鼻の奥が痛いのはなぜ? 原因や対処方法・予防方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

何かの拍子に鼻の奥がツーンと痛くなったことがある人は、多いと思います。1度や2度ならよいのですが、頻繁(ひんぱん)に鼻の奥が痛くなると気になる方もいるでしょう。

そこで、今回は鼻の奥が痛いと感じる原因や対処法をご紹介します。すぐに病院に行った方がよい鼻の奥の痛みとは、どのようなものでしょうか?また、鼻の奥が痛くならないようにする予防法もご紹介します。

頻繁(ひんぱん)に鼻の奥が痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んで対処法の参考にしてください。

  1. 鼻の奥が痛いと感じる原因は?
  2. 鼻の奥の痛みを緩和する対策
  3. 鼻の奥が痛いときの治療について
  4. 鼻の奥の痛みに関するよくある質問
  5. おわりに

1.鼻の奥が痛いと感じる原因は?

まず始めに、鼻の奥が痛いと感じる原因をいくつかご紹介します。環境が原因のものから病気が原因のものまでいろいろあるのです。

1-1.乾燥

口の中と同じように、鼻の中も粘膜で覆われています。空気があまりに乾燥していると、吸い込んでいるうちに粘膜が乾燥して鼻の奥に痛みを感じるようになるのです。ホテルの部屋など気密性が高く、空調がしっかりと効いているところほど、空気が乾燥しやすいでしょう。加湿器をつけたりぬれタオルを部屋につるしたりするなどして、湿度をあげると痛みがおさまります。

1-2.気温の変化

暖かい室内から急に寒い外に出たりすると、鼻の奥が痛くなる場合があります。これは、気温の急激な変化によるもの。冷たい空気が鼻の奥まで入ると、冷たさを「痛み」として感じてしまうためです。

ですから、冬に暖かい室内から寒い戸外へ出る場合はマフラーなどの防寒具で鼻を覆っていくか、大きく息を吸いこまないようにしましょう。また、マスクをしていくのも効果があります。

1-3.鼻のかみすぎ

風邪や鼻炎などで何度も鼻をかむと、鼻の粘膜にかなりの負担がかかります。また、鼻水がたくさん出ているときは鼻の粘膜も炎症を起こしていることが多いでしょう。ですから、鼻をすっきりさせようと力任せにかむと、鼻の奥が痛くなります。

風邪による鼻づまりは1週間もすればだいぶ改善しますが、花粉症などのアレルギー性鼻炎の場合は1〜2か月ほど症状が続くことも珍しくありません。なので、鼻のかみ方も工夫をして粘膜に負担をかけすぎないようにしましょう。

1-4.風邪の兆候や副鼻腔炎の発症

風邪のひきはじめに鼻の奥が痛くなるという人もいます。風邪をひくと鼻の粘膜が腫れる場合も多いので、そのはれが痛みと感じられる人も少なくないのです。副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、鼻の周りにたくさんある空洞に風邪の菌が入って炎症を起こす病気のこと。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)には急性と慢性があり、慢性化すると副鼻腔(ふくびくう)の中に膿(うみ)がたまり、痛みを感じるようになるのです。

風邪をひいて咳や熱などほかの症状は改善したのに、鼻水だけが止まらない場合は副鼻腔炎(ふくびくうえん)の可能性が高いでしょう。できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診してください。

1-5.副鼻腔や上咽頭の悪性腫瘍

ちょっと怖い話ですが、副鼻腔や鼻の突き当たりである上咽頭に癌などの悪性腫瘍ができると痛みを感じる場合もあります。この場合は痛み以外に顔が腫れたり、さわっている感覚が鈍くなったり、また鼻血がでたりする場合もあるので、このような症状が起こったときには早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

12