耳が詰まった感じは何が原因?耳が聞こえにくい症状を改善しよう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「耳が詰まった感じがする」「耳が聞こえにくい」など、耳に異常が起きると不安になるあなたの気持ち、よくわかります。耳の病気になるのではと不安は大きくなるばかりでしょう。耳に異常が出るのは、何かしらの原因があります。耳が聞こえない・詰まる原因を突き止めなければなりません。そこで、耳が詰まった感じとは何なのか・セルフチェック法・治療法など詳しく説明します。

  1. 耳が詰まった感じとは
  2. 耳の詰まりをセルフチェック
  3. 耳に詰まってしまったときの治療方法
  4. 耳鼻科での治療法について
  5. 耳の詰まりにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、耳の詰まりを感じたときの対処法がわかります。原因を突き止め、適切な治療を受けるために必要な知識を身につけましょう。


1.耳が詰まった感じとは

耳が聞こえない・聞こえにくいなど詰まった感じがするのは、なぜなのでしょうか。具体的な症状や考えられる病気など詳しく説明します。

1-1.どういう症状か

耳詰まりの初期症状としては、耳がキーンとする・水が入ったような感じがする・自分の声が耳の中で響くなどです。耳をふたでおおわれたような感じがしたとき、耳詰まりを起こしている可能性があります。耳詰まりは身体への負担よりも精神的苦痛が大きいです。そのため、日常生活にも支障をきたしかねません。

1-2.考えられる病気と併発する症状

耳詰まりには考えられる病気と併発する症状があります。一体、どんな病気と症状が起きやすくなるのでしょうか。

1-2-1.メニエール病

芸能人でも発症している人が多い「メニエール病」は激しいめまいや耳鳴り・難聴・耳閉感(じへいかん)と4つの症状を繰り返す病気です。内耳の内リンパ水腫に異常が起きています。主な原因はストレスですが、アレルギーや水分代謝の異常・ホルモンバランス・胃弱が原因になっている可能性も高いです。

1-2-2.突発性難聴

突発性難聴は突然音が聞こえなくなる症状です。老若男女問わずに誰もが発症リスクを持っています。なんと、毎年3~4万人もの人が発症しているといわれている病気であり、原因はハッキリとわかっていません。考えられる原因としては、ウイルス感染・ストレス・内耳の循環不全が挙げられます。「耳が聞こえにくい」と感じていたときに突然発症するケースが多いです。

1-2-3.耳管開放症

耳管開放症は、耳閉感(じへいかん)や自分の声が響く自声強調・鼻呼吸が主な症状になります。前かがみになったり、横になったりすると症状が軽くなるのも1つの特徴です。通常、耳管は閉じている状態ですが、開いたままになっています。軽症の場合は自然に回復するでしょう。重症の場合は治療に時間がかかる傾向があります。

1-2-4.滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎は中耳腔(ちゅうじくう)に液体がたまっている状態のことです。中耳炎独特の痛みや発熱を伴うことはありませんが、難聴・聞こえにくい症状が出るでしょう。滲出性(しんしゅつせい)中耳炎の主な原因は、耳管開口部周囲の炎症です。

1-2-5.耳垢(あか)栓塞

耳垢の詰まりで起こる病気が「耳垢(あか)栓塞」です。耳閉感(じへいかん)や難聴・めまい・痛みが出てくる可能性があります。耳垢(あか)栓塞は自然治癒が不可能です。そのため、必ず耳鼻科で治療を受けてください。無理に自分で取ろうとすれば、耳の中から血が出てきてしまいます。

1-3.主な原因

主な原因はストレス・耳垢・炎症・内耳の異常など病気によって異なります。免疫力が低下していると、ウイルスに感染しやすくなり、内耳に炎症が起こるのです。当てはまる症状が出ているなら、原因は何なのか突き止めてください。原因を把握しなければ適切な治療ができません。

1-4.主な治療法

耳詰まりの治療法は通気治療・保存療法・薬物療法など多種多様です。症状や病気に合った治療法をすることが大切になります。たとえば、耳閉感(じへいかん)の場合、治療法は通気治療になるでしょう。通気治療とは、鼻と耳管に空気をとおす方法になります。中耳炎の場合は主に、炎症を抑える薬の投与です。耳の詰まりは生活習慣にも大きく関係しているため、日ごろの生活も改善しなければなりません。

1-5.放置するとどうなるか

耳詰まりを放置すると症状の悪化だけでなく、大きな病気になってしまいます。大きな病気とは「中耳炎」や「難聴」などです。聞こえにくいと感じていた音が完全に聞こえなくなる・激しい痛みや発熱も伴う可能性があります。耳の詰まりは放置することで後戻りできない状態になるのです。よって、すぐに耳鼻科を受診することをおすすめします。