慢性上気道炎を治したい人必見! 原因から治療法までを知っておこう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

慢性上気道炎を治療したいと思っている人は必見です。鼻から喉にかけての上気道が繰り返し炎症を起こすことを慢性上気道炎と言います。長期間症状が続いたり再発したりするため、長い間苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。炎症が起こる部位によって「慢性鼻炎」「慢性咽頭炎」「慢性喉頭炎」に分けられ、症状に合わせた治療が必要です。副鼻腔(びくう)炎などほかの病気が関与している可能性もあるため、早めに耳鼻科の診断を受けてください。この記事では、慢性上気道炎の症状や種類、治療法などをまとめてご紹介します。

  1. 慢性上気道炎とは?
  2. 慢性上気道炎の原因
  3. 慢性上気道炎の治療法
  4. 慢性上気道炎にかんするよくある質問

この記事を読むことで、なぜ慢性上気道炎になるのか、どのような治療が行われるのかが分かるはずです。ぜひ参考にして、不快な症状を取り除いてください。


1.慢性上気道炎とは?

まずは、慢性上気道炎という病気についてご紹介しましょう。

1-1.どんな病気なのか?

慢性上気道炎とは、鼻から喉にかけての部分が炎症を起こす病気です。通常、上気道炎は「風邪症候群」とも呼ばれ、ウイルスや細菌感染が原因で炎症を起こします。この状態は「急性上気道炎」であり、その状態が慢性化したものが「慢性上気道炎」なのです。

1-2.上気道とは?

呼吸器は上気道と下気道に分類されます。まず、鼻から鼻腔(びくう)、鼻咽喉、咽頭、喉頭までの総称が「上気道」です。一方、気管、細気管支、呼吸細気管支のことを「下気道」と言います。上気道の役割は主に以下の3つです。

  • 空気を暖める役割
  • 湿度を与え加湿する役割
  • ほこりや異物を捕まえる役割

1-3.主な症状

慢性上気道炎は、主に鼻や喉に症状が現れます。最初は風邪の初期症状と似ているため、そのまま放置してしまう人も多いでしょう。喉の痛みや鼻水・鼻詰まり、くしゃみなどの症状が2週間以上続くようであれば、慢性上気道炎を疑って治療することをおすすめします。

1-4.種類

慢性上気道炎は、炎症を起こしている部位によって「慢性鼻炎」「慢性咽頭炎」「慢性喉頭炎」に分けられます。

1-4-1.慢性鼻炎

鼻の粘膜に慢性の炎症が起こることを言います。アレルギー性鼻炎をはじめ、老人性鼻炎や妊娠性鼻炎、乾燥性鼻炎などがあり、原因はさまざまです。分かりやすい症状としては、鼻水や鼻詰まりのほか「鼻水が喉に落ちる」「匂いが分からない」などがあります。

1-4-2.慢性咽頭炎・慢性喉頭炎

咽頭や喉頭の粘膜に慢性の炎症が生じることを言います。急性咽頭炎・喉頭炎が再発を繰り返していると慢性化しやすいため、症状が出たときは必ずしっかりと治療する必要があるでしょう。そのほかにも、喫煙や飲酒・大気汚染・逆流性食道炎などが原因で慢性咽頭炎・喉頭炎になることもあります。主な症状は以下のようなものです。

  • 喉の違和感
  • 軽い喉の痛み
  • 咳(せき)や痰(たん)が出る
  • 声がかすれる

1-5.慢性と急性について

上気道炎の原因は、主に風邪ウイルスの侵入によるものです。感染によって鼻や喉の症状が現れ、急性上気道炎を起こします。急性上気道炎のうちにしっかりと治療を行わずにいると慢性上気道炎に発展し、症状が長く続いたり再発したりするようになるのです。慢性化すると完治までに時間がかかるようになってしまうため、できるだけ早く治療を開始することをおすすめします。

1-6.放っておくとどうなるのか?

慢性上気道炎は比較的症状が軽いため、長引く風邪だと勘違いして放置してしまう人が多いのです。しかし、しっかり治療しなければ症状は長く続きます。喉の痛みや違和感、鼻水や鼻詰まりといった不快な症状にいつまでも悩まされることになってしまうでしょう。場合によっては頭痛や倦怠(けんたい)感、嗅覚障害などが現われてしまうこともあるため、放置しないで病院を受診してください。

1-7.感染について

ウイルスや細菌が原因で急性上気道炎になった場合は、人から人へ感染する可能性があります。ただし、副鼻腔(びくう)炎や後鼻漏・タバコやアルコールなどによって喉に炎症が起こり、慢性化した場合は、感染の心配はないでしょう。炎症を起こしている原因によって感染するかが決まるため、原因が分かるまでは他人との接触を避けるようにするべきです。

2.慢性上気道炎の原因

慢性上気道炎の主な原因や注意点などをまとめてみました。

2-1.主な原因とは?

