アレルギー性鼻炎で困っている方へ~良い食事・悪い食事・注意点について~

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近は、アレルギー性鼻炎になる人が増えてきました。アレルギー反応によって起こる、くしゃみや鼻水はとてもツライものです。仕事や生活にも悪影響をおよぼします。

アレルギー性鼻炎の人におすすめしたい良い食事を紹介しましょう。良い食事だけでなく、アレルギー性鼻炎が悪化する悪い食事、食生活の注意点やポイントについて説明します。アレルギー性鼻炎で困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. アレルギー性鼻炎に良い・悪い食事
  2. 食生活の注意点
  3. 食生活のポイント
  4. まとめ

1.アレルギー性鼻炎に良い・悪い食事

アレルギー性鼻炎は、食事に気をつけなければなりません。あなたが普通に食べているメニューが、悪い食事だとさらに悪化してしまいます。アレルギー性鼻炎に良い・悪い食事を紹介しましょう。

1-1.タンパク質を適切に摂る

1-1-1 タンパク質の摂りすぎはアレルギーの原因に

タンパク質は誰もが知る重要な栄養素の一つで、これが無くては身体の肉は作られません。タンパク質は体に入ると最終的に腸でアミノ酸に分解され吸収されます。でも、食べ過ぎると分解されずに腸から吸収されます。そうなると通常とは違うため物質のため、異物と見なされてアレルギー反応が起こります。

日本人の1日あたりのタンパク質の摂取量ですが、平均では約30%過剰に摂っていると報告されています。特に肉などの動物性タンパクの摂りすぎが目立っていて、元々農耕民族であった日本人は動物性タンパクはあまり吸収されず、その過剰がアレルギーの原因となると言われています。

アレルギー性の病気が増え始めた時期と、この動物性タンパクの摂取が急激に増えた時期とは一致しています。

1-1-2 タンパク質の「質」を大事にする

では、どのような量をどれだけ摂ればいいのでしょうか? 実はタンパク質の専門家は、先進国でも「タンパク質が足りている人はいない」といいます。

どういうことかというと、タンパク質をつくる 「アミノ酸」 の内、体内で合成できない(食べ物から取るしかない)「必須アミノ酸」 が適切に摂れていないのです。

タンパク質は、いろいろな食材からバランス良く取ることが必要で、人間が必要とするアミノ酸をすべてバランス良く含んでいる100点の食材は、卵 と 「しじみ」だけです。

サンマやイワシ、鶏肉などでは、90点くらいです。ほかは、点数が低いと考えて、バランス良く食べるようにしてください。

タンパクは、魚、海藻類、納豆、味噌など、アトピー抑制効果を持つ食品を中心に上上手に取食べてくださいね。

アトピー・喘息・花粉症などアレルギー性疾患を治すための、タンパク摂取で気をつけることは

  • タンパク質を取りすぎない
  • 動物性タンパクを減らす (特に肉)
  • いろいろな食材からバランス良く取るようにする
  • メチオニンを含む食材をきちんと食べる

 このことが重要です。

1-2.アレルギー性鼻炎に良い食事

アレルギー性鼻炎に良い食事は、「栄養バランスが整っている食事」です。5大栄養素であるビタミン・ミネラル・炭水化物・脂質・糖質は、バランス良く摂取しなければなりません。栄養バランスが整っている食事は、免疫力や基礎代謝を高めてくれます。ウイルスや菌がやってきても、感染を未然に防げるでしょう。

毎日、栄養バランスの良い食事をとっているか、改めて自分の食生活を見直してみてください。また、アレルギー性鼻炎に効果的な食べ物もたくさんあります。ねぎ・しそ・しょうが・青魚・ヨーグルト・トマト・納豆はおすすめですよ。炎症を抑制する、活性酸素を排出する、腸内環境を整えてくれる成分がたくさん入っています。

1-3.アレルギー性鼻炎に悪い食事

コンビニ弁当やファストフードなどは、非常にカロリーが高いです。カロリーが高すぎる食事ばかりしていると、アレルギー性鼻炎が悪化します。仕事で忙しい毎日を送っていると、自炊する機会が少なくなるでしょう。毎日コンビニ弁当、レトルト食品になると、食生活が荒れてしまうので注意してください。忙しい毎日でも、できるだけ自炊を心がけましょう。

