飛行機に乗る方必見!! 耳の不快感を和らげる耳抜きの方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お盆休中にふるさとに帰られた方も多いと思います。
帰省に飛行機を使ったという方もいるでしょう。
しかし、飛行機は移動手段としては最速ですが体調不良になる方もいます。
特に、耳の不調を感じる方は多いでしょう。
飛行機に乗ると急激な気圧の変化がありますから、耳が痛くなりやすいのです。
そこで、試してほしいのが耳抜き。
今回は、飛行機で耳抜きを上手に行う方法をご紹介しましょう。
これができると、耳の不快感がだいぶ減少します。
ぜひ記事を読んでコツをつかんでくださいね。

目次

  1. なぜ、飛行機に乗ると耳の違和感を覚えやすいのか?
  2. 飛行機に乗る前にやっておきたいこととは?
  3. 飛行機に乗ったときに耳の違和感や痛みを改善する方法とは?
  4. 船酔いならぬ、空酔いだってある航空性中耳炎とは?
  5. 航空性中耳炎になったら?
  6. おわりに

1.なぜ、飛行機に乗ると耳の違和感を覚えやすいのか?

飛行機は、短時間で激しく上昇したり下降したりします。
つまり、気圧が変化しやすいのです。電車に乗っていても、トンネルに入ると耳に違和感を覚える方は多いでしょう。
それは、トンネル内で気圧が変化するからです。
気圧が急激に変化すると、鼓膜の奥にある中耳という部分にたまっている空気が膨張して、収縮しようとします。
このとき、耳と鼻とをつなげている「耳管」とういう細い管が鼻側から開くことにより、耳の中と外の圧力が等しくなって違和感や痛みが治まるのです。
しかし、鼻が詰まっているとこの耳管がなかなか開かずに、違和感がいつまでも続くことになります。
また、赤ちゃんや小さい子どもも時間が開きにくいので、耳が痛みやすいのです。