耳の軟骨に痛みを感じる。その原因と治療法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

耳たぶが赤くはれあがり、痛みや熱を持った経験がある方は少なくないと思います。耳の病気というと、中耳炎や外耳炎など耳穴の中に発症するものがよく知られているでしょう。しかし、耳たぶにある軟骨も炎症を起こすことがあります。

そこで、今回は耳たぶや耳にある軟骨に痛みを感じる原因や対処法をご紹介しましょう。耳たぶが痛むと、日常生活に支障が出ることも多いです。また、放置しておくと耳の形が変形する可能性もあります。ここ数日耳たぶや耳の軟骨が痛いという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 耳の構造と軟骨の痛みの原因とは?
  2. 耳介護軟骨膜炎ってどんな症状?
  3. 耳介軟骨膜炎の原因とは?
  4. 自己免疫疾患で耳の軟骨が炎症を起こすこともある
  5. 耳介護軟骨膜炎の治療法とは?
  6. 耳介護軟骨膜炎を予防する方法とは?
  7. 耳軟骨の痛みに関するよくある質問
  8. おわりに

1.耳の構造と軟骨の痛みの原因とは?

耳の軟骨の痛みについてお話をする前に、耳の構造についてご説明しましょう。耳は外側の耳介(じかい・耳たぶを含む外側の部分)と穴の入り口から鼓膜までの外耳、鼓膜の内側にある中耳の3つに大きく分けられます。

耳の病気というと、中耳や外耳の部分が炎症を起こす中耳炎や外耳炎が有名です。しかし、もう一か所炎症を起こす場所があります。それが、耳介(じかい)の軟骨。

耳を触ると柔らかくこりこりした部分があるでしょう。これが、軟骨です。耳介(じかい)がはれあがって痛かったり熱かったりする場合は、軟骨膜が炎症を起こした耳介軟骨膜炎(じかいなんこつまくえん)」である可能性が高いでしょう。