耳のしこりが気になる! しこりができる原因と対処法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

耳たぶにコリコリとしたしこりができて気になる。こんな経験がある方は、少なくないと思います。触らない限り痛みがないので放っておいてよいのか迷うという方もいるでしょう。

そこで、今回は耳にできたしこりの原因と対処法についてご説明します。耳しこりは、ほとんどが心配のないものです。しかし、ごくまれですがすぐに対処が必要なものもあります。耳にできたしこりが気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 耳にしこりができる主な原因は?
  2. 耳のしこりの対処法
  3. 耳にしこりができるのを防ぐ方法
  4. おわりに

1.耳にしこりができる主な原因は?

まず始めに、耳にしこりができる主な原因をご紹介しましょう。放っておいてよいものと、すぐに治療が必要なものがあります。

1-1.粉瘤(ふんりゅう)

耳たぶにできるしこりの大半が、粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれる良性の腫瘍(しゅよう)です。粉瘤(ふんりゅう)自体は体のどこにでもできる可能性があります。粉瘤(ふんりゅう)の原因は、皮膚の中にある袋状の場所にたまった老廃物。つまり、垢(あか)です。

私たちは毎日入浴をして体を清潔にたもちます。しかし、耳たぶを念入りに洗うという方は少ないでしょう。ですから、耳たぶは粉瘤(ふんりゅう)ができやすい場所なのです。

また、体質的に粉瘤(ふんりゅう)ができやすい人もいます。粉瘤(ふんりゅう)はほとんどが無痛ですが、気になって触っているうちに雑菌に感染してしまうと痛みをともなってはれてしまうこともあるのです。

1-2.肉芽(にくが)

これは、ピアスをしている方によくあらわれるものです。ピアスは耳に穴を開けて入れますが、まれにピアスを体が「異物」と認識してしまいます。体内に異物が侵入すると、体はそれを排除しようと炎症を起こすのです。しかし、ピアスは炎症を起こしても排除できません。

そこで、体は肉芽(にくが)を形成してピアスを隔離しようとするのです。金属製のピアスをずっと利用していたり自己流で穴を開けたりしてしまうと、肉芽(にくが)ができやすくなります。

1-3.悪性腫瘍(あくせいしゅよう)

ごくまれにですが、耳に悪性腫瘍(あくせいしゅよう)ができる場合があります。初期の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)は粉瘤(ふんりゅう)とほとんど区別がつきません。ですから、ある程度症状が進んでからおかしいな、と気づく方も多いのです。

1-4.痛風

痛風は、血中尿酸値が高くなる病気です。男性に発症することが多い病気ですが、女性の患者もゼロではありません。痛風を発症すると、体の末端に尿酸の結晶ができます。特に耳たぶや足の指の付け根にできることが多いでしょう。痛風の症状として足の指の痛みや違和感があります。足の付け根を押してみて強い痛みやかゆみが出た場合は、痛風の可能性が高いでしょう。

2.耳のしこりの対処法とは?

耳のしこりが気になるという方は、まず耳鼻咽喉科を受診してみましょう。医師が診察をすれば、しこりの原因が何であるか判明します。その後、医師からほかの科を受診するように指示された場合は、それに従ってください。場合によっては紹介状を書いてもらえるでしょう。

粉瘤(ふんりゅう)は薬局に治療薬も販売されています。しかし、素人が勝手な判断で治療をすると、耳の中にまで症状が広がってしまう場合があるでしょう。また、粉瘤(ふんりゅう)だと思って自己判断で治療をしていたら実は違う病気だったということもあるのです。

痛風や悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の場合は、早く治療をしないと症状が進んでしまいます。
ですから、「しこりが大きくなってきたり痛くなってきたりした」という場合は、一度耳鼻咽喉科を受診してみてください。

3.耳にしこりができるのを防ぐ方法とは?

では、耳にしこりができるのを予防する方法はあるのでしょうか? この項では、予防法の一例をご紹介します。

3-1.耳たぶをむやみにいじらない

耳たぶをいじるくせのある方もいるでしょう。しかし、手は体の中でも雑菌が多い場所です。ですから、しょっちゅう耳をいじっていると老廃物や雑菌が耳につきやすいでしょう。耳をいじるくせがある方は直してください。また、粉瘤(ふんりゅう)ができやすい人は、入浴したときにぬらしたタオルで耳をよくふきましょう。それだけでも垢が取れます。

3-2.ピアスは専門医のところで穴を開けてもらう

ピアスの穴を自分で開ける機械は市販されています。しかし、本来ならばピアスの穴は病院で開けてもらった方がよいのです。特に、初めてピアスの穴を開ける場合は、病院で行った方が安心でしょう。

また、耳たぶに複数の穴を開けると、体がピアスを異物として認識しやすくなります。ピアスの穴は両耳にひとつずつにしておきましょう。金属よりも樹脂製のピアスの方が、肉芽はできにくいです。なお、肉芽が大きくなってしまったピアスの穴は一度塞いで、新たに穴を開けた方がよいでしょう。肉芽が再発をくりかえす場合は、ピアスをやめてイヤリングにしてください。

3-3.生活習慣を見直す

痛風の場合は、食生活や生活習慣が発症の原因になります。痛風はプリン体を多く含んでいる食品を食べ続けると、発症しやすくなるのです。特に、ビールや魚、だし汁などにプリン体は多く含まれていますので、健康診断などで「尿酸値が高い」と言われた場合は、食生活を見直しましょう。

また、1日に尿を出す回数が少なくても、痛風は発症しやすいです。尿酸値が高い場合は、できるだけ水分を多くとってトイレに行く回数を増やしてください。痛風になりかけ、もしくは初期のころは足の違和感や痛みといった症状がまれに出るだけです。ですから、「ちょっとくらいよいだろう」と思ってしまいがち。しかし、痛風は症状が進むと、足の指に激痛がはしるようになります。その痛みは骨折よりも強いと言われ、多くの方がここで「食事制限をがんばっていれば」と後悔するそうです。

痛風は、糖尿病と同じように生活習慣病の一種。完治はしませんので、発症したら一生付き合っていく覚悟が必要です。ですから、「尿酸値が高いです」と言われた場合は、ビールを控えて水分をたくさん取りましょう。書店やインターネット上には尿酸値が高い人向けのメニューが公開されています。それらを参考に、献立を立ててみてください。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は、耳にしこりができる原因とその対処法をご紹介しました。
まとめると

  • 耳のしこりは大半が粉瘤(ふんりゅう)という良性の腫瘍(しゅよう)
  • ごくまれに悪性腫瘍(あくせいしゅよう)や通風など、すぐに治療が必要なものもある
  • 耳にしこりができて痛みや違和感がある場合は耳鼻咽喉科を受診する

ということです。 耳鼻咽喉科は、耳やのどの疾患を中心に治療をしてくれる科になります。内科と同じくらい受診することが多い科です。ですから、1件かかりつけを作っておくと何かあったときに安心でしょう。病院の中には土曜日でも診療してくれるところがあります。また、会社の近くの病院の方が通いやすい場合は、その近くで耳鼻咽喉科を探しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加