鼻づまりに悩んでいる方必見!!慢性鼻炎の症状と対処法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

かぜでもないのに、鼻水が止まらない。と悩んでいる方は意外と多いのです。
かぜ以外にも鼻水が出て止まらなくなる病気はいくつかありますが、そのひとつが慢性鼻炎。
文字どおり慢性化した鼻炎です。「たかが鼻水」と思っていると、生活に支障が出るようになるかもしれません。そこで、今回は慢性鼻炎の症状やチェック方法、さらに治す方法などをご紹介します。

  1. 慢性鼻炎とは?
  2. 慢性鼻炎を放置しておく危険性とは
  3. 慢性鼻炎の診断や治療方法とは?
  4. 慢性鼻炎と手術について
  5. 慢性鼻炎の発症を防ぐ方法
  6. 慢性鼻炎にかんするよくある質問

鼻水は体の不調の中でも最もポピュラーなもの。
だからこそ、「たかが鼻水」と思われがちです。
この記事を読めば慢性鼻炎の原因から治療法まで分かります。
鼻の調子が悪い方必見です。


1.慢性鼻炎とは?

始めに、慢性鼻炎とはどのような病気かということをご説明しましょう。
ほかの病気との違いや、なりやすい方の特徴などもご紹介します。

1-1.慢性鼻炎とはどのような病気か?

慢性鼻炎とは、鼻の粘膜が慢性的に腫れて赤くなり、鼻水が出やすくなっている状態が2週間以上続くことです。
鼻水は血管が拡張するほどでやすくなります。
つまり、慢性的に鼻の粘膜が真っ赤になるほど腫れてしまえば、鼻水が流れっぱなしになってしまうのです。

1-1.慢性鼻炎の種類とは?

慢性鼻炎には、慢性単純性鼻炎と慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)があります。
この2つの違いは、血管収縮薬を噴霧すると分かるのです。
慢性単純性鼻炎の方は薬が効いて症状が収まります。
全く症状が変わらなければ、慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)です。

1-2.慢性鼻炎の症状とは

慢性鼻炎の主な症状は、鼻づまりと後鼻漏(こうびろう)といって、鼻水が喉の奥に落ちこむ症状です。
慢性鼻炎になると片側だけ、あるいは左右交互に粘性の鼻づまりが起こります。
ただし、慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)の場合は、両側に鼻づまりが発生するので注意しましょう。

1-3.慢性鼻炎とほかの鼻づまりとの違い

鼻づまりが起きる病気としては、かぜや副鼻腔炎(ふくびくうえん)アレルギー性鼻炎などがあります。
かぜの場合は、長引いても2週間もあれば治るでしょう。
副鼻腔炎(ふくびくうえん)の場合は、副鼻腔(ふくびくう)というところが炎症を起こすので、鼻の粘膜に変化はありません。
アレルギー性鼻炎の場合は、水のようにさらさらとした鼻水がアレルゲンに接している限り出続けます。
このように、一見すると同じに見える鼻づまりでも、病気によって症状が違うのが分かるでしょう。

1-4.慢性鼻炎の原因とは?

慢性鼻炎は、急性鼻炎をくりかえし発症したり症状が長引いたりすると起こりやすいです。
また、科学的刺激を受け続けて鼻水が止まらなかったり、降圧薬や末梢血管収縮薬の副作用で発症したりすることもあるでしょう。
さらに、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)といって、鼻の中の仕切りがどちらかにひどく偏っていた場合、広い穴の方の粘膜が腫れて、慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)を発症しやすくなります。
また、意外な原因として、血管収縮薬の点鼻の頻用があるのです。
市販品の点鼻薬の中には血管を収縮する作用があるものも少なくありません。
鼻の中の血管を収縮させれば、鼻水は止まりやすくなります。
ただし、あまり頻用しすぎると鼻の中の粘膜が厚くなり、慢性鼻炎を発症しやすくなるでしょう。
これを、点鼻薬性鼻炎というのです。

1-5.慢性鼻炎になりやすい人とは?

慢性鼻炎は、かぜをひきやすい人や鼻の粘膜が弱い人などに発症しやすいです。
また、高血圧などの薬を飲んでいると、その種類によっては慢性鼻炎を発症しやすいでしょう。
さらに、加齢や妊娠が引き金になって発症しやすくなる方もいます。
鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)を発症している方も同様です。
慢性鼻炎の患者数は約30万人ともいわれており、アレルギー性鼻炎に次いで患者数が多い疾患となっています。

1-6.慢性鼻炎と季節との関係

慢性鼻炎は夏よりも冬の方が発症しやすいです。冬になると空気が乾燥し、急性鼻炎を発症しやすくなります。
急性鼻炎をくりかえせばそれだけ慢性鼻炎の発症リスクも上がっていくのです。

2.慢性鼻炎を放置しておく危険性とは

慢性鼻炎を放置しておくと、集中力の低下や不眠など、いろいろな体の不調が現れます。
鼻が通らないと頭がぼんやりする、という方は多いでしょう。
これは、口呼吸では脳に酸素が十分にいきわたらないからです。
さらに、後鼻漏(こうびろう)になると横になっていると鼻汁が喉の奥に落ちこみます。
すると、熟睡ができずに長時間寝てもすっきりとしません。
また、子どもの場合は鼻をうまくかめずにすすり上げてしまうと、鼻汁が耳管の方へ入ってしまい、中耳炎の原因となるでしょう。
鼻水は最もポピュラーな体の不調のため、たとえ長引いても「単なる鼻水くらい」と思ってしまいがち。
しかし、慢性鼻炎を放置しておくと、やがて副鼻腔炎(ふくびくうえん)を発症しやすくなります。
副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、鼻の横にある副鼻腔(ふくびくう)が炎症を起こし、膿(うみ)状の鼻水が底にたまる症状です。
これが慢性化するとかつては蓄膿症(ちくのうしょう)といわれた慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)になります。
この病気になってしまうと、顔面の痛みや口臭、などさまざまな不具合が出て、完治にも時間がかかるでしょう。
そのため、慢性鼻炎になったら速やかな治療が大切です。

3.慢性鼻炎の診断や治療方法とは?

