喘息になってしまう原因は? 知っておきたい喘息のあれこれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

喘息(ぜんそく)というと小児喘息を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、最近は大人で発症するケースも多くなってきており、子供も大人も等しく気をつけなければいけない病気となってきています。

喘息による死者は年間2,000人。この数が多いと見るか少ないと見るかは人によると思いますが、少なくとも死のリスクがある非常におそろしい病気だということは理解できるかと思います。ですから、喘息にならないように、そしてなった後に適切な処置をすることが重要なのです。

そこで、今回は喘息の原因や対処法など、喘息の基礎的な情報についてご紹介していきます。ぜひ、最後までお付き合いください。

目次

  1.  喘息ってどんな病気?
  2. 喘息の主な原因とは?
  3. 喘息にならないために気をつけること
  4. 喘息の発作が起きたときの対処法とは?
  5. 病院を選ぶ際には『専門医』がいるか確認しよう!

1.喘息ってどんな病気?

喘息とは気道が炎症によって狭くなる病気です。代表的な症状としては、呼吸時の喘鳴(ぜんめい)、咳(せき)、息切れ、息苦しさ(呼吸困難)などがあります。

喘鳴というのは、呼吸のときに気道がヒューヒュー、ゼーゼーとなる症状のことです。喘息の最も有名な症状ですが、人によっては喘鳴がなく、咳だけが続くこともあります。

2.喘息の主な原因とは?

喘息は主に二つの種類に分かれます。

ダニやホコリといったアレルゲンに反応して起こる『アトピー型喘息』と、アレルギー以外の原因によって引き起こされる『非アトピー型喘息』です。

では、それぞれの原因となるものにはどのようなものがあるのでしょうか。

(アトピー型喘息)

  • ハウスダスト(ホコリ、ダニなど)
  • ペット
  • 花粉
  • 食べ物

(非アトピー型喘息)

  • 運動
  • たばこ
  • 過労・ストレス
  • 風邪などの感染症
  • 大気汚染
  • 天候・気温の変化
  • 香水などの匂い

3.喘息にならないために気をつけること

喘息になった気道は炎症により非常に過敏になっており、ちょっとした刺激に反応が起こります。

3-1.原因となるものなるべく排除する!

喘息の発病や発作の発症を予防するには、何よりも原因となるものを排除することが重要です。部屋をこまめに掃除するのは基本として、たばこは吸わない、香水はつけない、などできるだけ原因を排除しましょう。

3-2.咳喘息(せきぜんそく)に注意する!

咳喘息は慢性的に咳が続く気管支の病気です。咳が8週間以上続く場合は咳喘息のおそれがあります。

咳喘息は名前から分かるとおり喘息とよく似た病気ですが、喘鳴や呼吸困難などがないなど、喘息よりも軽度の症状しか出ません。

しかし、だからといって甘く見るのは止めましょう。放置していると喘息に移行しまうおそれがあるからです。大人の3~4割ほど、子供では5割以上の高確率で喘息に移行するといわれています。

3-3.肥満にならないようにする!

肥満と喘息。一見関係がなさそうに見えますが、近年の研究で肥満の人は喘息になりやすいことが判明しています。

体の中にアレルギー物質などの異物が入ると、免疫の働きによってさまざまな抗体がつくられることは皆さんもご存じでしょう。ちなみに、ワクチンはこの原理を利用したものです。

このとき、肥満細胞の表面にはIgE抗体というものが生成されます。このIgE抗体はヒスタミンなどの物質を放出し、気管の収縮や炎症を起こしたりするのです。結果、咳や喘鳴、呼吸困難などが起こりやすくなります。

また、肥満遺伝子と喘息の関係についても研究が行われており、相互作用がある可能性も示唆されているそうです。

4.喘息の発作が起きたときにはどうすれば良いの?

