カテゴリー:喉の健康について

朝起きると喉が痛い原因と対処法は? 悪化して病気になる可能性も!

「寝る前は平気だったのに、朝起きたら喉が痛い」そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。毎朝このような症状が続くと憂鬱ですよね。ここでは、朝起きると喉が痛い原因とすぐにできる対処法をご紹介します。これで喉の痛みから解放されるかもしれません。さらに、痛みが続いた場合に考えられる病気についてもお話ししますので、病院での受診を迷われている方はどうぞ参考にしてください。

  1. 朝に喉が痛む原因は?
  2. 朝に喉が痛む場合の対処法
  3. 病院を受診すべき場合について
  4. 喉の痛みに関するよくある質問
  5. まとめ

原因が分かれば、早めに対処できますね。毎朝の喉の痛みに悩まれている方は、是非この記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

喉が腫れる原因や考えられる病気は?治療方法と共に紹介します。

立春は過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。2月いっぱいは風邪やインフルエンザをはじめとする感染症も猛威を振るうことでしょう。風邪をはじめとする感染症にかかると鼻水や咳といった症状の他、、喉が腫れる方も多いと思います。たいていの喉の腫れはしばらく安静にしていれば治まりますが、中には病院で治療を受けることが必要なケースもあるのです。

そこで今回は、喉が腫れる原因や対処方法をご紹介します。

  1. 喉が腫れる原因とは
  2. 喉の腫れは放置されがち?
  3. 喉の腫れた時の治療方法
  4. 喉の痛みをセルフケアする方法
  5. 喉の腫れに関するよくある質問

喉が腫れる原因や対処法が分かっていれば、喉が腫れた時、すぐに適切な治療を受けることができます。喉がよく腫れて痛みが出るという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

喉の違和感が気になるときの原因と対処法!病気の可能性はあるのか?

「喉の違和感が気になる」というときは、どのような原因が考えられるでしょうか。咳などの症状もあれば、まず疑うのは風邪だと思います。しかし、そのまま放置しておくと危険なケースもあるということを覚えておいてください。喉の違和感は、重い病気が引き起こしている可能性もあるのです。原因によっては早急な治療が必要になることもあるため、自分の症状をしっかりと把握しましょう。この記事では、喉の違和感から考えられる病気や治療方法などをまとめて解説しています。

  1. 喉の違和感、種類や原因は?
  2. 喉の違和感、病気の可能性も?
  3. 喉の違和感をセルフチェック!
  4. 喉の違和感を改善するためのセルフ療法
  5. 喉の違和感を病院で治療しよう!
  6. 喉の違和感に関するよくある質問

この記事を読むことで、違和感の原因が何なのかわかるはずです。どう対処すべきか考え、早めに不快な症状から抜け出しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

咳が止まらないのは病気?とお悩みの方へ!原因や治療7つのポイント

カゼは治ったはずなのに咳が続く、熱はないのに痰がからむ咳が出る…など、長引く咳でお悩みではないですか?乾いた咳や痰のからむ湿った咳なかなか止まらない場合は注意が必要になります。単純なカゼなどではなくほかの病気の可能性もあるのです。そのうち止るだろうと放置していると咳が悪化するだけではなく、無駄に体力も使うので身体も疲れてしまいます。

そこで、咳が止らない状態を改善するためのお役立ち情報をまとめてみました。

  1. そもそも咳とは?
  2. 咳が止まらない…どれくらい続いている?
  3. 痰が出る咳が止まらない~考えられる病気とは~
  4. 乾いた咳が止まらない~考えられる病気とは~
  5. 咳が止まらない~放置するとどうなるの?~
  6. 長引く咳を自分で止める方法
  7. 長引く咳の治療法
  8. よくある質問

これらの記事を読めば、ひとくちに「咳」といっても種類や原因が異なることや対策がおわかりいただけることでしょう。長引く咳とさよならするためにも、どうぞお役立てください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

気管支炎になるとどんな症状が出る?原因や適切な対処法や治療方法は?

咳(せき)が止まらない、喉(のど)に痛みがある…そんな悩みを持っている人は「気管支炎」の可能性があります。気管支炎を放置すると命にかかわるほど危険です。できるだけ、早めに治すためにも気管支炎についての知識を身につけておきましょう。

これから、気管支炎とはどんな病気なのか、主な原因やセルフチェック法、子供の気管支炎、対処法など詳しく説明します。気管支炎について知りたい人、治療したい人はぜひチェックしてください。

  1. 気管支炎とは
  2. 気管支炎のセルフチェック方法
  3. 気管支炎の影響
  4. 子供の気管支炎について
  5. 気管支炎の対処法
  6. 気管支炎の治療方法
  7. 病院の選び方
  8. 気管支炎の予防法
  9. 気管支炎に関するよくある質問

この記事を読むことで気管支炎に関する知識を身につけ、正しい治療を受けることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

喉に刺さった魚の骨を取る方法とは?「放っておくと溶ける」はウソ?

