カテゴリー:鼻の健康について

鼻の健康について

風邪をひきやすいのはなぜ? 3つの原因を対策方法とともに紹介!

風邪

風邪は冬にひくもの、というイメージがあります。しかし、風邪の原因となるウィルスや細菌は冷たく乾燥した場所を好むので、空調が発達している現在では季節を問わず風邪をひく可能性があるのです。では、なぜ、同じ場所にいても風邪をひきやすい人とひきにくい人がいるでしょうか?

今回は、その原因をご紹介します。風邪をひきやすいのは体質だと思っている方もいるでしょう。しかし、生活習慣で風邪はひきやすくなったりひきにくくなったりするのです。最近体調を崩しやすくなったという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 風邪をひく原因とは?
  2. 風邪をひきやすくなる原因とは?
  3. 免疫力が低下する原因とは?
  4. 免疫力をアップさせる方法とは?
  5. おわりに

鼻の健康について

快眠・安眠を手に入れたい人は必見!熟睡できる良い方法を教えます!

快眠

快眠や安眠ができない人は、毎日の疲れが溜(た)まってしまうことでしょう。この記事では、熟睡できる快眠方法を知りたい人のために効果的な方法をご紹介しています。

  1. 寝つきが悪い・不眠の原因は何?
  2. 良質な睡眠の条件を確認しよう!
  3. ぐっすり快眠できる方法を解説!
  4. まとめ

ぐっすり眠ることは、健康の始まり。この記事を読んで理解することは、快眠や安眠を手に入れるきっかけになるでしょう。


鼻の健康について

蓄膿症が口臭の原因になる? 気になる口の臭いを解消するポイント

口臭

蓄膿症が口臭の原因になることをご存じですか?
蓄膿症になると副鼻腔(びくう)にたまった膿(うみ)が喉に落ち、膿栓ができて口臭が発生してしまいます。
口臭を改善するためには、まず蓄膿症を治療する必要があるでしょう。
自分の口臭をチェックし、原因が蓄膿症でないか確認してみてください。

  • 蓄膿症が原因で口臭が気になる
  • 自分の口臭がどんな臭いなのか知りたい
  • 蓄膿症の口臭対策とは?

まずは、蓄膿症と口臭の関係を知る必要があります。


鼻の健康について

蓄膿症(副鼻腔炎)で頭痛・顔面痛がする! 原因と緩和する方法を解説

慢性副鼻炎のことを一般的に「蓄膿症(ちくのうしょう)」といいます。蓄膿(ちくのう)症の症状としてあがっているのは、嫌なニオイ・息のつまり・歯痛・吐き気・頭痛・顔面痛といった不快に感じる症状です。特に、頭痛は日常生活に支障をきたしかねません。

そこで、蓄膿(ちくのう)症の頭痛・顔面痛を緩和する方法や原因、治療・予防方法について詳しく説明します。まさに今、蓄膿(ちくのう)症による頭痛・顔面痛で悩んでいる人、治し方を知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 蓄膿症の頭痛・顔面痛を緩和する方法
  2. 蓄膿症の原因
  3. 蓄膿症の治療・予防方法
  4. まとめ

鼻の健康について

大人になっても朝起きれない原因は?病気の可能性もある?

「朝起きれない」というと子どもの悩みのようですが、大人でも同じ悩みを抱えている人は少なくありません。社会人になれば、遅刻は信用を失う行為です。

そこで、今回は朝起きられない原因と対処法をご紹介しましょう。実は、生活習慣や病気で朝起きられなくなっているという方も少なくないのです。また、睡眠の質が悪くなる病気もあります。ケースによっては病院で治療を受けた方がよいということもあるでしょう。朝起きられなくてつらいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  1. 朝起きられない原因は?
  2. すっきり起きられるようにするには?
  3. 睡眠時無呼吸症候群はどこで治療できる?
  4. おわりに

