アレルギー体質は改善できるの?その方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨーグルト

アレルギーとは、体がアレルゲンといわれる原因物質に過剰反応を起こすことで発症します。
しかし、同じようなアレルゲンにさらされてもアレルギーを発症する人としない人がいるのです。
そこで今回はアレルギーを発症しやすいアレルギー体質を改善する方法をご紹介しましょう。
今は、アレルギー体質を改善する治療法もいろいろと開発されてきているのです。
ですから、つらい症状を緩和させたいという方はぜひ受けてみましょう。
アレルギーに悩んでいる方は必見ですよ。

  1. アレルギー体質とは?
  2. アレルギー体質は治るのか?
  3. アレルギー体質を改善する方法とは?
  4. おわりに

1.アレルギー体質とは?

この項では、アレルギーが発症する仕組みやアレルギー体質についてご紹介します。
なぜ、アレルギーを発症しやすい人としにくい人がいるのでしょうか?

1-1.アレルギーとは?

アレルギーとは、原因物質であるアレルゲンを体内に入れることで発症する症状です。
花粉症を例にとって説明しましょう。
花粉は体にとって異物です。
異物が侵入すると体の中の抗体が異物を排除しようと働きはじめます。
しかし、この抗体が過剰に反応してしまうとかゆみや鼻水といったつらい症状が出るのです。
これが、アレルギーというもの。
アレルギー症状を起こす物質をアレルゲンといいます。
花粉が有名ですが、このほかにもイネ科の植物の花粉やペットの毛、ハウスダストなどもアレルゲンになるのです。

1-2.アレルギー体質とは?

アレルギー体質とは、文字どおりアレルギーを発症しやすい体質のことです。
同じ分量のアレルゲンを体内に取り込み続けた場合、アレルギー体質の方はそうでない方よりもアレルギーを早く発症します。
また、複数のアレルギーを連続で発症することもあるでしょう。
これを、「アレルギーマーチ」といいます。
アレルギー体質の方は抗体ができる量が一般の人よりも多いという報告があるのです。
特に、肥満細胞からできるIgE抗体ができやすい人は、アレルギー体質になりやすいでしょう。

1-3.なぜ、アレルギー体質になるの?

アレルギー体質になるかどうかは、遺伝的な要素が大きいです。
たとえば、両親がアレルギーを発症している場合、その子どももまた、アレルギーを発症しやすいでしょう。
しかし、遺伝でなくてもアレルギー体質になる場合があります。
特定のアレルゲンを長く吸い続けた場合や、生活が乱れて免疫力が低下した場合、さらに過剰なストレスがかかった場合などもアレルギーを発症するでしょう。
ですから、両親が非アレルギー体質でも楽観することはできません。
人は誰もがアレルギー体質になる可能性があるのです。

2.アレルギー体質は治るのか?

体質、というとその人が持って生まれた特徴のようなもので、改善するのは難しいというイメージがあります。
実際、15年ほど前までのアレルギーの治療は症状を治める対症療法が一般的でした。
しかし、これではアレルギーを一生発症し続けることになります。
行動にも制限が出て、日常生活をおくるのにも苦労する方が少なくありませんでした。
しかし、今はアレルギーの研究も盛んになり、体内の特定の細胞を活発化させたり沈静化させたりすることにより、アレルギーの症状を抑える治療が行われるようになりました。
また、免疫力を活発にすることにより体質改善をする方法もあります。
次の項で、アレルギー体質を改善する方法を詳しくご紹介していきましょう。

3.アレルギー体質を改善する方法とは?

この項では、アレルギー体質を改善する方法の一例をご紹介していきます。
すべての方に効果があるということではありませんが、試してみる価値はあるのでしょう。

3-1.室内を清潔にする

アレルギー性鼻炎や皮膚炎、さらにぜん息などの原因は目に見えないくらいの細かいほこり、「ハウスダスト」である可能性があります。
病院でハウスダストアレルギーと診断された場合は、まず室内を清潔にしましょう。
散らかってほこりの舞うような部屋に住んでいれば、アレルギーはますます悪化していきます。
ですから、こまめな掃除や空気清浄機の使用などで、室内を生活にたもちましょう。
特に、花粉症の場合は屋外に洗濯物を干さないことも大切です。
実際、掃除をこまめにするようになったらアレルギー症状が軽減したという例もあります。

3-2.生活習慣に気を付ける

夜更かしや偏った食生活を続けると、アレルギーが悪化するという例は多いでしょう。
特に、アトピー性皮膚炎はストレスが原因で悪化することもあります。現代はストレス社会ですから、全くストレスを無くすことは難しいでしょう。しかし、できるだけ心と体に余裕を持って過ごすことが、アレルギー体質の改善にもつながるのです。
さらに、ヨーグルトや納豆などの発酵食品がアレルギー体質に効果があることが分かってきました。
ですから、そのようなものを積極的に食事に取り入れてみましょう。

3-3.漢方薬を利用する

漢方薬は東洋医学の考えに基づいて処方される、生薬を原料とした薬です。
生薬とは植物の葉や実、根などをそのまま用いた薬のことで、病院で処方される薬よりも効き目が穏やかで体質改善にも効果があります。
ですから、漢方宅を服用することで、体質を改善する方も少なくありません。
漢方医のいる病院で相談してみるとよいでしょう。

3-4.レーザー治療を受ける

さて、今までご紹介した体質改善方法は、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。
レーザー治療とは、鼻の粘膜を浅く焼くことにより粘膜を凝固させて、アレルゲンに抗体反応が起こることを防ぐ治療です。
30分ほどで終わる上にすぐに効果が出るので、アレルギー性鼻炎のつらい症状を今すぐ何とかしたいという方にお勧めでしょう。
この治療は耳鼻咽喉科で行えます。
アレルギー性鼻炎をレーザー治療で治したいという方は、まずこの治療を行っている病院で診察をしてもらい、手術の日取りなどを決めましょう。
アレルギー鼻炎はアレルギーの中でもつらい症状です。
鼻が通るだけでもずいぶんとすっきりとした気持ちになり、日常生活も楽になるでしょう。
また、副鼻腔(ふくびくう)炎や後鼻漏など、鼻炎が原因で発生する病気の予防にもなります。
粘膜を焼くというと大変なことをするイメージがありますが、麻酔をかけますので痛みもほとんどありません。
手術というより一般の治療といった感じです。

5.おわりに

いかがでしたか?今回は、アレルギー体質を改善する方法などをご紹介しました。
アレルギーがいつ発生するのかは、誰にも分かりません。
小さいころから悩んでいる方もいますし、大人になってから発症された方もいます。
また、次々とアレルギーが発症すると、命に別状はないとはいえ、日常生活が困難になるほどつらい思いをされている方もいるでしょう。
しかし、アレルギーの治療も進歩しました。
一朝一夕に体質は変わりません。
でも、続けていけば、何らかの結果が出す可能性は高いのです。
さらに、レーザー治療を行えば、つらい鼻づまりから解放されます。
鼻がずっと詰まっていると、脳に十分な酸素が行き届かず、頭がぼんやりして集中力も低下するのです。
また、油断すると鼻水が出てしまうので、見た目も良くありません。
レーザー治療を行えば、すぐに鼻水が止まる可能性もあります。
アレルギー性鼻炎、特に花粉症で悩んでいるという方はぜひ試してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アレルギー性鼻炎の日帰り手術