また、刺激物やアルコール類もNGです。唐辛子やこしょう、わさび、からしなどが大量に入っている刺激物は、鼻がつまりやすくなってしまいます。アルコール類は、アセトアルデヒドと呼ばれる成分が鼻水、くしゃみを起こしてしまうのです。飲み会が続いたとしても、アルコールの量は少なめにしてくださいね。

2.食生活の注意点

2-1.体を冷やさない

アレルギー性鼻炎の食生活は、「冷え」に注意しなければなりません。暑い日が続く夏場は、冷たい飲み物や食べ物、アイスなどをたくさん食べてしまいますよね。体が熱い分、冷たいものを飲み食いしても大丈夫と思うでしょう。しかし、体は冷えるものです。体の冷えとアレルギー性鼻炎は、深いかかわりをもっています。体が冷えてしまうと、自律神経が乱れるでしょう。

自律神経が乱れると、アレルギー反応が起こりやすくなるのです。ほんの少しでもアレルギーに触れると、反応を起こしてしまいます。そのため、できるだけ体を冷やさないようにしてください。冷えた飲み物ではなく、「常温」か「白湯(さゆ)」がおすすめです。冷え性をもっている人は、冷え性を改善しましょう。

2-2.食生活だけでなく、生活習慣も見直す

食生活の改善はとても大切なポイントです。しかし、食生活だけではなかなか体質が改善できません。アレルギー性鼻炎は、過剰なストレスや不規則な生活習慣も原因になっています。

そのため、規則正しい生活習慣に改善していかなければなりません。睡眠不足は、免疫力の低下につながります。人間は1日最低7時間は睡眠をとらなければならないのです。

睡眠不足が続いている人は、気をつけてください。できるだけたくさん睡眠をとっていきましょう。睡眠不足は、食事から十分な栄養が吸収できなくなってしまいます。生活習慣が不規則なのに、栄養バランスが整った食事をとっても意味がありません。規則正しい生活を送るからこそ、食事から栄養が摂取できるのです。土台となる基礎をしっかりすることを、覚えておいてくださいね。

3.食生活のポイント

3-1.継続がアレルギー性鼻炎の改善につながる

アレルギー性鼻炎を解消するための食事は、「継続」することが大切なポイントです。毎日、栄養バランスが整った食事を摂取することで、体内に必要な成分が補充できます。3日坊主になる、ファストフードやアルコールを過剰摂取するなど、途中でバランスの悪い食生活になると、今までの努力が台無しです。

毎日続けるからこそ、体質改善の準備ができます。先ほど説明したアレルギー性鼻炎に良い食事を参考にして、日々の食生活を改善してくださいね。そして、毎日栄養バランスの良い食事を続けていきましょう。

3-2.栄養不足になりがちな日は「サプリメント」を

毎日、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。しかし、ときと場合によっては、なかなか成分が摂取できない日もあるでしょう。成分が十分に摂取できなかったときは、「サプリメント」を利用してください。

サプリメントにも、たくさんの種類が登場しています。アレルギー性鼻炎に効果的な成分のサプリメントがおすすめです。ビタミンCや食物繊維、DHA・EPAといったサプリメントを選びましょう。特に、ビタミンCはアレルギー性鼻炎に効果的です。サプリメントなら、必要な成分を十分に摂取できます。「今日は栄養がとれなかったな…」と思うときは、ぜひサプリメントを利用してくださいね。ただし、サプリメントによって1日の摂取量が決まっています。

たくさん摂取した方が効果的と思いますが、過剰な摂取は逆効果ですよ。正しい量を守り、サプリメントを摂取してくださいね。

4.まとめ

アレルギー性鼻炎に良い食事・悪い食事、食生活の注意点やポイントについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。アレルギー性鼻炎になっている人は、体質を改善しなければなりません。体質改善のために、自分の食生活を見直してください。悪い食事と良い食事を把握し、地道に栄養バランスが整った食事を続けていきましょう。そうすれば、自然とアレルギー反応がなくなります。

  • 栄養バランスが整った食生活を心がける
  • コンビニ弁当、ファストフード、レトルト食品、刺激物、アルコール類はNG
  • タンパク質の摂りすぎに注意
  • タンパク質の「質」を大事にする
  • 体を極力冷やさない
  • 食生活だけでなく、生活習慣も見直す
  • 継続することがアレルギー性鼻炎の改善につながる

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてほしいです。食生活や生活習慣を見直し、少しずつ変えていきましょう。