慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の手術方法は? 流れや費用・術後のケアを解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

副鼻腔炎とは、鼻の周囲にある副鼻腔という空洞内で炎症が起こる病気です。性別・年齢に関わらず発症し、風邪から移行するケースも珍しくありません。発症しても中々気づかない方もいます。この副鼻腔炎が慢性化したものが、慢性副鼻腔炎(別名:蓄膿症)です。命に別状はないものの厄介な病気であり、完治させるために手術が必要なこともあります。

そこで今回は、慢性副鼻腔炎の手術についていろいろとご紹介しましょう。

  1. 慢性副鼻腔炎の基礎知識
  2. 慢性副鼻腔炎の治療方法
  3. 慢性副鼻腔炎の手術について
  4. 慢性副鼻腔炎を予防するためのセルフケア
  5. 慢性副鼻腔炎の手術に関するよくある質問

「手術をしたいけれど不安」という方も、手術の内容や流れを知ることができれば安心できます。慢性副鼻腔炎を患っている方や医師から手術を勧められている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


1.慢性副鼻腔炎の基礎知識

はじめに、慢性副鼻腔炎とはどのような病気かということをご紹介します。単なる鼻づまりや鼻風邪と何が違うのでしょうか?

1-1.慢性副鼻腔炎とは?

慢性副鼻腔炎は、副鼻腔炎内の炎症によって起こる病気です。副鼻腔炎を発症したばかりの頃は、急性副鼻腔炎と呼ばれます。この時に適切な治療を受けると炎症は比較的早く収まるでしょう。

しかし、治療を受けなかったり体の免疫力が低下していたりすると炎症が悪化することがあります。こうなると、副鼻腔内に膿が増えたり鼻と副鼻腔をつないでいる交通路が炎症で腫れあがり、塞がってしまったりするのです。

膿が炎症をより悪化させ、炎症によってさらに膿が増えるという悪循環に陥ります。一般的に、急性副鼻腔炎を発症して3か月以上経過しても症状が改善しない場合は慢性副鼻腔炎と診断されるのです。

1-2.慢性副鼻腔炎の症状

慢性副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれ、副鼻腔内に膿がたくさんたまってしまう病気です。副鼻腔内に膿が多量に溜まって炎症を起こしていると、鼻水に膿が混じって粘度が増し、強固な鼻づまりが発症します。

また、膿が悪臭を放ち鼻水や鼻の奥が臭くなることもあるでしょう。鼻づまりが起こることによって鼻呼吸ができなくなれば、脳が酸素不足になって頭痛や集中力も落ちます。さらに、炎症が長引くと鼻茸という良性のポリープが発症することもあるのです。臭いの道の粘膜が腫れたり、嗅神経が炎症で損傷されると臭いもわかりにくくなります。

1-3.慢性副鼻腔炎の原因

慢性副鼻腔炎は、細菌やウイルス感染による急性副鼻腔炎から移行する病気です。急性副鼻腔炎を放置していたり十分な治療を途中でやめてしまったりすると発症します。ストレスや加齢などで免疫力が弱っている場合も、急性副鼻腔炎がなかなか治らず、慢性副鼻腔炎に移行してしまうことがあるでしょう。

また、アレルギー性鼻炎を患っていると鼻の粘膜が炎症を起こすことがあり、この炎症が副鼻腔内にまで広がると副鼻腔炎を発症することがあるのです。アレルギー性鼻炎はアレルゲンがある限り完治が難しい病気ですから、副鼻腔炎も慢性化しやすくなります。

慢性副鼻腔炎の患者数は正確には把握されていませんが、国内に百万人以上はいるのではないかと推測されているのです。

1-4.もう一つの副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎とよく似た病気に好酸球性副鼻腔炎があります。好酸球性副鼻腔炎というのは、白血球の一種である好酸球が急激に増えて副鼻腔内に炎症を起こす病気です。慢性副鼻腔炎は年齢や性別に関わらず発症しますが、好酸球性副鼻腔炎の場合は今の所成人にだけ発症が確認されています。

好酸球性副鼻腔炎は気管支喘息を発症している成人男性に多い病気で、発症していない方も好酸球性副鼻腔炎を発症するとぜん息になるケースが多いのです。発症すると鼻づまりの他、鼻茸が異常に発生し、ひどい場合には鼻からあふれそうになることもあります。再発しやすいことが知られており、中等度以上の場合は厚生労働省によって難病に指定されている病気です。

1-5.慢性副鼻腔炎のセルフチェック方法

  • 風邪を引いた後、鼻づまりだけが解消しない
  • 臭いがわかりにくくなった
  • 鼻水から悪臭がする
  • 鼻がのどに流れる症状が続いている

このような場合は、慢性副鼻腔炎を発症している場合があります。早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

1-6.慢性副鼻腔炎を放置する危険性

慢性副鼻腔炎は命にかかわる病気ではありません。しかし、鼻づまりが長期化すれば脳の酸素不足が続き、頭痛や集中力の低下も慢性化します。また、ごくまれなことですが膿が消化器官の中に入ることで、消化器官が炎症を起こすこともあるのです。重症化すると眼への影響や頭蓋内への合併症が起きることもあります。

さらに、口呼吸を続けていれば口の中が乾き、口臭が強くなります。この膿混じりの鼻水が喉の奥に落ちこむと、後鼻漏という不快な症状を引き起こすこともあるのです。