耳垢栓塞とはどのような症状? 原因や治療法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

耳垢栓塞(じこうせんそく)とは、耳垢で耳の穴が塞がってしまった状態です。耳が聞こえにくくなることはもちろんのこと、耳の詰まり感などが起こることもあります。耳を長年掃除していなかった人ばかりでなく、こまめに掃除をする方でも耳垢栓塞になることもあるのです。

そこで、今回は耳垢栓塞の原因や症状・治療方法をご紹介します。

  1. 耳垢栓塞の基礎知識
  2. 耳垢栓塞の治療方法
  3. 耳垢栓塞の予防方法
  4. 耳垢栓塞に関するよくある質問

この記事を読めば、耳垢栓塞の正しい治療方法や予防方法も分かるでしょう。耳垢栓塞について詳しく知りたい方や、子どもの耳掃除が苦手という方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.耳垢栓塞の基礎知識

はじめに、耳垢栓塞とはどのような状態かということをご説明します。耳垢がどのような状態になっているのでしょうか?

1-1.耳垢栓塞とは

耳垢栓塞とは、文字どおり耳垢で耳の穴が塞がれている状態のことです。耳が聞こえにくいなどの症状が現れることもありますが、全く自覚症状がない場合もあります。人によっては耳鳴りが鳴りやまずに耳鼻咽喉科を受診し、耳垢栓塞と診断されたケースもあるのです。

1-2.耳垢栓塞の原因とは

耳垢栓塞(じこうそくせん)は、耳垢が鼓膜を塞いでしまうことによって発症します。耳掃除を長期間行わなかった人はもちろんのこと、頻繁に耳掃除をしていても耳垢栓塞になる可能性もある症状です。耳垢は、耳の入り口から鼓膜までの外耳にできるものですが、耳掃除のやり方が悪いと耳垢を奥へ奥へと押しこんでしまいます。その結果、耳垢栓塞になることもあるのです。また、プールや海で水に潜った際、外耳に入った水を吸って耳垢が膨らんで耳垢栓塞になるケースもあります。

1-3.耳垢栓塞になりやすい人とは?

耳垢栓塞は年齢や性別に関わりなく起こる症状ですが、乾いた耳垢よりも湿った耳垢の持ち主の方が起こりやすい傾向があります。湿った耳垢は耳掃除をしてもなかなか取れず、外耳の壁に張り付きやすくもあるのです。また、子どもは大人よりも外耳が細いので、耳垢栓塞になりやすいでしょう。

1-4.耳垢栓塞を放置しておくとどうなるのか?

耳垢栓塞を放置しておくと、耳はどんどん聞こえづらくなります。全く聞こえなくなることはありませんが、耳の遠い高齢者のような状態になるでしょう。また、耳垢が原因で外耳が炎症を起こすこともあるでしょう。

12