耳閉感の原因や治療・対処法とは?~耳のつまりがぬけない方へ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

耳がつまった、ふさがった感じは「耳閉感」の症状です。
耳閉感は耳鼻科疾患の1つで耳鳴りがひどくなるケースもあります。
なぜ、耳がつまった、ふさがった感じがするのでしょうか。
これから、耳閉感の原因や対処法、治療法について詳しく説明します。
耳閉感の原因や対処法を知りたい、耳がつまった、ふさがった感じがする人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 耳閉感の原因
  2. 耳閉感の対処法
  3. 耳閉感の治療法
  4. まとめ

1.耳閉感の原因

音が聞こえにくくなる耳閉感は、何が原因なのでしょうか。
原因と一緒に耳閉感の症状について説明します。
耳閉感をスムーズに治すには、原因を把握することが大切です。

1‐1.知っておきたい耳閉感の症状とは

耳閉感の症状は、音が聞こえにくくなる、つまったような感じになるでしょう。
耳がつまる感じと言えば、飛行機に乗ったときや電車がトンネルをくぐるときを思い出します。
耳がふさがったような違和感を覚えるはずです。まさに、同じような症状が長く続いた場合、耳閉感になっている可能性があります。
基本的に、耳閉感には痛みがありません。
痛みが出ないぶん、耳鳴りがする、頭痛やめまいが起きるなどの症状も起こりやすくなります。
耳閉感と同じく頭痛・吐き気・耳鳴りが出た場合、風邪かと勘違いしてしまいますが、メニエール病になっている恐れもあるでしょう。
メニエール病のほとんどは“ストレス”が原因です。
できるだけストレスをためこまないようにするのも、耳閉感を防ぐポイントになります。

1‐2.外耳・中耳・内耳によって異なる原因

耳には外耳・中耳・内耳と言う部分があります。
耳閉感の原因は場所によって異なるでしょう。
外耳が関係している耳閉感は、鼓膜に傷が入っているのが原因です。
プールや風呂で耳の中に水が入る、鼓膜の振動の邪魔になっているなど鼓膜に悪影響がおよんでいます。
また、耳かきのしすぎも外耳を傷つけてしまうので注意しなければなりません。
実際、耳をかきすぎた結果、外耳がはれて耳閉感になったケースがあります。
鼓膜に穴があく、炎症を起こしているのも耳閉感の原因になるでしょう。
そして、中耳の場合は「耳管」が悪くなっている可能性があります。
耳管は、中耳と咽頭をつないでいる大切な器官です。
最後の内耳は、ストレスや疲労が原因になっています。
以上のように、部分によって原因は異なるので要注意です。

1‐3.耳の病気になっている可能性も

耳閉感の症状が起きている際、耳の病気になっている可能性があります。
中耳に炎症が起きているのなら「しん出性中耳炎」が原因でしょう。
しん出性中耳炎は子どもの発症が多く、中耳に液体がたまっています。
中耳炎は激しい痛みが出てきますが、しん出性中耳炎には痛みや熱が出ません。
また、内耳に原因がある場合は「低音障害型感音難聴」と呼ぶ病気が当てはまります。低音障害型感音難聴の特徴は、周波数の低い音が聞こえないことです。
耳閉感を放置すればするほど、悪化してしまうので早めに改善しなければなりません。耳の病気になっている場合、病気の治療を始める必要があるでしょう。

2.耳閉感の対処法

2‐1.原因を見つける

なぜ耳鳴りやつまった感じがするのか、「原因」を把握しなければなりません。
最近、過剰なストレスを感じていなかったでしょうか。
また、食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れも関係しています。
耳閉感の症状が何からきているのか原因を見つけてください。
原因をきちんと把握しておけば、正しい対処・治療法ができます。
原因がはっきりしない場合は耳鼻咽喉科を受診してください。
専門的な施設で検査をすれば、外耳・中耳・内耳のどこに原因があるのかはっきりします。
何もわからないまま処置するより、きちんと明確にしておいたほうが安心です。

2‐2.リラックスを心がける、新陳代謝を向上する

耳閉感の原因はさまざまですが、自律神経の乱れや新陳代謝の低下が多く当てはまります。
よって、耳閉感の症状が現れたときはリラックスを心がけてください。
自分にとってリラックスできる環境をつくっていきましょう。
少し気持ちを楽にするだけでも症状がやわらぐこともあります。
できるだけ、耳に負担をかけないように気をつけてください。
そして、リラックスすると同時に新陳代謝をあげる努力をするといいでしょう。
新陳代謝が向上すると、疲れにくい体質になります。
実は、疲労が原因で耳閉感を起こしている人も多いのです。
疲れを感じている場合は思いきって休むことも大切なポイントになります。
症状が起きているのにもかかわらず、無理をすればさらに悪化するでしょう。症状を抑えるには、素早い対処が必要です。

3.耳閉感の治療法

3‐1.鼻と耳管に空気をとおす「通気治療」

耳閉感の治療法は、主に「通気治療」になるでしょう。
通気治療とは、鼻と耳管に空気をとおす方法です。
耳がつまっている感じが空気をとおすことで解消できます。
主な治療法は通気治療になりますが、病気になっている場合は異なるでしょう。
中耳炎などの炎症が原因になっている際は手術をしなければなりません。
手術=入院が必要と思いがちですが、クリニック・病院の中には日帰りでできる手術もあります。
気軽に治療できるようになっているので安心してください。
また、治療を受けるところはできるだけ実績のあるクリニック・病院が好ましいです。検査や手術の内容だけでなく、アフターケアまでしてくれるところがいいでしょう。
手術後、何か問題が起きてもスピーディーに対応してくれます。
自分の症状や原因、状態に合った方法で治療を受けましょう。

3‐2.耳閉感を予防する方法とは

自分の生活次第で耳閉感は予防できます。
耳掃除をする機会が少ない人は、定期的に耳あかをとってキレイにしておきましょう。特に、プールや海など水の中に入る前は念入りに掃除しなければなりません。
耳あかが水分を吸ってしまい、傷がついてしまう恐れがあります。
しかし、念入りにと言っても耳かきのしすぎは逆効果です。
外耳の耳閉感は以上が予防法になります。
一方、中耳に関係する耳閉感は、中耳炎の予防が基本になるでしょう。
喉や鼻など炎症を起こさないように普段の生活を規則正しくすごしてください。
そして、内耳の予防法はストレス・疲労をためこまないことです。
内耳は神経と密接につながっているため、自律神経の乱れがダイレクトにきてしまいます。悪影響を受けやすい場所なのです。
過剰なストレスを感じたときはリラックスを心がける、睡眠をしっかりとるなどして、自律神経をコントロールしていきましょう。
少しでも耳に異変を感じたときは、クリニック・病院に診せることをおすすめします。

4.まとめ

耳閉感の原因や対処法、治療法、予防の仕方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
耳がつまった、ふさがっている感じが続いたときは「耳閉感」になっている可能性が高いです。
耳閉感は放置するほど悪化するので、注意しなければなりません。
外耳・中耳・内耳と場所によって原因が異なります。
自分の症状は何が原因で起きているのか明確にしてください。
はっきりと原因がわかれば、適切な方法で治療できるでしょう。
耳閉感を予防するには「生活習慣」がポイントです。
生活習慣を規則正しくすごしていけば、ストレス・疲労を感じることもありません。日々の生活に気をつけながら治療を続けていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加