喘息になってしまう原因は? 知っておきたい喘息のあれこれ!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

喘息(ぜんそく)というと小児喘息を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、最近は大人で発症するケースも多くなってきており、子供も大人も等しく気をつけなければいけない病気となってきています。

喘息による死者は年間2,000人。この数が多いと見るか少ないと見るかは人によると思いますが、少なくとも死のリスクがある非常におそろしい病気だということは理解できるかと思います。ですから、喘息にならないように、そしてなった後に適切な処置をすることが重要なのです。

そこで、今回は喘息の原因や対処法など、喘息の基礎的な情報についてご紹介していきます。ぜひ、最後までお付き合いください。

  1.  喘息ってどんな病気?
  2. 喘息の主な原因とは?
  3. 喘息にならないために気をつけること
  4. 喘息の発作が起きたときの対処法とは?

1.喘息ってどんな病気?

喘息とはアレルギーや気道の過敏性が原因で気道の慢性炎症が起こる疾患であり、正常な人であると、気道に炎症が起きていないため空気が通りやすくなっているのが、喘息患者では気道に炎症が起きており、すでに気道が狭くなっています。
そのため、喘息患者の気道は刺激を受けやすい状態となっていて、ここに、アレルギー物質やストレス、タバコなどの刺激が加わると、気道がさらに狭くなります。

これによって呼吸時の喘鳴(ぜんめい)、咳(せき)、息切れ、息苦しさ(呼吸困難)などが起こります。喘鳴というのは、呼吸のときに気道がヒューヒュー、ゼーゼーとなる症状のことです。喘息の最も有名な症状ですが、人によっては喘鳴がなく、咳だけが続くこともあります。

12