喉の健康について

風邪は治ったのに夜になると咳が出る! つらい咳を止める7つのポイント

風邪は治ったのに、咳(せき)だけが続くことがありませんか? もし、風邪が治ってずっと咳が止まらないときは風邪以外の原因があるかもしれません。

この記事では、止まらない咳の原因と止める方法を説明していきます。

  1. 咳が止まらない原因って?
  2. 病院に行った方が良い症状
  3. 咳喘息とは?
  4. 咳を和らげる方法・習慣
  5. よくある質問
  6. まとめ

鼻の健康について

アレルギー性鼻炎に使う薬にはどんな副作用があるの?

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎。悩んでいる方も多いでしょう。アレルギー性鼻炎を発症すると、点鼻薬や飲み薬が処方されることが多いです。しかし、人によっては鼻炎の薬を使うと副作用がでる場合もあります。

そこで、今回はアレルギー性鼻炎の薬を使った場合に起こる副作用についてご説明しましょう。病院で処方される薬ならば、強い副作用が起きる可能性は低いです。しかし、用法や用量を守らなかったり市販薬を乱用したりすると、副作用がでる可能性が高くなります。薬以外の治療法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. アレルギー性鼻炎の基礎知識
  2. アレルギー性鼻炎に使われる薬は?
  3. 薬の副作用にはどんなものがあるの?
  4. 市販薬に気をつけて
  5. ​薬以外の治療法とは?
  6. アレルギー性鼻炎や薬に対するよくある質問
  7. おわりに

鼻の健康について

慢性的な鼻づまりが起こるのはなぜ? 原因と3つの対処法を紹介

風邪でもないのに、鼻づまりが治らない場合は「慢性鼻づまり」かもしれません。慢性の鼻づまりになると単に鼻がつまって苦しいだけでなく、さまざまなへい害がでてくる場合もあります。

そこで、今回は慢性鼻づまりの原因や対処法をご紹介しましょう。慢性鼻づまりを放置しておくと、鼻だけでなくほかの部分にも影響がでるかもしれません。慢性鼻づまりに悩んでいるという方や、風邪でもないのにいつまでも鼻がつまっているという方はぜひこの記事を読んで解決のヒントをつかんでください。

  1. 慢性鼻づまりの原因は?
  2. 鼻づまりを放置しておくとどうなるの?
  3. 鼻づまりのセルフ解消法
  4. 慢性鼻づまりの治療方法とは?
  5. かかりつけの耳鼻科医を作ろう
  6. 慢性鼻づまりに対するよくある質問
  7. おわりに

鼻の健康について

すぐになんとかしたい! 鼻炎によるつらい頭痛を改善するための豆知識

アレルギー性鼻炎や慢性鼻炎が頭痛に繋がること、ご存知ですか? 少し意外かもしれませんが、頭痛と鼻炎には深い関係があります。日頃から悩まされているその頭痛、もしかすると鼻炎が原因となっているのかもしれません。頭痛はじっとしていても痛むものから、吐き気を伴う程痛むものまで様々です。

そして、どのケースにおいてもつらいことこの上ありません。人によっては痛みが酷く、生活に支障が出てしまう場合もあるでしょう。そんな頭痛から逃れるためにも、自分でできる改善策はしていきたいですね。

この記事では、鼻炎と頭痛の関係性についてのお話や、鼻炎による頭痛の改善策などをご紹介していきます。ぜひ参考にして、頭痛に悩まされない快適な生活を実現しましょう。

  1. 鼻炎と頭痛の関係性は? 
  2. 鼻炎による頭痛の解消法
  3. 耳鼻科を選ぶ時のポイント4つ

鼻の健康について

花粉症で頭痛が起こる? 花粉症の頭痛対策!

現在、花粉症は5人に1人が症状に悩まされているというほど国民的な病気です。花粉症というと、鼻水・涙・くしゃみなどが一般的な症状ですが、頭痛も花粉症の代表的な症状の一つとなっています。なんとなく頭が痛いというような症状は花粉症が原因かもしれません。

そこで今回は、花粉症による頭痛の原因と、頭痛対策について詳しくご紹介しましょう。

  1. 花粉症とはどんな病気?
  2. 花粉症で頭が痛くなる原因は?
  3. 花粉症の頭痛対策
  4. 花粉症は総合的な治療が大切!
  5. まとめ

鼻の健康について

片方の鼻だけ詰まる症状を解消したい! 原因を知り適切な治療を受けよう!

片方の鼻だけ詰まる症状は病気なのでしょうか。
毎日片方の鼻が詰まると上手に呼吸ができず、本当につらいですよね。
早めに解消するためにも、考えられる症状と解消法、原因、どのような治療法があるのか詳しく説明します。
また、手術の方法や病院を選ぶ際の注意点についても一緒に考えていきましょう。
片方だけの鼻づまりを解消したい人は必見です。

  1. 片方の鼻だけ詰まる原因について
  2. どのような治療法があるの?
  3. 病院を選ぶ際の注意点
  4. まとめ

鼻の健康について

鼻水が出ないのに鼻づまりが起こる原因は? 場合によっては危険なことも!

誰でも1度くらい「鼻水で鼻がつまってつらい」という経験があるでしょう。しかし、時として、鼻水が出ないのに鼻が詰まるケースもあります。それはいったいなぜでしょうか?

そこで今回は、鼻水が出ないのに鼻づまりが起こるケースについてご紹介します。決してメジャーな症状ではありませんが、放っておくと大変なことになる場合もあるのです。「鼻がつまっているのに、なぜか鼻をかんでも鼻水が出ない」という方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 鼻水が出ないのに鼻がつまるケースとは?
  2. 鼻づまりの悪影響とは?
  3. 鼻水が出ない鼻づまりを解消する方法は?
  4. 耳鼻咽喉科を受診する目安や治療法
  5. 生活習慣にも気を配ろう
  6. 鼻づまりに関するよくある質問
  7. おわりに

鼻の健康について

蓄膿症の症状と原因は? 対策と治療・予防方法を徹底解説

「蓄膿症」と呼ばれる病気をご存知でしょうか? 風邪から蓄膿症を起こす子供が増えてきています。膿が鼻の中に溜まってしまうので臭いも発生し、頭痛も起きるケースが多いです。蓄膿症を放置するとさらに状態が悪化するので気をつけてください。

では、なぜ蓄膿症が起こるのでしょうか? 原因や症状について知り、対策を立てていきましょう。蓄膿症に大きく関係している「ストレス」についても詳しく説明します。蓄膿症で悩んでいる人はぜひチェックしてください。

  1. 蓄膿症の症状について
  2. 蓄膿症の原因について
  3. 蓄膿症の治療方法と予防法

耳の健康について

外耳炎の症状でお悩みの方へ。原因と治療方法を知ればもう怖くない!

耳の痛みやかゆみでお悩みではありませんか? こうしたときに考えられる病気が外耳炎です。中耳炎と違って軽症で済むことが多いので放置する人もいるようですが、治療が必要な場合もありますし、再発するケースも少なくありません。耳に違和感がある状態が続くなら、早めに耳鼻科を受診することをおすすめします。「外耳炎とはどのような症状なのか?」「放っておくとどうなる?」「どんな治療方法があるの?」そんな人たちのために、外耳炎に関する情報をまとめてみたいと思います。いつまでも健康な耳を維持するために、正しい知識を身につけておきましょう。

  1. 外耳炎の症状
  2. 外耳炎になってしまう原因
  3. 放っておくとどうなってしまうのか
  4. どのような治療法があるのか
  5. 治療時の注意点
  6. まとめ

最初 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11