アレルギー性鼻炎と鼻風邪の違いは? 見分け方やそれぞれの対処法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻水が出たり鼻づまりを感じたりしたら、風邪かなと思いますよね。しかし、長期間鼻水が続く場合は、アレルギー性鼻炎かもしれません。アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダストの刺激によるもので、鼻風邪の薬では完治が見込めません。自分がどちらなのかを見極め、正しく対処する必要があります。

そこでこの記事では、「アレルギー性鼻炎と鼻風邪はどう違う?」「それぞれの対処法は?」といった疑問について答えていきましょう。

  1. アレルギー性鼻炎と風邪について
  2. アレルギー性鼻炎? 風邪? セルフチェックをしよう! 
  3. アレルギー性鼻炎と風邪の治療方法
  4. アレルギー性鼻炎や風邪の予防法について
  5. アレルギー性鼻炎の鼻粘膜焼灼術(レーザー手術)について
  6. アレルギー性鼻炎ケアや生活習慣で気をつけたいこと
  7. アレルギー性鼻炎や風邪のよくある質問
  8. まとめ

風邪とアレルギー性鼻炎はとても似ています。この記事を読むことで、風邪とアレルギー性鼻炎について学びことができ、適切な対処が出来るようになるでしょう。


1. アレルギー性鼻炎と風邪について

風邪の症状が長引いていると思ったら、実はアレルギー性鼻炎だと判明するケースがあります。ここでは、アレルギー性鼻炎と風邪の共通点や違い、見極め方などを紹介しましょう。

1-1.アレルギー性鼻炎と風邪の関係や共通点

共通点としては、どちらも鼻水が出るということが挙げられます。鼻水が出る原因は、風邪もアレルギー性鼻炎も鼻粘膜の炎症によるものです。鼻粘膜がただれ、鼻水・鼻づまり・頭痛といった症状が現れます。このような症状が共通しているため、これまでアレルギーがなかった場合、間違えやすいのです。ちなみに、風邪の中でも特に鼻水の症状が強く出るものを鼻風邪と呼びます。

1-2.アレルギー性鼻炎と風邪の違いとは? 

アレルギー性鼻炎と風邪の最も大きな違いは、症状が起きる原因です。アレルギー性鼻炎は、ハウスダストや花粉といったアレルゲンが鼻粘膜に付着することで症状が起こります。一方、風邪の場合は、ウイルスの侵入が原因です。発熱を伴う症状が特徴となっています。

1-3.アレルギー性鼻炎と風邪の見極め方

アレルギー性鼻炎と風邪は共通した症状がありますが、それぞれを判断するポイントがあります。まず、発熱があり粘着質の鼻水が出るという場合は風邪です。鼻水の色や状態で判断するとわかりやすいでしょう。

アレルギー性鼻炎の場合は、鼻水がさらさらした状態で、鼻づまりを感じることもあります。アレルゲンによって鼻粘膜が刺激されるため、くしゃみが多いのも特徴です。目がかゆくなるといった、風邪にはない症状を感じることもあります。

1-4.なぜアレルギー性鼻炎と風邪の違いを見極めることが重要なのか? 

アレルギー性鼻炎と風邪は、それぞれ治療方法が異なります。特に、アレルギー性鼻炎の場合は、正しい対処をしないと症状が長引き、重篤な副鼻腔(びくう)炎に発展する恐れもあるのです。そのため、早期に風邪との違いを見極め、適切に対処する必要があります。