カテゴリー:鼻の健康について

鼻の健康について

あなたの処理法、大間違いかも? 正しい鼻毛処理の方法

ちゃんと処理しているつもりだったのに、いつの間にか飛び出てくる鼻毛。気づかずに仕事や学校、デートに行って恥をかいたという経験、誰しも1度はあるはず。特に、女性の方はトラウマになったなんて方もいるのではないでしょうか。頻繁に鼻毛処理を行う人も多いかと思いますが、実は約半数の人が間違った処理方法をしているのが現状です。

そこで、今回は正しい鼻毛処理の方法についてご紹介していきます。ぜひ、最後までおつきあいくださいね。

  1. 意外と重要な鼻毛
  2. 鼻毛処理の方法
  3. やってはいけない鼻毛処理法とは?
  4. 鼻毛処理の頻度はどのくらいがベスト?

鼻の健康について

鼻の粘膜が弱いと悩んでいる方必見!!強くする方法をご紹介します。

ちょっとしたことですぐに鼻血が出たり、鼻水が止まらなくなったりして悩んでいる方は多いでしょう。そんな人は鼻の粘膜が弱い可能性があります。ですから、鼻の粘膜を強くすれば鼻血も出にくくなり、風邪もひきにくくなるでしょう。

そこで、今回は鼻の粘膜が弱い原因やその対処法をご紹介します。粘膜が弱いのは生まれつき、と思っている方もいるでしょう。しかし、日々の生活習慣や食生活のせいかもしれません。鼻の粘膜が弱くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 鼻の粘膜とは?
  2. 鼻の粘膜が弱まると起こる症状
  3. 鼻の粘膜が弱くなる原因は?
  4. 鼻の粘膜を強くする方法は?

鼻の健康について

その異臭、鼻から出ているかも! 鼻息が臭い原因と対策について

自分の鼻息が臭いと感じたことはないでしょうか? または、他人から指摘されてショックを受けた方もいるかと思います。「まさか鼻が臭うなんて」と思っている方は要注意。鼻息が臭いと何かの病気である可能性があります。

この記事では、鼻息が臭い原因と対策についてまとめました。

  1. 鼻息が臭う原因
  2. 鼻息の臭いを確認する
  3. 鼻息の臭いを抑える方法
  4. 臭いを抑えるための治療

鼻の健康について

鼻うがい(鼻洗浄)で鼻の中をすっきり! やり方・注意点を解説

鼻づまりや鼻炎がひどい場合は、いくら鼻をかんでもすっきりしないことも多いでしょう。そんな人におすすめなのが、鼻うがい・鼻洗浄です。鼻うがいとは、鼻に水を入れて口から出す洗浄方法。これを行えば、鼻をかんでも取りきれない内容物がすっきりと洗い流せるでしょう。また、ドラッグストアで鼻うがい用の薬剤が大々的に売られていたりします。

しかし、鼻うがいを行うには、気を付けなければいけないこともあるのです。それはいったい何でしょうか? 答えは、この記事を読めばわかりますよ。

  1. 鼻うがいって何?
  2. 鼻うがいは誰にでもできるの?
  3. 鼻うがいを行う場合の注意点は?
  4. 鼻うがいは治療ではない
  5. 鼻づまりの症状が出る病気とは?
  6. おわりに

鼻の健康について

正しい耳掃除のやり方は? 耳かきでがりがりこするのはNG!

耳かきや耳掃除が大好きという方は、多いと思います。ドラッグストアなどに行くと、色々な種類の綿棒や耳かきが売っているでしょう。しかし、正しい耳かきの仕方を知っている方は意外と少ないのです。

そこで、今回は正しい耳かき・耳掃除のやり方をご紹介します。耳かきをしすぎると、かえって耳にとって悪影響が出てくるのです。ですから、正しい耳かきの仕方を知っておいて損はありません。

耳掃除が大好きという方や正しい耳かきの仕方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 耳かきや耳掃除をやりすぎると……?
  2. 正しい耳掃除の仕方とは?
  3. こんなときは耳鼻咽喉科を受診しよう
  4. おわりに

