鼻血・鼻出血の原因は? 止め方・予防方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ちょっとしたことで鼻血がよく出る」という方は意外と多いです。鼻血は、そのほとんどがすり傷と同じで問題ありません。しかし、中には病院で詳しく検査をしてもらった方がよい場合もあるのです。また、頻繁(ひんぱん)に鼻血が出ると日常生活に支障が出る場合もあるでしょう。

そこで、今回は鼻血の原因とその対処法をご説明します。鼻血がよく出るという人とめったに出ないという人の差は、どこにあるのでしょうか? 鼻血がよく出るという方は、ぜひこの記事を読んで対策のヒントをつかんでください。

  1. 鼻血はどこから出るの?
  2. 鼻血が出る原因は?
  3. 鼻血が出やすい人、出にくい人の違い
  4. 鼻血が出た場合の対処法
  5. 耳鼻咽喉科で適切な治療を受けよう
  6. 今すぐできる鼻血の予防方法
  7. おわりに

1.鼻血はどこから出るの?

鼻血のほとんどが、小鼻の内側にある鼻中隔(びちゅうかく)のキーゼルバッハ部位というところから出ます。この部分は粘膜におおわれていて、細い血管が網の目のように走っているのです。ですから、ちょっとした衝撃でも傷ついて出血します。また、高血圧や動脈硬化などをわずらっていると、鼻腔の奥にある粘膜から出血する場合もあるでしょう。さらに、がんや繊維腫が原因で鼻血が出る場合もあります。

キーゼルバッハ部位以外からの出血による鼻血は

  • 何の刺激も与えていないのに突然鼻血が出る
  • 一度鼻血が出るとなかなか止まりにくい

といった特徴があります。ですから、「なかなか止まりにくい鼻血がしょっちゅう出る」という場合は、念のために病院を受診しましょう。

すぐに病院を受診する必要がある鼻血とは?

ほとんどの場合、鼻血が出ても健康に問題はありません。しかし、鮮やかな赤色の鼻血が勢いよく大量に出た場合や、鼻血が1時間以上止まらない場合は、鼻の奥にある太い血管が傷ついた可能性もあります。また、ただ安静にしているだけなのに頻繁に鼻血が出て止まらない場合は、糖尿病や高血圧などが原因で血管がもろくなっている可能性が高いでしょう。