鼻の健康について

寝ても寝ても眠い・だるいのはなぜ? その原因と対処法を徹底解説

春眠暁を覚えずという故事があるように、春は日中も眠気を感じる方が増えます。しかし、「夜にしっかり寝たはずなのに日中でも眠気がひどい」という場合は問題です。

今回は「寝ても眠い」「常に眠くてだるい」原因と対処法をご紹介しましょう。眠気がひどく、気がついたら眠っていたという場合は病気の可能性もあるのです。特に、「睡眠時無呼吸症候群」などの場合は、自分でも眠気をコントロールできません。そのため、重大な事故につながる可能性もあります。眠気がひどいという方はぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 「寝ても眠い」という症状について
  2. 寝ているのに眠い理由とは?
  3. 睡眠の質が悪くなる原因とは?
  4. 睡眠の質を改善する方法
  5. おわりに

鼻の健康について

蓄膿症が原因の鼻づまり対策! 膿のようなネバネバした鼻水を出す方法は?

蓄膿症(副鼻腔炎)になると、ネバネバとした膿のような鼻水が出ます。鼻をかんでもなかなかすべて出し切れず、不快な思いをする方も多いでしょう。

そこで、今回は蓄膿症の方向けに、膿を出す方法をご紹介します。今は、花粉症のシーズンです。花粉症からそのまま蓄膿症になってしまう方も少なくありません。

今回は、その予防法もご紹介します。蓄膿症に悩んでいる方やアレルギー性鼻炎の方はぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 蓄膿症とはどんな病気?
  2. 蓄膿症を放置しておくとどうなる?
  3. 蓄膿症の治療法は?
  4. 膿のような鼻水を出す方法は?
  5. 蓄膿症を予防・改善するための注意点
  6. おわりに

鼻の健康について

花粉症になる人とならない人の違いって何?遺伝は関係あるの?

花粉症になる人とならない人の違いを知っていますか?
花粉症の経験がない人は、同じ環境にいても花粉症になる人を見て不思議に思うことがあるのではないでしょうか。
花粉症になる人とならない人がいることには、さまざまな理由があるのです。
たとえば、遺伝や生活習慣、免疫力など。
その特徴や発症率についてはどうなっているのでしょうか。

  • 花粉症になる人とならない人の違いを知りたい
  • 年配の人は花粉症になりにくいって本当?
  • 今後も花粉症にならないためにはどうしたらよいのか?

今年も花粉の時期がやってくる前に、詳しく知っておきましょう。


鼻の健康について

アレルギー体質は改善できる? 症状を和らげるための方法は?

アレルギーとは、体がアレルゲンといわれる原因物質に過剰反応を起こすことで発症します。しかし、同じようなアレルゲンにさらされてもアレルギーを発症する人としない人がいるのです。

そこで今回は、アレルギーを発症しやすいアレルギー体質を改善する方法をご紹介しましょう。今は、アレルギー体質を改善する治療法もいろいろと開発されてきているのです。ですから、つらい症状を緩和させたいという方はぜひ受けてみましょう。アレルギーに悩んでいる方は必見です。

  1. アレルギー体質とは?
  2. アレルギー体質は治るのか?
  3. アレルギー体質を改善する方法とは?
  4. おわりに

鼻の健康について

理想的な部屋の湿度は? 湿度が下がると体にどんな影響があるの?

皆さんは、インフルエンザや風邪が冬に流行しやすい理由をご存じでしょうか?冬は湿度が低く、空気が乾燥しています。湿度が低くなることとウィルスの増殖、感染には深い関係があるのです。
お肌の乾燥や静電気の発生も湿度が関係しています。肌のうるおいを保ち、風邪を予防するためにも、理想的な湿度を保ちましょう。
今日は、部屋の理想的な湿度と、湿度をあげる方法をご紹介します。

  1. 理想的な部屋の湿度とは
  2. 湿度が下がると起こる悪影響
  3. 湿度をあげる方法