魚の骨が喉に刺さった場合、取る方法を知っていますか? 魚を食べていると骨が喉に刺さってしまい、痛みを感じることがあるでしょう。特に子供の場合は、親も心配になってしまいますよね。小さな骨であれば自然に抜ける場合もあるでしょう。しかし、喉を傷つけるような刺さり方をしている場合は、早めに対処しなければなりません。

「放っておけば骨が溶けてなくなる」ということはあまり期待しない方がよいでしょう。今回は、魚の骨を取る方法や、病院に行った方がよいケースなどについてまとめてみたいと思います。

  1. 魚の骨が喉に刺さるとどうなる?
  2. 喉に刺さった骨の取り方
  3. 病院に行くべきケースとは?
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってる?重曹うがいの効果と注意点…口臭予防やホワイトニング効果も

重曹うがい

「重曹うがい」というものをご存じでしょうか? 料理や掃除で大活躍する重曹。実は口内環境をよくするためにも絶大な効果があったのです。喉のイガイガを予防するためにも、日ごろからうがいをしておくことは大切でしょう。子供の風邪予防にも効果的ですよね。

日常的に行ううがいを「重曹うがい」に変えてみてはいかがでしょうか? 風邪を予防する以外にも、さまざまな効果が期待できますよ。

  • 使用する重曹の種類とは?
  • 重曹水の濃度はどのくらいにすればよいのか?
  • 塩水でのうがいとどう違うのか?

そんな人たちのために、重曹うがいの効果や注意点をまとめてみました。重曹うがいのやり方や重曹水の作り方、危険のない頻度とはどのようなものなのでしょうか?

  1. 重曹うがいの効果
  2. 重曹うがいのやり方
  3. 重曹うがいの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

喉頭炎の原因や症状とは?紛らわしい病気もあるって本当?

2月になり、寒さも一層厳しくなってきました。かぜなどの感染症も流行しています。さて、かぜの症状のひとつに喉の痛みがありますが、それが特に強く出る場合は「喉頭炎」の疑いもあるのです。

そこで、今回は喉頭炎の症状や原因をご紹介します。また、よく似た場所の病気として咽頭炎があるのです。今回はこのふたつの病気の違いについてもご紹介しましょう。さらに、喉頭炎を予防する方法もご紹介します。

かぜをひいたり大声を出したりすると喉が痛くなることが多いという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 喉頭炎とはどんな病気?
  2. 喉頭炎の症状とほかの病気との違いとは?
  3. 喉頭炎の原因とは?
  4. 喉頭炎の治療方法とは?
  5. 喉頭炎を防ぐ方法とは?
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

咽頭炎の症状や原因を知りたい! 治療・予防方法を徹底解説!

寒さが最も厳しい季節になりました。かぜをひかれる方も増えているでしょう。かぜの代表的な症状に喉の痛みがありますが、それは咽頭炎を発症しているからかもしれません。

そこで、今回は咽頭炎の原因と症状をご紹介します。ただのかぜとどこが違うのでしょうか? また、口の奥から喉にかけては、炎症が起きやすい器官が複数あります。ですから、咽頭炎独特の特徴もご紹介しましょう。

口の奥から喉にかけてひんぱんに痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 咽頭炎とは?
  2. 咽頭炎の原因やよく似た病気とは?
  3. 咽頭炎の治療や予防法とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

扁桃炎の症状や原因とは?普通のかぜと何が違うの?

2月になり、寒さが一層厳しい季節になりました。インフルエンザをはじめとする感染症も流行し始めています。そこで、今回は冬に発症が増える病気のひとつ、扁桃炎についてご紹介しましょう。通常のかぜと混同しがちですが、実は全く別の病気です。

今回は原因や症状も一緒にご紹介します。また、扁桃炎にかかったらどのような治療をするのか、ということもご説明しましょう。毎年のように扁桃炎にかかるという方は、ぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 扁桃炎とはどういう病気?
  2. 扁桃炎の種類と症状とは
  3. 扁桃炎の治療とは?
  4. 扁桃炎の予防と再発防止法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加