アレルギー体質は改善できる? 症状を和らげるための方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

アレルギーとは、体がアレルゲンといわれる原因物質に過剰反応を起こすことで発症します。しかし、同じようなアレルゲンにさらされてもアレルギーを発症する人としない人がいるのです。

そこで今回は、アレルギーを発症しやすいアレルギー体質を改善する方法をご紹介しましょう。今は、アレルギー体質を改善する治療法もいろいろと開発されてきているのです。ですから、つらい症状を緩和させたいという方はぜひ受けてみましょう。アレルギーに悩んでいる方は必見です。

  1. アレルギー体質とは?
  2. アレルギー体質は治るのか?
  3. アレルギー体質を改善する方法とは?
  4. おわりに

1.アレルギー体質とは?

この項では、アレルギーが発症する仕組みやアレルギー体質についてご紹介します。なぜ、アレルギーを発症しやすい人としにくい人がいるのでしょうか?

1-1.アレルギーとは?

アレルギーとは、原因物質であるアレルゲンを体内に入れることで発症する症状です。花粉症を例にとって説明しましょう。花粉は体にとって異物です。異物が侵入すると体の中の抗体が異物を排除しようと働きはじめます。しかし、この抗体が過剰に反応してしまうとかゆみや鼻水といったつらい症状が出るのです。これが、アレルギーというもの。アレルギー症状を起こす物質をアレルゲンといいます。

花粉が有名ですが、このほかにもイネ科の植物の花粉やペットの毛、ハウスダストなどもアレルゲンになるのです。

1-2.アレルギー体質とは?

アレルギー体質とは、文字どおりアレルギーを発症しやすい体質のことです。同じ分量のアレルゲンを体内に取り込み続けた場合、アレルギー体質の方はそうでない方よりもアレルギーを早く発症します。また、複数のアレルギーを連続で発症することもあるでしょう。例えば幼いときはアトピー性皮膚炎になり、小児期には喘息になり、成人してからは花粉症になるといった具合です。これを、「アレルギーマーチ」といいます。

アレルギー体質の方は抗体ができる量が一般の人よりも多いという報告があるのです。特に、肥満細胞からできるIgE抗体ができやすい人は、アレルギー体質になりやすいでしょう。

1-3.なぜ、アレルギー体質になるの?

アレルギー体質になるかどうかは、遺伝的な要素が大きいです。たとえば、両親がアレルギーを発症している場合、その子どももまた、アレルギーを発症しやすいでしょう。しかし、遺伝でなくてもアレルギー体質になる場合があります。

特定のアレルゲンを長く吸い続けた場合や、生活が乱れて免疫力が低下した場合、さらに過剰なストレスがかかった場合などもアレルギーを発症するでしょう。ですから、両親が非アレルギー体質でも楽観することはできません。人は誰もがアレルギー体質になる可能性があるのです。

12