子供の耳かきのコツを教えます!耳掃除を嫌がる子供の対処法!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

子供の耳かきに手を焼いている人は多いでしょう。今回は、子供の上手(じょうず)な耳かきのやり方やコツについて、詳しくお話します。

  1. 耳かきを嫌がる子供の対処方法
  2. 子供の耳かきのやり方と注意点
  3. 子供の耳かきに便利なグッズ
  4. まとめ

耳かきを嫌がる、あるいは痛がる子供をお持ちの人は、読むと悩みを解消できますよ。


1.耳かきを嫌がる子供の対処方法

耳かきを嫌がる子供は、とても多いものです。ここでは、耳かきを嫌がる子供の対処方法についてまとめてみました。

1-1.ひざまくらでの耳かきを行わない

子供の耳かきをするときに、母親のひざまくらの上で行う人が多いでしょう。しかし、ひざまくらをした状態での耳かきは、必要以上に綿棒や耳かき棒が深く入ってしまう原因になります。そのため、綿棒や耳かき棒が奥に当たって痛がったり耳の中を傷つけてしまったりしがち。もし、子供が耳かきを嫌がるようならば、椅子に座った状態で行ったほうが恐怖感もなく、スムーズに行えることもあるので試してみてください。

1-2.子供がほかのことに集中しているときを狙う

子供が耳かきを嫌がったり痛がったりする場合は、子供の意識を耳かきからそらしてみるのもひとつの方法でしょう。ただし、あまり体や頭が動かないときでないと危険です。たとえば、好きなテレビ番組を集中して観(み)ているときや、絵本を読んでいるときなどが最適でしょう。ほかのことに集中しているときに、さっと耳掃除をしてしまうのです。ただし、深追いし過ぎると、子供に気づかれて嫌がられてしまうので注意しましょう。

1-3.耳鼻科に行ったときに耳掃除を依頼する

子供が耳かきを嫌がったり、痛がったりしてどうしようもない場合もあるでしょう。そのときは、耳鼻科に通って耳掃除を依頼する方法もあります。耳掃除のために耳鼻科に通っても、何も問題ありません。もしも、耳掃除の依頼だけでは行きづらいと感じたら、耳に異常がないか検診を同時に行っても良いでしょう。

耳鼻科なら、子供の気持ちを上手(じょうず)に紛(まぎ)らわすことに長(た)けているもの。耳かきを嫌がっていた子供も、スムーズに終わることでしょう。耳鼻科で耳掃除をしてもらえば、普段取れにくい部分の耳垢(あか)もきれいになります。

12