鼻の病気にはどのようなものがあるの? 予防法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻の病気というと、鼻風邪や鼻炎をイメージする方が多いと思います。どちらも鼻水や鼻づまりといった不快な症状が出ますが、「たかが鼻水・鼻づまり」と放置している方もいることでしょう。しかし、鼻水や鼻づまりを放置していると耳・口・気道などにも悪影響が出ることもあります。鼻の病気は早期発見と早期治療が大切です。

そこで、今回は患者数が多い鼻の病気やその予防方法についてご紹介しましょう。

  1. 鼻の病気やトラブルの基礎知識
  2. 鼻の病気のセルフチェック
  3. 鼻の病気が原因となって発症する病気
  4. 鼻の病気を治療する方法
  5. ​鼻の病気にかからないための予防方法
  6. 鼻の病気に関するよくある質問

鼻の病気について知識があれば耳鼻咽喉科を受診する目安も分かるようになります。鼻がつまりやすかったり鼻水がよく出たりする方や、鼻の調子がよく悪くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.鼻の病気やトラブルの基礎知識

はじめに、多くの方が経験したことのある鼻のトラブル・病気についてご説明します。どのような病気やトラブルがあるのでしょうか?

1-1.よくある鼻のトラブルとは

多くの方が経験したことのある鼻のトラブルといえば、くしゃみが止まらなくなる・鼻血・鼻水・鼻づまりが上げられます。鼻の中は粘膜で覆われており、常に鼻水を分泌し続けているのです。鼻の粘膜や鼻水は、空気と共に入ってきた小さなゴミやウィルス・細菌をからめとって体外へ排出する役目を担っています。そのため、ほこりっぽい場所にいくと体の防御反応でくしゃみや鼻水が止まらなくなったり鼻づまりになったりするのです。

また、鼻の中には毛細血管が通っており、人によってはちょっとした刺激で血管が傷ついて出血することがあります。特に子どもの場合は、鼻の中をいじっていて鼻血を出すことも珍しくありません。

1-2.鼻の病気と体の防御反応との違い

体の防御反応による鼻水や鼻づまりと病気由来の同じ症状との見分けがつきにくいという方も多いでしょう。体の防御反応によるくしゃみや鼻水の場合は、長くても数時間で治まります。鼻のいじりすぎによる鼻血も1時間もあれば止まることがほとんどです。1日以上鼻づまりや鼻水が止まらず、改善の兆しが見られない場合は、病気の可能性があります。

1-3.代表的な鼻の病気

鼻の病気というと風邪を連想する方が多いと思いますが、この他に、副鼻腔炎や鼻炎も悩んでいる方がたくさんいる鼻の病気です。副鼻腔炎を発症すると鼻の周囲にある副鼻腔という場所に炎症が起こります。すると、黄色っぽい粘度のある鼻水がたくさん出るのです。風邪から移行することも多く、年齢や性別にかかわらず発症します。

鼻炎は、鼻の粘膜が炎症を起こし鼻づまりや鼻水が出る病気です。炎症を起こす原因はさまざまですが、花粉症に代表されるアレルギー症状の一つとして鼻炎が出ることがあります。この場合は水のような鼻水が大量に出て、アレルギー性鼻炎と診断されるのです。

この他、鼻を左右に区切っている鼻中隔という軟骨が極端に曲がっているために鼻づまりを起こしやすい鼻中隔湾曲症という病気も、悩んでいる方がたくさんいます。

1-4.鼻の病気の問題点

鼻の病気のほとんどが、命に別状はありません。また、鼻水や鼻づまりはありふれた体の不調のため、放っておけば治る、と軽く思われがちです。ですから、鼻の病気が重症化しない限りなかなか病院を受診しない方もたくさんいます。しかし、副鼻腔炎や鼻炎・鼻中隔湾曲症は自然治癒することがほとんどありません。

また、重症化すると耳や口・喉にも影響が出て治療が長引きます。鼻の病気に悩んでいる方は、鼻水が喉の奥に落ちる後鼻漏や口呼吸が原因のドライマウス、口臭・いびきなどに悩んでいる方も多いのです。

1-5.鼻の病気の主な原因

鼻の病気の多くが、細菌やウィルスに感染したりアレルギーを発症したりすることが原因で起こります。また、鼻中隔湾曲症のように鼻の形そのものに問題があるケースもあるのです。細菌やウィルス感染は風邪から移行するケースも多く、アレルギーの場合はある日突然発症することも珍しくありません。その上、性別や年齢にかかわらず発症するものがほとんどです。

1-6.鼻の病気を発症しやすい人

ハウスダストなどのアレルギーを持っている方は、アレルギー性鼻炎を発症しやすいでしょう。また、鼻水をすする癖のある方は要注意です。鼻水をかまずにすすると、鼻水に含まれている細菌やウィルスが副鼻腔や耳に感染しやすく副鼻腔炎や中耳炎を発症しやすくなります。中でも、鼻がうまくかめない赤ちゃんや小さな子どもは、副鼻腔炎や中耳炎をくり返すケースも珍しくありません。

2.鼻の病気のセルフチェック

  • 鼻づまりや鼻水が1週間近く続き改善の兆しが見えない
  • 水のような鼻水が大量に出る
  • 粘度のある黄色い鼻水が大量に出る
  • 片方の鼻だけがしょっちゅうつまる
  • 風邪でもないのに鼻水が出て鼻づまりをくり返す
  • 頻繁に鼻血が出るようになった