慢性鼻炎の診断は、耳鼻咽喉科を受診すれば簡単につきます。
「鼻水くらいで耳鼻咽喉科なんて」と思う方もいるかもしれませんが、前述したように慢性鼻炎を放置しておき、中耳炎や慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)を引き起こしてしまえば厄介です。
かぜでもないのに2週間以上鼻水が止まらない場合は、受信をしましょう。
慢性鼻炎と診断された場合は、ネプライザーという鼻に薬を噴霧する治療や、点鼻薬による治療を行います。
特に、ネプライザーによる治療は効果が高いですが耳鼻咽喉科でしか受けられないので、ぜひ受診をしてください。
また、点鼻薬をすれば慢性鼻炎の方は劇的に症状が回復します。
そのため、治療を途中で中断してしまう方も少なくありません。
しかし、それではまた症状がぶり返します。ですから、必ず医師が完治を告げるまで投薬を続けてください。
また、慢性鼻炎を発症しやすい方や、アレルギー性鼻炎も併発している方は漢方で体質を変えたり、サプリメントなどで免疫力を高めたりしても効果的です。漢方薬による治療は、漢方医のいる耳鼻咽喉科を受診したり、処方箋を持って漢方薬局に行き、調剤をしてもらったりしましょう。
ただし、漢方薬は効果が出るまでに時間がかかります。
点鼻薬と併用するなど医師と相談して治療を勧めて行ってください。
また、点鼻薬は乱用したり市販の点鼻薬とむやみに併用したりすると、慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)になってしまいます。
こうなると、点鼻薬だけでの治療は難しくなるでしょう。
必ず用法と用量は守ってください。

4.慢性鼻炎と手術について

慢性鼻炎をくりかえしたり、慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)が重症化したりすると、レーザーで鼻の粘膜を焼く手術や粘膜を腫らせたり、鼻汁を分泌させたりする働きのある後上鼻神経を切り取ったりする手術を勧められることもあります。
さらに、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)を発症している場合は、狭くなった鼻の一部(下鼻甲介骨)を切り取るという手術方法もあるのです。
手術というと大げさに聞こえるかもしれませんが、レーザーで鼻の粘膜を焼く手術の場合は、時間も20分ほどと短く、局部麻酔をかけて処置をすれば終了になります。
もちろん、日帰りで済みますし、健康保険も適用になるのです。
このほかの手術については医師と相談してください。病院によって手術の方法も違いますし、かかる時間も変わってきます。
手術を行っている病院は限られていますから、インターネットなどで探しましょう。
最近はホームページを持っている病院も多く、そこに手術をしてくれるかどうかや、手術の方法などを記載してある病院も少なくありません。
そこをよく読んで病院探しの参考にしてください。
手術後はしばらく鼻血が出やすくなったり、マスクが必要だったりしますが症状は劇的に改善することがほとんどです。

5.慢性鼻炎の発症を防ぐ方法

慢性鼻炎の発症を防ぐためには、生活習慣を改めると効果的というケースが少なくありません。
免疫力を高めるために野菜を多めにとり、早寝早起きの習慣をつけましょう。
また、冬になるとかぜをひきやすいという方は、外出時にマスクをつけると効果的です。
さらに、アレルギー性鼻炎を発症すると慢性鼻炎に移行する可能性も高まります。
アレルギー性鼻炎の発症原因となるのは、スギ花粉やハウスダスト。
そのため、掃除をこまめにし、アレルギー性鼻炎気味の方は部屋の中に毛足の長いじゅうたんなどの家具は置かない方がよいでしょう。
なお、鼻水が出て不快な場合でも市販の点鼻薬の乱用は厳禁です。
前述したように点鼻薬を使いすぎると、かえって鼻炎がひどくなります。
鼻水が止まらない場合は、まず耳鼻咽喉科を受診しましょう。

6.慢性鼻炎にかんするよくある質問

Q.慢性鼻炎とかぜの区別のつけ方が分かりません。

A.発症から2週間以上たっても症状が治まらなかったり片側だけ鼻がつまっていたりするようなら慢性鼻炎の可能性が高いです。

Q.慢性鼻炎は子どもでも発症するのでしょうか?

A.発症します。ただし、子どもは自分が病気であるという自覚も低いので、親が病院に連れて行ってあげてください。

Q.慢性鼻炎の手術はすべて健康保険が適用になりますか?

A.今のところが自由診療というところはほとんどないでしょう。詳しくは病院に尋ねてみてください。

Q.手術の後遺症などはあるのでしょうか?

A.鼻の粘膜が一時的に弱くなり、鼻血が出やすくなる方もいますが、それ以外はほとんどありません。

Q.市販の点鼻薬は使わない方がよいのでしょうか?

A.用量と用法を守れば大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?今回は慢性鼻炎の症状や対策についてご紹介しました。
たかが鼻水と思わず長期間続いた場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。
対処が早い方が完治も早いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加