カテゴリー:鼻の健康について

鼻水を止める方法は? 根本的に治すには原因を知ることが大切!

風邪や花粉症などで鼻水が止まらないとこともあるでしょう。
仕事中に鼻水が止まらなくなると厄介ですね。
特に、人と会うときは鼻水を止めたいもの。そこで、今回は鼻水を止める方法をご紹介します。
急いで鼻水を止めたいという場合は、ぜひ実践してみてください。
また、鼻水が止まらなくなる原因などもご紹介しましょう。
鼻水はありふれた体の不調ですが、放っておくと厄介なことになる場合もあるのです。
鼻水が止まらなくて困っているという人や鼻水を止めたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 鼻水が止まらなくなる原因とは?
  2. 鼻水を止める方法とは?
  3. 病院に行くのが一番
  4. 鼻水が出始めたら、早寝早起きを心がけよう
  5. 漢方薬の効果は期待できる?
  6. おわりに

鼻の健康について

新生児の鼻水にはどう対処したらいいの?黄色い鼻水は要注意?

新生児は、お母さんのおなかの中で免疫をもらっているから病気にかからない、とよくいわれていますが、そんなことはないのです。鼻水や咳(せき)に悩まされる新生児は少なくありません。特に、鼻水が黄色い場合には注意が必要です。新生児の鼻水には、どう対処すればよいのでしょうか?

そこで、今回は新生児の鼻水対策についてご説明します。様子を見た方がよい鼻水と、すぐに病院に行った方がよい鼻水の違いはなんでしょうか? 新生児のお母さんやもうすぐ出産を控えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 新生児は鼻水が出やすい?
  2. 問題のない鼻水と心配な鼻水とは?
  3. 鼻水を放置しておくと中耳炎になる可能性も……
  4. 耳鼻科と小児科、どちらを受診すればいいの?
  5. 赤ちゃんを病院に連れて行くときの注意点
  6. おわりに

鼻の健康について

鼻血・鼻出血の原因は? 止め方・予防方法を徹底解説!

「ちょっとしたことで鼻血がよく出る」という方は意外と多いです。鼻血は、そのほとんどがすり傷と同じで問題ありません。しかし、中には病院で詳しく検査をしてもらった方がよい場合もあるのです。また、頻繁(ひんぱん)に鼻血が出ると日常生活に支障が出る場合もあるでしょう。

そこで、今回は鼻血の原因とその対処法をご説明します。鼻血がよく出るという人とめったに出ないという人の差は、どこにあるのでしょうか? 鼻血がよく出るという方は、ぜひこの記事を読んで対策のヒントをつかんでください。

  1. 鼻血はどこから出るの?
  2. 鼻血が出る原因は?
  3. 鼻血が出やすい人、出にくい人の違い
  4. 鼻血が出た場合の対処法
  5. 耳鼻咽喉科で適切な治療を受けよう
  6. 今すぐできる鼻血の予防方法
  7. おわりに
鼻の健康について

睡眠が浅い原因とその対処法とは? 鼻づまりが原因かも?

睡眠は、私たちの健康に大きな影響を与えるものです。
よく眠れた日は、目覚めもさわやかでしょう。
しかし、睡眠不足だったり眠りが浅かったりすると仕事や勉強にも影響が出ます。
特に、睡眠が浅いと「よく寝たはずなのに眠い」という不快感があるでしょう。
そこで、今回は睡眠が浅くなる原因や対処法をご紹介します。
原因によっては、病院で治療を受けた方がよい場合もあるでしょう。
睡眠が浅いと感じている人やよりよい睡眠をとりたいと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 睡眠とは?
  2. 眠りが浅いとはどういうことか?
  3. 眠りが浅くなる原因とは?
  4. 浅い眠りを改善する方法とは?
  5. おわりに

鼻の健康について

鼻詰まりでお困りの方、もしかしてその症状「蓄膿症」では?

「最近鼻がよく詰まるようになった」「味や臭いを感じない」とお悩みの方。もしかしたら、その症状は蓄膿症が原因である可能性があります。蓄膿症は早期の治療が何より肝心。今回は蓄膿症の症状と、その治療法についてご紹介しましょう。

  1. 蓄膿症ってどんなもの?
  2. 蓄膿症の種類と症状
  3. 蓄膿症の治療法

鼻の健康について

黄色い鼻水は病気の兆候?黄色い鼻水の原因とは?

