いびきを防止する対策は何をしたらいいの? 病院を受診した方がよい?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「最近、あなたのいびきがひどくて夜眠れない」と家族に指摘されて、おどろいた経験がある人はいませんか? いびきは眠っているときにかくために、「指摘されてもどうやって直したらよいかわからない」と悩んでいる人もいるでしょう。そこで、今回はいびきを防止するための対策法をご紹介します。いびきを防止するグッズはたくさん出ていますが、原因によっては病院で治療が必要ないびきもあるのです。

いびきがうるさいと家族に指摘されて悩んでいる方は、ぜひこの記事をいびき防止対策の参考にしてください。

  1. いびきの原因とは?
  2. 治療が必要ないびきと放っておいてもよいいびきとは?
  3. いびき防止の対策法とは?
  4. いびきを改善したい場合は何科を受診するべき?
  5. おわりに

1.いびきの原因とは?

まず始めに、いびきの原因についてご説明します。いびきをかく人とかかない人がいるのは、なぜでしょうか?

1-1.いびき発生のメカニズム

いびきは、上気道や鼻腔(びくう)に空気が通るときに、粘膜が振動して発生します。上気道はもともと狭いのですが、何らかの原因でさらに狭くなってしまうと空気が通る際に振動音が発生しやすくなるのです。狭いトンネルなどを風が強く吹き抜けるとき、笛のような音がすることがありますね。あれと同じ原理です。

また、睡眠中は筋肉がゆるむため、より上気道が狭くなります。これが、睡眠中にだけいびきは発症する理由です。

1-2.いびきをかきやすい人とは?

しかし、睡眠中にいびきをかく人とかかない人がいるのはなぜでしょう? 実は、以下のような方はいびきをかきやすいのです。

  • 太っている人
  • 口呼吸の人
  • 鼻炎など鼻が常時つまっている人

これに当てはまる方は、今はいびきをかいていなくてもこれからかくようになる可能性もあるでしょう。

1-3.こんな場合もいびきをかきやすい

前述したように、いびきは上気道が狭くなったときにかきやすいです。ですから、疲労がたまって熟睡しているときや、飲酒をして眠っているときも筋肉が弛緩(しかん)していびきをかきやすくなります。このようないびきは、一時的なもので問題ありません。熟睡している間は小さな子どもでも大きないびきをかくこともあります。ただし、特に心当たりがないのに睡眠中、いきなり大いびきをかきだした場合は脳出血など病気の可能性があるのです。

2.治療が必要ないびきと放っておいてもよいいびきとは?

いびきには放っておいてもよいいびきと治療が必要やいびきの2種類があります。前の項でご紹介した疲労やアルコールが原因のいびきは、一時的なものなので放っておいても構わないでしょう。しかし、疲労が慢性化すると毎日のようにいびきをかくようになるかもしれません。

仕事などが忙しくなったと同時にいびきをかくようになった場合は、早寝を心がけるなど生活習慣を改善しましょう。治療の必要があるいびきとは、睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどの病気の症状としていびきが出る場合です。

また、鼻づまりが原因でいびきをかく場合も、治療をした方がよいでしょう。さらに、まれなケースですが歯並びが悪くていびきをかく人もいます。このような場合も治療した方が、日常生活もより快適に送れるようになるでしょう。しかし、鼻づまりや歯並びはわかりやすいですが、睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーは自覚がない人も多いと思います。

この2つに共通する症状として、唐突(とうとつ)におこる激しい眠気があるのです。この眠気に襲われると、たとえ自動車の運転など「絶対に眠ってはいけない場面」でも耐えられません。
たっぷり睡眠をとっても眠気に襲われることもあります。「日中何度も耐えきれない眠気に襲われる」という方は、病院を受診しましょう。

3.いびき防止の対策法とは?

では、病院で治療を受ける以外にはどのようないびき防止の方法があるのでしょうか? この項では、いびきを防止する対策の方法をご紹介します。

3-1.横向きに寝る

あお向けに寝ると、余計に上気道が狭(せば)まりやすくなります。疲れているときや飲酒したときにいびきをかく人は、横向きに寝てみましょう。それだけでもいびきをかきにくくなります。

一つの方法としてはパンティストッキングなどの中にテニスボールなどを入れて、その両端を結びます。そのテニスボールが背中の真ん中に当たるように体にくくると、仰向けでは痛いために横向けに寝るようになります。

3-2.まくらを換える

まくらが高すぎると、寝たときに気道が折れ曲がって狭くなるケースがあります。ですから、「横向きに寝てもいびきをかく」という場合は、まくらを換えてみましょう。まくらを換えるといびきが改善したというケースも多いです。今は、まくらのアドバイザーが配置されている寝具店もあります。小さな子どものいびきも、まくらを改善すれば収まるケースがあるのです。

3-3.ダイエットする

太るほどいびきをかきやすくなります。肥満が進むと上気道にまで脂肪がつくため、余計に気道が狭(せば)まるのです。また、いびきだけでなく内臓やひざなどの関節にも影響が出てくるでしょう。「太るにつれていびきをかくようになった」という場合は、ダイエットを心がけてください。

3-4.市販のいびき防止グッズを使う

病気が原因でないいびきの場合は、市販のいびき防止グッズを使ってみましょう。いろいろな種類がありますから、いくつか試してみて自分に合ったものを見つけてください。鼻がつまっている人は、寝る前に鼻うがいをしても効果的です。

4.いびきを改善したい場合は何科を受診するべき?

いびきは鼻腔や咽頭(いんとう)、つまり鼻やのどの問題です。鼻づまりが原因で発生する場合もあるでしょう。ですから、まずは耳鼻咽喉科を受診してください。

睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどは耳鼻咽喉科を受診後、治療を行っている病院を紹介されたりします。耳鼻咽喉科を受診する際は、どのくらいの頻度でいびきをかくかということやいつからいびきをかきはじめたのかということを調べておくと、医師とのやり取りがスムーズに行くでしょう。いびき以外の症状がある方はそれを医師に伝えることを忘れずに。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、いびきを防止する対策法をご紹介しました。
まとめると

  • いびきにはいろいろな原因がある。
  • いびきには治療が必要なものもある。
  • いびきの改善には時間がかかる場合もある。
  • まずは耳鼻咽喉科を受診していびきの原因を突き止めよう。

ということです。いびきをかく人は多いので、いびきで悩んでいると告げても「それくらいのことで」と思われてしまうことも多いでしょう。しかし、だからといって何も対策を立てなければ家族に迷惑をかけ続けてしまいます。また、睡眠時無呼吸症候群を発症している場合は、早急に治療を受けなければ事故などを起こす可能性もあるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群を治療している病院も増えてきていますので、できるだけ早めに治療を受けてください。また、口蓋垂(いわゆるのどちんこ)などが肥大していびきをかく人は医師から手術を勧められることもあるでしょう。この場合は、簡単な手術をするだけでいびきが改善するケースも多いです。