専門的な治療を受けましょう。
中には「鼻の形」によって手術できない場合もあります。けれども、安心してください。手術できない人には鼻の特徴を把握して最適な手術・治療を提案してくれるのです。
アレルギー性鼻炎に詳しい耳鼻科できちんと診てもらってくださいね。

3‐2.自分でできるアレルギー性鼻炎対策

アレルギー性鼻炎の治し方は専門的な治療を受けながら自分でできる対策をすることが大切です。
自分でできるアレルギー性鼻炎の治し方は「掃除」が大きなポイントになります。
特に、花粉が多く飛ぶ時期はしっかり注意を払って掃除をしなければなりません。
フローリングやソファー、カーテン、衣類など布製品はできるだけ毎日掃除をしていきましょう。
ただし、掃除の仕方にも注意が必要です。
床に花粉や粉じん、ハウスダストが残っているケースもあります。
徹底的に掃除するためにもふき掃除を入念にしてください。水ぶきを最初にして掃除機をかけましょう。
毎日ふき掃除をするのは大変だと感じますが、毎日こまめに掃除することがアレルギー性鼻炎の治療につながります。

4.まとめ

空気清浄機の効果や花粉が家の中に入らないようにするための工夫、アレルギー性鼻炎の治し方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
空気清浄機を使うのも1つの方法ですが、根本的な原因を突き止めて治療することが大切です。
アレルギー性鼻炎の原因を見つけるため、専門的な医療施設で検査してもらってください。
そして、自分でできる対策を続けていきましょう。

  • 空気清浄機は必ず「効果」があるとは限らない
  • 置き場所によって効果が変わる
  • 扇風機を利用して空気清浄機を活用する
  • 家に入る前についている花粉を取りのぞく
  • 窓を開けるときは十分に注意する
  • 専門的な治療を受ける
  • できるだけ毎日部屋の掃除をする

以上のポイントは要チェックです。地道に対策を続けていけば次第に症状も治まります。
不安な思いを持つより、専門的なプロに診てもらったほうが安心です。
自分の症状に合った治療をすすめてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アレルギー性鼻炎の日帰り手術