体の不調は、さまざまな兆候となって現れます。鼻水もその代表であり、鼻水の色によって鼻に関連した病気の状況を知るための兆候の一つです。一般的に鼻水は無色なのですが、病気などによって黄色く変色した鼻水になってしまうことも少なくありません。

黄色い鼻水は体の変調を知らせるための目安になる可能性があります。黄色い鼻水が出て不安になっている人のために、鼻水が黄色くなっている原因と疑われる疾病について詳しくご紹介しましょう。

  1. 鼻水について
  2. 鼻水の色で何が分かる?
  3. 黄色い鼻水が出る理由
  4. 黄色い鼻水に関するよくある質問

鼻の健康について

加齢とともに嗅覚が衰える理由は? 鼻の仕組みを詳しく解説

年を取ると視覚や聴覚といった体の機能が衰えていきます。しかし、嗅覚も衰えることはあまり知られていません。では、嗅覚は何歳くらいから衰え始めるのでしょうか?

そこで、今回は嗅覚が衰え始める年齢や、原因をご紹介します。嗅覚が衰えるとどのような問題が起こるのでしょうか? また、嗅覚を鍛(きた)える方法もご紹介します。

最近、ものの匂いがよく分からなくなったという人や嗅覚を鍛(きた)えたいという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

  1. 嗅覚はなぜ衰えるの?
  2. 嗅覚の衰えると起こる不具合とは?
  3. 喫煙や強い匂いは嗅覚が衰える原因になる?
  4. 嗅覚を鍛(きた)えることはできるの?
  5. おわりに

鼻の健康について

鼻のかみすぎで耳が痛くなるのはなぜ? 正しい鼻のかみ方4箇条

「鼻のかみすぎで耳が痛い」という人は、鼻のかみ方に問題があります。鼻風邪をひいたときや花粉症が原因で鼻水が止まらなくなると、一度に出してしまおうとしてつい強く鼻をかんでしまうものです。しかし、鼻のかみすぎで耳が痛くなったり、頭痛を引き起こしたりしてしまうことも。

「鼻のかみすぎで耳がおかしい」「なぜ鼻をかみすぎると耳が痛くなるのか?」「どうしたら耳の痛みを改善できるのか?」そんな悩みを抱えている方のために、鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因や対処法についてまとめてみました。

  1. 鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因
  2. 間違った鼻のかみ方
  3. 耳が痛くなってしまったときの対処法
  4. 正しい鼻のかみ方
  5. まとめ

鼻の健康について

アレルギー性鼻炎に使う薬にはどんな副作用があるの?

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎。悩んでいる方も多いでしょう。アレルギー性鼻炎を発症すると、点鼻薬や飲み薬が処方されることが多いです。しかし、人によっては鼻炎の薬を使うと副作用がでる場合もあります。

そこで、今回はアレルギー性鼻炎の薬を使った場合に起こる副作用についてご説明しましょう。病院で処方される薬ならば、強い副作用が起きる可能性は低いです。しかし、用法や用量を守らなかったり市販薬を乱用したりすると、副作用がでる可能性が高くなります。薬以外の治療法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. アレルギー性鼻炎の基礎知識
  2. アレルギー性鼻炎に使われる薬は?
  3. 薬の副作用にはどんなものがあるの?
  4. 市販薬に気をつけて
  5. ​薬以外の治療法とは?
  6. アレルギー性鼻炎や薬に対するよくある質問
  7. おわりに

鼻の健康について

慢性的な鼻づまりが起こるのはなぜ? 原因と3つの対処法を紹介

風邪でもないのに、鼻づまりが治らない場合は「慢性鼻づまり」かもしれません。慢性の鼻づまりになると単に鼻がつまって苦しいだけでなく、さまざまなへい害がでてくる場合もあります。

そこで、今回は慢性鼻づまりの原因や対処法をご紹介しましょう。慢性鼻づまりを放置しておくと、鼻だけでなくほかの部分にも影響がでるかもしれません。慢性鼻づまりに悩んでいるという方や、風邪でもないのにいつまでも鼻がつまっているという方はぜひこの記事を読んで解決のヒントをつかんでください。

  1. 慢性鼻づまりの原因は?
  2. 鼻づまりを放置しておくとどうなるの?
  3. 鼻づまりのセルフ解消法
  4. 慢性鼻づまりの治療方法とは?
  5. かかりつけの耳鼻科医を作ろう
  6. 慢性鼻づまりに対するよくある質問
  7. おわりに