慢性上気道炎を治したい人必見! 原因から治療法までを知っておこう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

慢性上気道炎を治療したいと思っている人は必見です。鼻から喉にかけての上気道が繰り返し炎症を起こすことを慢性上気道炎と言います。長期間症状が続いたり再発したりするため、長い間苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。炎症が起こる部位によって「慢性鼻炎」「慢性咽頭炎」「慢性喉頭炎」に分けられ、症状に合わせた治療が必要です。副鼻腔(びくう)炎などほかの病気が関与している可能性もあるため、早めに耳鼻科の診断を受けてください。この記事では、慢性上気道炎の症状や種類、治療法などをまとめてご紹介します。

  1. 慢性上気道炎とは?
  2. 慢性上気道炎の原因
  3. 慢性上気道炎の治療法
  4. 慢性上気道炎にかんするよくある質問

この記事を読むことで、なぜ慢性上気道炎になるのか、どのような治療が行われるのかが分かるはずです。ぜひ参考にして、不快な症状を取り除いてください。


1.慢性上気道炎とは?

まずは、慢性上気道炎という病気についてご紹介しましょう。

1-1.どんな病気なのか?

慢性上気道炎とは、鼻から喉にかけての部分が炎症を起こす病気です。通常、上気道炎は「風邪症候群」とも呼ばれ、ウイルスや細菌感染が原因で炎症を起こします。この状態は「急性上気道炎」であり、その状態が慢性化したものが「慢性上気道炎」なのです。

1-2.上気道とは?

呼吸器は上気道と下気道に分類されます。まず、鼻から鼻腔(びくう)、鼻咽喉、咽頭、喉頭までの総称が「上気道」です。一方、気管、細気管支、呼吸細気管支のことを「下気道」と言います。上気道の役割は主に以下の3つです。

  • 空気を暖める役割
  • 湿度を与え加湿する役割
  • ほこりや異物を捕まえる役割

1-3.主な症状

慢性上気道炎は、主に鼻や喉に症状が現れます。最初は風邪の初期症状と似ているため、そのまま放置してしまう人も多いでしょう。喉の痛みや鼻水・鼻詰まり、くしゃみなどの症状が2週間以上続くようであれば、慢性上気道炎を疑って治療することをおすすめします。

1-4.種類

慢性上気道炎は、炎症を起こしている部位によって「慢性鼻炎」「慢性咽頭炎」「慢性喉頭炎」に分けられます。

1-4-1.慢性鼻炎

鼻の粘膜に慢性の炎症が起こることを言います。アレルギー性鼻炎をはじめ、老人性鼻炎や妊娠性鼻炎、乾燥性鼻炎などがあり、原因はさまざまです。分かりやすい症状としては、鼻水や鼻詰まりのほか「鼻水が喉に落ちる」「匂いが分からない」などがあります。

1-4-2.慢性咽頭炎・慢性喉頭炎

咽頭や喉頭の粘膜に慢性の炎症が生じることを言います。急性咽頭炎・喉頭炎が再発を繰り返していると慢性化しやすいため、症状が出たときは必ずしっかりと治療する必要があるでしょう。そのほかにも、喫煙や飲酒・大気汚染・逆流性食道炎などが原因で慢性咽頭炎・喉頭炎になることもあります。主な症状は以下のようなものです。

  • 喉の違和感
  • 軽い喉の痛み
  • 咳(せき)や痰(たん)が出る
  • 声がかすれる

1-5.慢性と急性について

上気道炎の原因は、主に風邪ウイルスの侵入によるものです。感染によって鼻や喉の症状が現れ、急性上気道炎を起こします。急性上気道炎のうちにしっかりと治療を行わずにいると慢性上気道炎に発展し、症状が長く続いたり再発したりするようになるのです。慢性化すると完治までに時間がかかるようになってしまうため、できるだけ早く治療を開始することをおすすめします。

1-6.放っておくとどうなるのか?

慢性上気道炎は比較的症状が軽いため、長引く風邪だと勘違いして放置してしまう人が多いのです。しかし、しっかり治療しなければ症状は長く続きます。喉の痛みや違和感、鼻水や鼻詰まりといった不快な症状にいつまでも悩まされることになってしまうでしょう。場合によっては頭痛や倦怠(けんたい)感、嗅覚障害などが現われてしまうこともあるため、放置しないで病院を受診してください。

1-7.感染について

ウイルスや細菌が原因で急性上気道炎になった場合は、人から人へ感染する可能性があります。ただし、副鼻腔(びくう)炎や後鼻漏・タバコやアルコールなどによって喉に炎症が起こり、慢性化した場合は、感染の心配はないでしょう。炎症を起こしている原因によって感染するかが決まるため、原因が分かるまでは他人との接触を避けるようにするべきです。

12