カテゴリー:鼻の健康について

妊婦は副鼻腔炎を発症しやすい? その原因を対処方法と共に解説

妊娠中は服薬できる薬に限りがあるため、「病気になっても病院へは行かず、安静にして回復を待つ」という妊婦さんは多いことでしょう。しかし、中には安静にしているだけでは治りにくい病気もあります。副鼻腔炎もその1つで、発症すれば鼻づまりや鼻水だけでなく、頭痛や顔面痛などが出ることもあるでしょう。

今回は、妊婦が副鼻腔炎になった場合の対処方法などを紹介します。

  1. 副鼻腔炎とはどのような病気?
  2. 妊婦は副鼻腔炎にかかりやすい?
  3. 副鼻腔炎の予防方法
  4. 妊婦が副鼻腔炎になった場合の治療方法
  5. 妊婦の副鼻腔炎に関するよくある質問

この記事を読めば、副鼻腔炎を予防する方法もよく分かるでしょう。妊娠中の副鼻腔炎に悩んでいる人や、副鼻腔炎を予防する方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻の健康について

鼻づまりや鼻水に悩む人必見! 鼻粘膜焼灼術の方法やメリットを解説

「鼻水、鼻づまりがひどく、薬を飲んでも解消しない」「1年中アレルギー性鼻炎の薬を飲んでいるが、体への影響が不安」と悩んでいる人はいませんか? このような場合、鼻粘膜焼灼術(びねんまくしょうしゃくじゅつ)という手術が効果的なことがあります。この手術を受ければ、鼻づまりや鼻水が大幅に改善できるでしょう。

今回は、鼻粘膜焼灼術の効果や手術方法、手術を受けるべき症状などを紹介します。

  1. 鼻水・鼻づまりが症状として現れる病気は?
  2. 鼻粘膜焼灼術の基礎知識
  3. 鼻粘膜焼灼術の方法
  4. 鼻粘膜焼灼術に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻粘膜手術を受ける目安もよく分かります。ひどい鼻水や鼻づまりに悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻の健康について

鼻茸を放置しておくのは危険? 原因や治療方法と共に解説

「鼻づまりがなかなか治らない」「ものの匂いを感じにくくなった」といった症状に悩まされている人はいませんか? それはもしかしたら、鼻茸(はなたけ)ができている可能性があります。鼻茸は良性のポリープですが、放置しておくと鼻の形が変わってしまったり日常生活に大きな支障が出たりすることもあるでしょう。
今回は、鼻茸ができる原因や治療方法を紹介します。

  1. 鼻茸の基礎知識
  2. 鼻茸のセルフチェック
  3. 鼻茸の治療方法
  4. ​鼻茸の切除を日帰り手術で行うケース
  5. 鼻茸に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻茸を手術する病院の選び方などもよく分かるでしょう。慢性的な鼻づまりに悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻の健康について

鼻中隔湾曲症がいびきの原因? 対策と治療法を徹底解説!

「風邪でもないのに鼻づまりがひどい」「いびきが一向に改善しない」という方は、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)になっている可能性があるのです。鼻の穴を左右に隔てる壁=鼻中隔が曲がり、症状が現れることを鼻中隔湾曲症といいます。症状が重くなると、睡眠時無呼吸症候群に陥るおそれもあるのです。では、鼻中隔湾曲症を改善するためには、どんな方法があるのでしょうか。本記事では、鼻中隔湾曲症といびきの関連と対策・治療方法について解説します。

  1. 鼻中隔湾曲症といびきの関連性は?
  2. 鼻中隔湾曲症の治療方法は?
  3. 鼻中隔湾曲症の手術を解説!
  4. 鼻中隔湾曲症に関してよくある質問

この記事を読むことで、鼻中隔湾曲症といびきの関連について知り、適切な治療方法が分かります。いびきが気になっている方は、ぜひチェックしてください。


鼻の健康について

急性副鼻腔炎の治療法が知りたい! 症状・対策も紹介

急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)は、鼻の痛み・鼻水・鼻づまりが急に発症する病気です。発熱・頬(ほお)の痛みなど、ほかにもさまざまな症状が現れます。主な原因は、ウイルスや細菌感染ですが、アレルギー性鼻炎がきっかけで急性副鼻腔炎を引き起こす可能性もあるのです。では、急性副鼻腔炎が発症した際は、どのように対処すればよいのでしょうか。本記事では、急性副鼻腔炎を改善するために必要な内容を解説していきたいと思います。

  1. 急性副鼻腔炎とはどんな病気?
  2. 急性副鼻腔炎の原因は?
  3. 急性副鼻腔炎を放置するとどうなる?
  4. 急性副鼻腔炎の治療方法
  5. 子ども・妊婦の急性副鼻腔炎治療は?
  6. 急性副鼻腔炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、急性副鼻腔炎の正しい治療法が分かります。症状で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


