耳垢栓塞とはどのような症状? 原因や治療法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

耳垢栓塞(じこうせんそく)とは、耳垢で耳の穴が塞がってしまった状態です。耳が聞こえにくくなることはもちろんのこと、耳の詰まり感などが起こることもあります。耳を長年掃除していなかった人ばかりでなく、こまめに掃除をする方でも耳垢栓塞になることもあるのです。

そこで、今回は耳垢栓塞の原因や症状・治療方法をご紹介します。

  1. 耳垢栓塞の基礎知識
  2. 耳垢栓塞の治療方法
  3. 耳垢栓塞の予防方法
  4. 耳垢栓塞に関するよくある質問

この記事を読めば、耳垢栓塞の正しい治療方法や予防方法も分かるでしょう。耳垢栓塞について詳しく知りたい方や、子どもの耳掃除が苦手という方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.耳垢栓塞の基礎知識

はじめに、耳垢栓塞とはどのような状態かということをご説明します。耳垢がどのような状態になっているのでしょうか?

1-1.耳垢栓塞とは

耳垢栓塞とは、文字どおり耳垢で耳の穴が塞がれている状態のことです。耳が聞こえにくいなどの症状が現れることもありますが、全く自覚症状がない場合もあります。人によっては耳鳴りが鳴りやまずに耳鼻咽喉科を受診し、耳垢栓塞と診断されたケースもあるのです。

1-2.耳垢栓塞の原因とは

耳垢栓塞(じこうそくせん)は、耳垢が鼓膜を塞いでしまうことによって発症します。耳掃除を長期間行わなかった人はもちろんのこと、頻繁に耳掃除をしていても耳垢栓塞になる可能性もある症状です。耳垢は、耳の入り口から鼓膜までの外耳にできるものですが、耳掃除のやり方が悪いと耳垢を奥へ奥へと押しこんでしまいます。その結果、耳垢栓塞になることもあるのです。また、プールや海で水に潜った際、外耳に入った水を吸って耳垢が膨らんで耳垢栓塞になるケースもあります。

1-3.耳垢栓塞になりやすい人とは?

耳垢栓塞は年齢や性別に関わりなく起こる症状ですが、乾いた耳垢よりも湿った耳垢の持ち主の方が起こりやすい傾向があります。湿った耳垢は耳掃除をしてもなかなか取れず、外耳の壁に張り付きやすくもあるのです。また、子どもは大人よりも外耳が細いので、耳垢栓塞になりやすいでしょう。

1-4.耳垢栓塞を放置しておくとどうなるのか?

耳垢栓塞を放置しておくと、耳はどんどん聞こえづらくなります。全く聞こえなくなることはありませんが、耳の遠い高齢者のような状態になるでしょう。また、耳垢が原因で外耳が炎症を起こすこともあるでしょう。

2.耳垢栓塞の治療方法

この項では、耳垢栓塞の治療方法をご紹介します。何科を受診すればよいのでしょうか?

2-1.耳垢栓塞かな? と思ったら

耳がつまったような感じがしたり、テレビの音などが聞こえづらくなったりした場合は、耳垢栓塞(じこうせんそく)の可能性があります。耳鼻咽喉科や耳鼻科を受診してください。子どもの場合は、耳の穴をのぞいたら大きな耳垢を見つけたということもあるでしょう。この場合、無理に耳垢を取ろうとしてはいけません。耳垢が耳の奥で固まっている場合は、無理やりはがそうとすると外耳を傷つける恐れがあります。耳鼻咽喉科で取ってもらいましょう。耳垢栓塞の場合は、耳の中を診ればすぐに分かります。

2-2.耳垢栓塞の治療方法

耳垢栓塞は、固まった耳垢を取れば治療が終わります。しかし、耳垢が耳の中で固まってしまっている場合は、一度耳垢を薬で柔らかくしてから取ることもあるでしょう。その場合は、2~3日後に再来院して耳垢を取ります。その間、医師の指示通りに薬を点耳していきましょう。

耳垢がそのまま取れそうな場合は、ピンセットや吸引機で取って治療は終了です。まれに耳垢を取るとめまいを感じる方がいますが、その場合は医師に伝えてしばらく休んでから帰りましょう。

2-3.耳垢栓塞と紛らわしい病気

耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りやめまいがする病気には、突発性難聴やメニエール症などがあります。耳垢栓塞かと思って病院を受診したら思わぬ病気が見つかったというケースもあるのです。ですから、耳が聞こえにくくなった場合は可能な限り早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

3.耳垢栓塞の予防方法

この項では、耳垢栓塞の予防方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.耳掃除の方法

耳垢は、元々自然と耳の外へ排出されるようにできています。ですから、頻繁に耳掃除をする必要はありません。2週間~1か月に1度で十分です。耳掃除をする際、いきなり奥の方へ綿棒や耳かきを入れるのではなく、入り口から1cm~1.5cmのところまで綿棒を差し入れ、そっと耳の壁に押し当てて耳垢をかきだしましょう。そうすれば、耳垢を奥へ押しこむことはありません。

3-2.子どもの耳掃除

子どもや赤ちゃんの耳は細いので、耳掃除がうまくいかないという方も多いでしょう。また、耳掃除をしても取りきれないこともあります。この場合は、定期的に耳鼻咽喉科へ通って耳垢を取ってもらいましょう。耳垢を取りに耳鼻咽喉科へ通っても迷惑ではありません。むしろ、推奨している病院もたくさんあります。

また、綿棒ではなくピンセットで子どもの耳垢を取る方もいますが、先がとがっているので外耳を傷つける可能性があるのです。先が丸くなったピンセットも販売されていますので、そのような製品を使いましょう。

3-3.高齢者も定期的に耳鼻咽喉科へ通おう

高齢になると耳の聞こえも悪くなっていきます。ですから、耳垢栓塞(じこうせんそく)になっても気がつかない方も珍しくありません。また、介護を受けている方は耳掃除にまで手が回らないということもあるでしょう。ですから、高齢者の耳垢栓塞患者はたくさんいます。高齢者も子どもと同じように定期的に耳鼻咽喉科で耳垢を取ってもらいましょう。

4.耳垢栓塞に関するよくある質問

Q.さらさらした乾いた耳垢は、耳垢栓塞になりにくいのでしょうか?
A.乾いた細かい耳垢の場合は、かえって耳掃除がしにくいこともあります。乾いた耳垢の方は、お風呂上りの適度に湿り気がある状態の時に耳掃除をするとよいですね。

Q.赤ちゃんの耳掃除はどのくらいの間隔で行えばよいでしょうか?
A.赤ちゃんの耳掃除も2週間に1度くらいで十分です。

Q.耳の穴にオリーブオイルをたらすと耳垢が取れやすいと聞きました。
A.薬以外のものを不用意に耳の中に入れないようにしましょう。炎症の原因になります。

Q.耳垢を深追いしたら血が出てきてしまいました。どうしましょう?
A.外耳の傷は炎症を引き起こすことがあります。耳鼻咽喉科で治療を受けてください。

Q.耳掃除屋さんを利用してみたいのですが?
A.街中の耳掃除屋さんはリラクゼーションが目的です。耳垢を取りたい場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は耳垢栓塞の症状や原因・治療方法をご紹介しました。耳垢栓塞はかなり耳垢が詰まってしまってから気づくケースもあります。この場合は耳垢を取るまでに2~3日かかるでしょう。ですから、少しでも耳の異常を感じた場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診してください。早めに受診をすれば治療が長引かずにすみます。