このような症状が現れた場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。子どもや赤ちゃんの場合も同様です。小児科では鼻の病気は風邪以外治療できません。

3.鼻の病気が原因となって発症する病気

鼻は、耳や口と体内でつながっています。そのため、前述したように鼻水が原因で中耳炎や後鼻漏を発症することも珍しくありません。特に、子どもや赤ちゃんは鼻風邪や副鼻腔炎と急性中耳炎を同時に発症することが多いのです。

また、鼻がつまると鼻呼吸ができなくなります。そうなると口呼吸を行うしかありませんが、口は本来呼吸をする器官ではありません。ですから、ドライマウスや口臭などに悩まされる方もいます。その上、鼻がつまっているといびきもかきやすくなるので、家族が睡眠不足になるケースもあるのです。

4.鼻の病気を治療する方法

この項では、鼻の病気を治療する方法についてご紹介します。どのような治療方法があるのでしょうか?

4-1.耳鼻咽喉科を受診する

鼻水や鼻づまりは耳鼻咽喉科で治療を行います。アレルギー科を併設している病院では、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の治療や診断も可能です。鼻の病気が疑われる場合は、視診やレントゲン検査・CT検査を行って病気の診断を下します。アレルギーが疑われる場合は、血液検査が行われることもあるでしょう。

4-2.鼻の病気を治療する方法

鼻の病気は投薬治療と手術による治療が行われます。風邪・アレルギー性鼻炎・急性副鼻腔炎・中耳炎の場合は、飲み薬や点鼻薬で症状を緩和しながら完治を目指すのが一般的です。中耳炎の場合は、点耳薬が使われることもあります。投薬に併せて鼻水を吸ったり鼻の洗浄を行うこともあるでしょう。

鼻の粘膜が腫れ上がっている場合や、鼻中隔湾曲症がひどい場合は鼻粘膜焼灼術や鼻中隔矯正術といった手術がすすめられることもあります。鼻粘膜焼灼術は日帰りで行えますので、通常の治療と同じ感覚で受けられるでしょう。鼻中隔矯正術の場合は、1泊~1週間程度の入院をすすめられることもあります。どちらも手術を受ければ症状がかなり軽減されるでしょう。

4-3.病院の選び方

通常の風邪や副鼻腔炎の場合は、通いやすい耳鼻咽喉科が一番です。手術による治療を望む場合は、手術実績が豊富な病院を選びましょう。今は、ホームページで手術の方法や入院日数を記載している病院もたくさんあります。選ぶ目安にしてください。

子どもや赤ちゃんがかかる場合は、インターネット経由で予約が取れる病院ですと待ち時間がなく便利です。

5.鼻の病気にかからないための予防方法

この項では、鼻の病気にかからないための予防方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

5-1.たかが鼻水・鼻づまりと思わない

鼻水や鼻づまりが副鼻腔炎や中耳炎の原因となります。子どもの場合はひどい鼻風邪をひいた場合は、迷わずに病院を受診してください。大人でも、1週間以上鼻づまりや鼻水が続くようでしたら念のために病院を受診しましょう。特に、透明の鼻水が大量に出る場合はアレルギー性鼻炎を発症しているかもしれません。

5-2.鼻をすすらない

鼻をすすると、鼻水に含まれているウィルスや細菌が口や喉・耳にも広がります。鼻水はすすらずにかみましょう。子どもや赤ちゃんの場合は、親が鼻吸い器で吸ってあげてください。

5-3.点鼻薬を乱用しない

市販の鼻づまりを解消する点鼻薬は即効性があって便利です。ただし、1日2回以上使用していると副作用として薬剤性鼻炎を発症することもあります。点鼻薬はあくまでも鼻づまりを解消する効果しかありません。鼻づまりが続くようでしたら病院を受診し、原因を突き止めましょう。

6.鼻の病気に関するよくある質問

Q.子どもでも花粉症は発症するのでしょうか?
A.現在のところ、2歳の患者さんが最少年齢として報告されています。4~5歳の患者さんは珍しくありません。

Q.副鼻腔炎や中耳炎は再発をするのでしょうか?
A はい、治っても再発をくり返す方は珍しくありません。

Q.蓄膿症とはどのような病気ですか?
A.蓄膿症は副鼻腔炎が慢性化した病気で、副鼻腔内に膿が溜まるのが特徴です。正式名称を慢性副鼻腔炎といいます。

Q.アレルギー性鼻炎は完治しますか?
A.残念ながら、アレルゲンを完全に取り除かない限り完治が難しい病気です。しかし、症状を緩和させることはできます。

Q.鼻の手術は、全身麻酔で行うのでしょうか?
A.基本的には局部麻酔で行われるものが多くなっています。

7.おわりに

いかがでしたか? 今回は鼻の病気やその予防方法についてご紹介しました。鼻の病気は悪性腫瘍でない限り、すぐに命にかかわるものではありません。しかし、鼻づまりがひどいと頭痛や集中力の低下なども起こってきます。ひどい鼻づまりや鼻水の場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。かかりつけの耳鼻咽喉科を1軒作っておくと何かと便利です。