鼻の健康について

風邪予防にも大切! ドライノーズの原因と対策を知っておこう

鼻が最近むずむずする、鼻をかむと血がまじるというようなことはありませんか。そのようなときはドライノーズを疑いましょう。2人から3人にひとりはドライノーズの症状に悩まされていると言われています。ドライノーズの原因と対策を知って、風邪に負けない体づくりをしましょう。

  1. ドライノーズとは?
  2. ドライノーズの原因
  3. ドライノーズのための対策

鼻の健康について

鼻の奥が痛い場合の対処法とは?原因とともにご紹介します。

何かの拍子に鼻の奥がツーンと痛くなったことがある人は、多いと思います。1度や2度ならよいのですが、頻繁(ひんぱん)に鼻の奥が痛くなると気になる方もいるでしょう。

そこで、今回は鼻の奥が痛いと感じる原因や対処法をご紹介します。すぐに病院に行った方がよい鼻の奥の痛みとは、どのようなものでしょうか?また、鼻の奥が痛くならないようにする予防法もご紹介します。

頻繁(ひんぱん)に鼻の奥が痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んで対処法の参考にしてください。

  1. 鼻の奥が痛いと感じる原因は?
  2. 鼻の奥の痛みを緩和する対策
  3. 鼻の奥が痛いときの治療について
  4. 鼻の奥の痛みに関するよくある質問
  5. おわりに

鼻水を止める方法は? 根本的に治すには原因を知ることが大切!

風邪や花粉症などで鼻水が止まらないとこともあるでしょう。
仕事中に鼻水が止まらなくなると厄介ですね。
特に、人と会うときは鼻水を止めたいもの。そこで、今回は鼻水を止める方法をご紹介します。
急いで鼻水を止めたいという場合は、ぜひ実践してみてください。
また、鼻水が止まらなくなる原因などもご紹介しましょう。
鼻水はありふれた体の不調ですが、放っておくと厄介なことになる場合もあるのです。
鼻水が止まらなくて困っているという人や鼻水を止めたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 鼻水が止まらなくなる原因とは?
  2. 鼻水を止める方法とは?
  3. 病院に行くのが一番
  4. 鼻水が出始めたら、早寝早起きを心がけよう
  5. 漢方薬の効果は期待できる?
  6. おわりに

鼻の健康について

新生児の鼻水にはどう対処したらいいの?黄色い鼻水は要注意?

新生児は、お母さんのおなかの中で免疫をもらっているから病気にかからない、とよくいわれていますが、そんなことはないのです。鼻水や咳(せき)に悩まされる新生児は少なくありません。特に、鼻水が黄色い場合には注意が必要です。新生児の鼻水には、どう対処すればよいのでしょうか?

そこで、今回は新生児の鼻水対策についてご説明します。様子を見た方がよい鼻水と、すぐに病院に行った方がよい鼻水の違いはなんでしょうか? 新生児のお母さんやもうすぐ出産を控えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 新生児は鼻水が出やすい?
  2. 問題のない鼻水と心配な鼻水とは?
  3. 鼻水を放置しておくと中耳炎になる可能性も……
  4. 耳鼻科と小児科、どちらを受診すればいいの?
  5. 赤ちゃんを病院に連れて行くときの注意点
  6. おわりに

鼻の健康について

鼻血・鼻出血の原因は? 止め方・予防方法を徹底解説!

「ちょっとしたことで鼻血がよく出る」という方は意外と多いです。鼻血は、そのほとんどがすり傷と同じで問題ありません。しかし、中には病院で詳しく検査をしてもらった方がよい場合もあるのです。また、頻繁(ひんぱん)に鼻血が出ると日常生活に支障が出る場合もあるでしょう。

そこで、今回は鼻血の原因とその対処法をご説明します。鼻血がよく出るという人とめったに出ないという人の差は、どこにあるのでしょうか? 鼻血がよく出るという方は、ぜひこの記事を読んで対策のヒントをつかんでください。

  1. 鼻血はどこから出るの?
  2. 鼻血が出る原因は?
  3. 鼻血が出やすい人、出にくい人の違い
  4. 鼻血が出た場合の対処法
  5. 耳鼻咽喉科で適切な治療を受けよう
  6. 今すぐできる鼻血の予防方法
  7. おわりに