4-1.自宅でできる対処法

  1. 心拍数と呼吸は密接な関係があります。発作が起きたときは心拍数を上げないために、慌てず冷静になりましょう。
  2. 発作のときは横になるより、座って前かがみの姿勢をとると楽になります。この状態でゆっくりと腹式呼吸をしましょう。息を大きく吸って口をすぼめ、ゆっくりと息を吐いてください。
  3. 気分が落ち着いてきたら、今度は水分をとるように心がけましょう。水分をとると痰(たん)を出しやすくなります。少しずつでいいので、何度も繰り返して飲むと良いでしょう。
  4. 水を飲んだら、痰を出せるように咳を促しましょう。咳が出ているときに背中を下から上にトントンとたたいてもらうと痰が出やすくなります。

4-2.発作時に使うべき薬とは?

喘息の発作が起きたら、効果がすぐに出る発作治療薬を使って発作を鎮めることが最優先となります。喘息の発作治療薬としてよく用いられるものには以下のような薬がありますので、ぜひ覚えておきましょう。

(短時間作用性吸入β2刺激薬)

喘息の発作時にすぐに呼吸を楽にしてくれる吸入薬。気管支を広げる作用が強く、速効性があります。噴霧式の器具の場合は吸入補助器具(スペーサー)を使うと、そのまま吸入するより効果が高くなるので使いましょう。

呼吸が楽にならないようなら20分おきに吸入してください。3回吸入しても呼吸困難が治らなければ病院・診療所を受診しましょう。

(テオフィリン薬)

気管支を広げる働きと、炎症を抑える働きの両方を持つ薬。ゆっくり効く徐放薬(じょほうやく)が予防薬として用いられていますが、すぐに効くタイプの内服薬もあり、発作治療薬としても使用されます。発作で病院では注射薬が使われることがあるようです。

(経口ステロイド薬)

β2刺激薬ほど速効性はありませんが、炎症の悪化を防ぎ、発作を鎮静する効果があります。β2刺激薬などを用いても発作がおさまらない場合や、それほど発作がひどくない場合に使用しましょう。

(抗コリン薬)

アセチルコリンという気管支を収縮させる物質の働きを抑え、気道を広げる吸入薬です。短時間作用性β2刺激薬と一緒に使われることがあります。

5.病院を選ぶ際には『専門医』がいるか確認しよう!

5-1.専門医とは ?

日本では医師国家試験に合格した医師は自由に専門科目を選ぶことができますが、『専門医』と名乗るためには日本専門医認定制度にもとづいた認定を受けなければいけません。ただ単に喘息を専門としているからといって、専門医と名乗ることはできないのです。

専門医になるには専門医認定制協議会において5年間以上の専門研修を受け、資格審査ならびに試験に合格しなければいけません。

5-2.どうやって専門医かどうか調べるの? 

個人の病院では専門医であることを広報していることが多いですが、大きな病院ではあまり専門医の表記を見かけないと思います。 これは患者が、普通の医師と専門医の区別を過剰に意識しないように配慮しているからです。では、表記がされておらず専門医かどうか分からない場合には、各専門科目の学会HPで告知されていますので確認してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は喘息にまつわるお話をさせていただきました。

  1.  喘息ってどんな病気?
  2. 喘息の主な原因とは?
  3. 喘息にならないために気をつけること
  4. 喘息の発作が起きたときの対処法とは?
  5. 病院を選ぶ際には『専門医』がいるか確認しよう!

喘息の疑いがある場合や、発作が起こったら、まずはかかりつけの医師の元に向かい判断を仰ぎましょう。かかりつけの医師がいない場合は『呼吸器科』のある最寄りの病院を受診してください。

もし、病気や薬の説明があやふやに感じた場合や、指示を守っているにもかかわらず一向に症状が改善しない場合は念のためにセカンドオピニオンを行いましょう。

セカンドオピニオンとは、直訳すると『第2の意見』となります。その名前のとおり違う医療機関の医師に症状に関する『第2の意見』を求めることです。

喘息は長く付き合う病気。症例に詳しいだけではなく、根気があり向上心のある医者を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加