赤ちゃんの鼻水や咳は放っておいても大丈夫? 病院に行く目安は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

赤ちゃんが咳をしたり鼻水を出したりすると、心配になるお母さんは多いことでしょう。また、咳や鼻水くらいで病院を受診してよいかどうか悩む方もたくさんいると思います。赤ちゃんは大人よりもか弱い存在なので、ちょっとした風邪でも症状が重篤化することもあるでしょう。さらに、鼻水の状態によっては中耳炎のような他の病気を発症しやすくなることもあります。

そこで、今回は赤ちゃんの鼻水や咳が出る原因や対処方法・病院へ行く目安などをご紹介しましょう。

  1. 赤ちゃんの鼻水や咳の基礎知識
  2. 赤ちゃんが鼻水を出した場合の対処方法
  3. 病院を受診する目安や鼻水・咳の治療
  4. 赤ちゃんの鼻水や咳についてのよくある質問

鼻水や咳が出る原因が分かれば、いざという時もすぐに対処できます。赤ちゃんの鼻水や咳が気になるという方や病院を受診する目安が知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.赤ちゃんの鼻水や咳の基礎知識

はじめに、赤ちゃんが鼻水や咳を出す原因や注意点をご紹介します。病気を含めて、どのような原因があるのでしょうか?

1-1.鼻水や咳の役割

鼻水や咳は、体の防御反応です。鼻の中や気道にホコリなどの空気中の異物やウィルス・細菌などが入った場合、それを体外へ排出しようとして、鼻水や咳がでます。また、母乳やミルク、冷たい空気などが鼻の中や気道に入ったときも咳や鼻水が出るのです。赤ちゃんの場合は、大人よりも粘膜が弱く敏感なため、ちょっとした気温の変化や空気の汚れなどでも咳や鼻水が出ます。

1-2.病気が原因の咳や鼻水と体の防御反応との違い

風邪をはじめとする病気を発症すると鼻水や咳が出やすくなるのは、体内に繁殖したウィルスや細菌・さらにそれらと戦った白血球の死骸などを体外に排出するためです。この場合に出る鼻水は粘度が増し、黄色っぽくなります。咳には痰がからむことが多いでしょう。また、ハウスダストなどが原因でアレルギー性鼻炎を発症しても、鼻水が大量に出ます。この場合は細菌感染ではありませんから、水のような鼻水が大量に出るのです。どちらも適切な治療を受けないと鼻水や咳が長引くでしょう。

一方、気温の変化や空気の乾燥・空気中の異物を吸い込んだ場合など、体が防御反応で咳や鼻水を出す場合は、しばらくすれば止まり、長引くことはありません。

1-3.赤ちゃんの咳や鼻水が長引く理由

風邪などで咳や鼻水が出るようになると、それが原因で他の病気に移行することがあります。代表的なものは

  • 副鼻腔炎
  • 中耳炎
  • 肺炎
  • 気管支炎

などです。副鼻腔炎や中耳炎は鼻水が原因で発症することが多く、肺炎や気管支炎は細菌やウィルスが肺や気管で炎症を起こすことによって発症します。風邪からこれらの病気に移行することも珍しくありません。

1-4.体の防御反応でも注意は必要

気温の変化や空気の乾燥などで咳や鼻水が出た場合も、注意が必要です。咳や鼻水が出るということは、赤ちゃんのとって好ましくない環境であるというサイン。温度や湿度を確認するなどして赤ちゃんにとって快適な環境を作ってあげましょう。また、掃除をこまめにして空気が汚れないようにしておくことも大切です。

1-5.鼻水由来の肌荒れに注意

赤ちゃんの肌は大人のものより薄いため、ちょっとしたことで肌荒れを起こしやすいのです。ですから、鼻水が大量に出ると鼻の下を中心に肌荒れを起こしやすくなります。どのような状態の鼻水でも肌荒れは起こるため、早めに耳鼻咽喉科を受診して鼻水の治療を受けさせることが大切です。

12