耳にしこりができる原因は? 治し方や予防のポイントを徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

耳たぶにコリコリとしたしこりができて気になる。こんな経験がある方は、少なくないと思います。触らない限り痛みがないので放っておいてよいのか迷うという方もいるでしょう。

そこで、今回は耳にできたしこりの原因と対処法についてご説明します。耳しこりは、ほとんどが心配のないものです。しかし、ごくまれですがすぐに対処が必要なものもあります。耳にできたしこりが気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 耳にしこりができる主な原因は?
  2. 耳のしこりの対処法
  3. 耳にしこりができるのを防ぐ方法
  4. おわりに

1.耳にしこりができる主な原因は?

まず始めに、耳にしこりができる主な原因をご紹介しましょう。放っておいてよいものと、すぐに治療が必要なものがあります。

1-1.粉瘤(ふんりゅう)

耳たぶにできるしこりの大半が、粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれる良性の腫瘍(しゅよう)です。粉瘤(ふんりゅう)自体は体のどこにでもできる可能性があります。粉瘤(ふんりゅう)の原因は、皮膚の中にある袋状の場所にたまった老廃物。つまり、垢(あか)です。

私たちは毎日入浴をして体を清潔にたもちます。しかし、耳たぶを念入りに洗うという方は少ないでしょう。ですから、耳たぶは粉瘤(ふんりゅう)ができやすい場所なのです。

また、体質的に粉瘤(ふんりゅう)ができやすい人もいます。粉瘤(ふんりゅう)はほとんどが無痛ですが、気になって触っているうちに雑菌に感染してしまうと痛みをともなってはれてしまうこともあるのです。

1-2.肉芽(にくげ)

これは、ピアスをしている方によくあらわれるものです。ピアスは耳に穴を開けて入れますが、まれにピアスを体が「異物」と認識してしまいます。体内に異物が侵入すると、体はそれを排除しようと炎症を起こすのです。しかし、ピアスは炎症を起こしても排除できません。

そこで、体は肉芽(にくげ)を形成してピアスを隔離しようとするのです。金属製のピアスをずっと利用していたり自己流で穴を開けたりしてしまうと、肉芽(にくげ)ができやすくなります。

1-3.悪性腫瘍(あくせいしゅよう)

ごくまれにですが、耳に悪性腫瘍(あくせいしゅよう)ができる場合があります。初期の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)は粉瘤(ふんりゅう)とほとんど区別がつきません。ですから、ある程度症状が進んでからおかしいなと気づく方も多いのです。

1-4.痛風

痛風は、血中尿酸値が高くなる病気です。男性に発症することが多い病気ですが、女性の患者もゼロではありません。痛風を発症すると、体の末端に尿酸の結晶ができます。特に耳たぶや足の指の付け根にできることが多いでしょう。痛風の症状として足の指の痛みや違和感があります。足の付け根を押してみて強い痛みやかゆみが出た場合は、痛風の可能性が高いでしょう。

12