原因として最も多いのは、急性上気道炎の繰り返しです。風邪をひいて上気道炎を何度も発症すると癖になって慢性上気道炎を起こしてしまいます。また、喫煙やほこりも原因の一つです。鼻や喉の粘膜が刺激を受けて炎症の原因になってしまいます。同じように、ハウスダストや花粉などに反応するアレルギーが原因で上気道炎を引き起こしてしまうこともあるでしょう。

2-2.なりやすいのはこんな人

以下のような人は慢性上気道炎になりやすいと考えられるため、より注意が必要です。

  • 喫煙者
  • アレルギー体質の方
  • 風邪をひきやすい
  • ストレスや疲れがたまっている

ストレスや疲労は免疫力の低下につながります。体内に侵入してきたウイルスに対抗する力が弱まってしまうため、上気道炎になりやすいということを覚えておきましょう。

2-3.注意点

免疫力を高めてウイルスに対する抵抗力を上げるためには、規則正しい生活習慣と食生活の見直しも重要です。睡眠不足にならないように質のよい睡眠を心がけ、栄養バランスのすぐれた食事をとるようにしてください。

3.慢性上気道炎の治療法

慢性上気道炎の治療について、診断方法や病院の選び方などをご紹介します。

3-1.受診すべき症状

うがいをしたりタバコをやめたりしても症状が改善されず、長期間続いている場合は、慢性上気道炎を疑うべきです。早めに耳鼻科を受診しましょう。

3-2.診断について

慢性上気道炎の診断は、慢性鼻炎や慢性咽頭炎・喉頭炎以外の病気を確実に除外することが重要です。慢性鼻炎については、鼻内視鏡で鼻腔(びくう)内を観察してガンやポリープがないことを確認します。さらに、レントゲンで慢性副鼻腔(びくう)炎を、血液検査でアレルギー性鼻炎ではないと判断した上で、慢性上気道炎と診断することになるでしょう。慢性咽頭炎・喉頭炎の診断については、抗アレルギー薬の投与や胃カメラなどを使う方法もあります。

3-3.治療法を紹介

基本的には、原因を除去することが重要です。鼻や喉に炎症を起こしている原因を突き止め、対策や生活環境の改善を試みます。病院では、副鼻腔(びくう)炎などほかの病気が関係している場合は、そちらの治療も行うことになるでしょう。症状が強い場合は薬物治療が行われ、喉の炎症を抑える内服薬やうがい薬、鼻水や鼻詰まりを和らげる薬などが処方されます。

3-4.薬について

治療薬は症状に合わせて処方されます。炎症を抑える消炎剤をはじめ、痰(たん)の切れをよくする薬、細菌やウイルスに対する抗生物質などが主です。鼻水や鼻詰まり、くしゃみなどの症状が強いときは、抗ヒスタミン薬や点鼻血管収縮薬などを短期間使用することもあります。

3-5.手術について

扁桃(へんとう)腺炎も上気道炎として扱われるため、上記のような治療法で症状が改善しない場合は、扁桃(へんとう)腺の手術が必要になることもあるでしょう。手術方法としては、メスを使って扁桃(へんとう)腺を切除する方法以外にも、組織を焼き取る方法や超音波振動を使った方法などがあり、症状や病院によって異なります。しかし、慢性上気道炎の治療で手術を行うケースはまれであり、多くの場合はネブライザー治療によって完治するでしょう。ネブライザー治療とは、霧状の薬剤を鼻や口から吸入することによって、患部に直接薬を当てるものです。この方法によって鼻のとおりがよくなり、喉粘膜の炎症を鎮めることができます。

3-6.病院の選び方

慢性上気道炎は耳鼻科での治療になります。病院の選び方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 治療実績が豊富である
  • 通いやすい場所にある
  • 予防についても詳しく指導してくれる
  • 丁寧でスムーズな対応をしてくれる

3-7.注意点

鼻や喉の不快な症状が続いているとき、病院を受診するべきか迷う人は多いと思います。上気道炎は早めに対処することで症状の慢性化を防ぐことができるため、迷っている人はまず耳鼻科で相談してみましょう。ほかの疾患が原因になっている可能性もあります。自己判断せず、専門家に診てもらうのが一番です。

4.慢性上気道炎にかんするよくある質問

慢性上気道炎の症状について悩んでいる人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

4-1.冷気吸入性鼻炎とは何ですか?

A.「寒暖差アレルギー」とも呼ばれており、冷たく乾いた空気を吸うと鼻水やくしゃみなどの症状が現れます。寒暖差が激しくなる季節の変わり目などに発症する人が多いでしょう。

4-2.PM2.5が慢性上気道炎の原因になることはありますか?

A.PM2.5が鼻や喉の粘膜に刺激を与え、炎症を起こすこともあります。飛来情報をしっかり確認し、多い時期は特に注意しましょう。

4-3.「咽頭」と「喉頭」の違いは何ですか?

A.鼻から食道につながる部分が「咽頭」、喉ぼとけがある部分が「喉頭」です。咽頭には扁桃(へんとう)やアデノイドなどの免疫器官があり、喉頭には「発声」「呼吸」「嚥下(えんげ)」の3つの働きがあります。

4-4.急性上気道炎だとどのくらいで自然に治りますか?

A.2~3日で症状のピークを迎え、約1週間で完全に症状がなくなることがほとんどです。まれに、2週間ほど症状が続くこともあります。

4-5.慢性上気道炎と診断されました。自宅で過ごす上での注意点は何ですか?

A.できるだけ安静に過ごし、バランスのよい食事と水分補給、室温・湿度の調節などに気を配ってください。外出から戻った後は必ず手洗いとうがいをしましょう。

まとめ

いかがでしたか? 慢性上気道炎の原因や治療法などをまとめてご紹介しました。鼻や喉の不快な症状がはじまると、風邪だと思って放置してしまう人も多いでしょう。しかし、放っておくと慢性上気道炎に発展し、長期間にわたって症状に悩まされることになる可能性もあります。そうなる前に症状を見極め、耳鼻科で適切な治療を受けるべきでしょう。ぜひこの記事を参考にして、早めに対処してください。