鼻の健康について

副鼻腔炎と発熱はどう関係している? 対処法・治療法などを解説

風邪でもないのに熱が出てきた場合、「副鼻腔炎」の疑いがあります。副鼻腔炎とは、副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる部分に炎症が起きる病気です。さまざまな症状がありますが、発熱もその中の1つとなります。症状を放置するほど鼻づまりがひどくなり、私生活にあらゆる悪影響をおよぼしかねません。不快な症状を緩和するためには、早めの治療が必要ですが、どのようにしたらよいのか分からない方が多いでしょう。

そこで本記事では、副鼻腔炎の基礎知識から熱との関係性・対処法・治療法について説明します。

  1. 副鼻腔炎の基礎知識
  2. 副鼻腔炎と熱について
  3. 副鼻腔炎の熱の対処法
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. 副鼻腔炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎と熱の関係について知り、適切な治療を受けることができます。気になっている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


鼻の健康について

蓄膿症になるとどんな色の鼻水が出る? 治療方法と併せて解説

蓄膿症とは、別名慢性副鼻腔炎ともいう鼻の病気です。目と鼻の周りにある副鼻腔という部分が炎症を起こすことによって発症します。発症してすぐのときは急性副鼻腔炎と呼ばれ、このときに治療を行えば治りも早いでしょう。しかし、治療が遅れると副鼻腔内に膿がたまり、青緑色の臭いのある鼻水が出て、がんこな鼻づまり・顔面痛・頭痛・後鼻漏などを引き起こします。

今回は、蓄膿症になった場合の鼻水の色や治療法について解説しましょう。

  1. 蓄膿症の基礎知識
  2. 蓄膿症の自己診断方法
  3. 蓄膿症の治療方法とセルフケア
  4. 蓄膿症に対するよくある質問

この記事を読めば、蓄膿症の症状や予防方法なども分かりますよ。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻の健康について

緑色で臭いのある鼻水が出る・・・その原因と対処方法を解説

健康な時の鼻水は透明でさらさらとしており、鼻の穴から垂れてくることはほとんどありません。しかし、何らかの原因で鼻水が大量に出たり、鼻水に色や粘り気がつく場合があります。自然治癒するケースもありますが、耳鼻科・耳鼻咽喉科で治療が必要なことも多いのです。
今回は、鼻水が緑色っぽくになり、臭いがする場合の原因や治療方法を解説しましょう。

  1. 鼻水の役割や健康なときの状態
  2. 鼻水の色や量が変わる理由
  3. 緑色の鼻水が出る原因について
  4. 緑色の鼻水が出た場合の対処方法
  5. 緑色の鼻水に対するよくある質問

この記事を読めば、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診する目安もよく分かるでしょう。緑色で粘ついた鼻水がよく出るという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


鼻の健康について

副鼻腔炎による咳の特徴を紹介! 喘息への悪影響や治療法など

何日も痰(たん)が絡まるような咳(せき)が続いている場合は、副鼻腔炎の可能性があります。咳(せき)が続くと、体力が衰え、喘息(ぜんそく)を引き起こすなど、日常生活にもさまざまな支障が出てきてしまいがちです。副鼻腔炎による咳(せき)を止めるためには、咳(せき)が出るメカニズムなどの知識を身につける必要があります。今起きている症状を確認しつつも、副鼻腔炎について知らなければなりません。そこで、本記事では、副鼻腔炎の基礎知識や咳(せき)との関係性・治療方法などについて詳しく説明します。

  1. 副鼻腔炎の基礎知識
  2. 副鼻腔炎の咳について
  3. 副鼻腔炎の咳を放置するとどうなるか
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. 副鼻腔炎の咳に関するよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎の基礎知識や咳(せき)との関係を知ることができ、適切な治療法がわかります。気になっている方はぜひ参考にしてください。


鼻の健康について

知っておくべき5つのハウスダスト対策~アレルギーを抑えるために~

ハウスダスト対策にお困りの方は多いと思います。今や3人に1人はぜん息や鼻炎など、ハウスダストが原因で起こるアレルギー疾患を抱えているのが現状です。ハウスダストアレルギーの症状にはさまざまなものがあります。しかし、病院に行ってもその症状を抑えるための処置が行われるだけで、治すためには体質の改善が必要です。私たちは、普段からハウスダストによる影響を抑えるために、さまざまな対策を考えなければなりません。この記事では、ハウスダストによるアレルギー症状や対策法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. ハウスダストについて
  2. ハウスダストとアレルギー
  3. ハウスダストアレルギーとは?
  4. ハウスダスト対策法の紹介
  5. ハウスダスト対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、ハウスダストとアレルギーの関係を詳しく知ることができます。ハウスダスト対策としてできることをぜひ実践してみてください。