副鼻腔炎の合併症にはどんなものがある?治療法・予防方法ともに紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

副鼻腔炎とは鼻の周辺にある空洞、副鼻腔が炎症を起こす病気です。風邪やアレルギー性鼻炎が原因で発症することが多く、黄色いどろりとした鼻水が出ます。慢性化すると厄介な病気であり、症状が重篤化すると中耳炎などの合併症を引き起こすこともあるのです。

そこで、今回は副鼻腔炎とその合併症についてご紹介しましょう。副鼻腔炎をたかが鼻水・鼻づまりと放置していると、脳や目にも影響が出ることもあるのです。

  1. 副鼻腔炎とはどんな病気?
  2. 副鼻腔炎の合併症とは?
  3. 副鼻腔炎の合併症を予防するには?
  4. 副鼻腔炎の治療方法
  5. よくある質問

副鼻腔炎の怖さや対処の方法が分かれば、副鼻腔炎らしき症状が現れた時にすぐ対処できるでしょう。副鼻腔炎の治療の仕方を知りたいという方や、副鼻腔炎に悩んでいるという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.副鼻腔炎とはどんな病気?

はじめに、副鼻腔炎はどのような病気かということをご紹介します。通常の風邪と何が違うのでしょうか?

1-1.副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎は、前述したように副鼻腔という部位が炎症を起こす病気です。黄色くて粘り気のある鼻水が長期間出続けるのが特徴で、その他鼻水が喉の奥に落ち込む後鼻漏や頭痛・顔面痛などの症状が出ることもあります。また、副鼻腔炎を長期間患っていると、鼻たけという良性のポリープができるケースも珍しくありません。

1-2.副鼻腔炎の原因

1-2-1.細菌やウィルス

副鼻腔炎はなんらかの細菌が副鼻腔に入りこむことによって発症します。風邪に代表される感染症にかかると、その原因菌が副鼻腔にまで入って炎症を起こすのです。

1-2-2.好酸球

また、近年はアレルギー性鼻炎がきっかけになって副鼻腔炎を発症する方も増えてきています。
アレルギー性鼻炎は細菌やウィルスが原因ではありませんが、好酸球(こうさんきゅう)という白血球の一種が増加するのです。

この好酸球が副鼻腔に充満しても副鼻腔炎を発症します。好酸球が原因の副鼻腔炎は成人に多く、鼻腔内にポリープができやすいのが特徴です。

1-3.副鼻腔炎の種類

副鼻腔炎には急性と慢性があります。発症したばかりの副鼻腔炎を急性副鼻腔炎と呼び、症状が3か月以上続く場合は慢性副鼻腔炎と呼ぶのです。

副鼻腔炎は自然に治癒するケースは少なく、急性副鼻腔炎の時に適切な治療を受けないと慢性に移行してしまう可能性が高いでしょう。慢性副鼻腔炎は別名蓄膿症とも言い、何年も治らずに苦しむ方もいます。

1-4.副鼻腔炎にかかりやすい人とは?

副鼻腔炎は性別や年代を問わずに発症する病気です。特に鼻づまりを起こしやすい方に発症しやすく、風邪をひくと必ず鼻水がたくさん出るという方は副鼻腔炎に移行する可能性が高いでしょう。

また、アレルギー性鼻炎を患っている方も同様です。両親のうちどちらか、あるいは両方が副鼻腔炎になった経験があるという方も、副鼻腔炎になりやすいと言われています。