蓄膿症が口臭の原因に!あなたの口臭をチェックしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
口臭

蓄膿症が口臭の原因になることをご存じですか?
蓄膿症になると副鼻腔(びくう)にたまった膿(うみ)が喉に落ち、膿栓ができて口臭が発生してしまいます。
口臭を改善するためには、まず蓄膿症を治療する必要があるでしょう。
自分の口臭をチェックし、原因が蓄膿症でないか確認してみてください。

  • 蓄膿症が原因で口臭が気になる
  • 自分の口臭がどんな臭いなのか知りたい
  • 蓄膿症の口臭対策とは?

まずは、蓄膿症と口臭の関係を知る必要があります。


1.蓄膿症は口臭の原因になるのか

1-1.蓄膿症とは

まずは、蓄膿症についてご説明しましょう。
鼻の周りには大小いくつもの「副鼻腔(びくう)」という空洞があります。
この部分に炎症が起こることにより、膿(うみ)や粘膜がたまってしまう症状を「副鼻腔(びくう)炎」と言うのです。
副鼻腔(びくう)炎には急性と慢性の2種類があり、慢性副鼻腔(びくう)炎を「蓄膿症」とも呼びます。
蓄膿症になると鼻水の症状だけでなく、頬や目の周りなどに痛みを感じたり頭痛や発熱を生じたりすることもあるのです。
急性副鼻腔(びくう)炎を放置しておくと、蓄膿症が慢性化しやすいため注意が必要でしょう。

1-2.蓄膿症が口臭の原因に

蓄膿症と口臭は、一見関係がないように見えます。
しかし、蓄膿症が口臭の原因になっているケースは非常に多いのです。
蓄膿症は鼻の奥に膿(うみ)がたまり、そこから臭いが発生します。
また、蓄膿症によって口呼吸になることも、口臭の原因になるのです。
鼻詰まりによって口呼吸がメインになると、口がほぼ開いている状態になります。
その結果、口の中が乾いて口臭を招いてしまうのです。

1-3.蓄膿症による口臭はどんな臭い?

呼吸ができなくなるほど鼻が詰まった経験は、誰にでもあると思います。
そんなとき、鼻が詰まっているはずなのに、変な臭いがするのを感じたことがあるでしょう。
鼻詰まりの状況下でも、鼻が内部の臭いをかすかに感じ取っているのです。
一般的に、蓄膿症による口臭は「生臭い」と言われています。
もし、そのような臭いがするのを感じるようなら、蓄膿症が原因である可能性が高いでしょう。

2.蓄膿症による口臭チェックの仕方

2-1.唾液を使う

ティッシュに唾液をつけて、直接臭いを嗅いでみてください。
本当に口臭がひどいときは、鼻が詰まっていても臭いを感じるはずです。
ただし、この方法を試すときは、いったん別のものの臭いを嗅ぐなどして、嗅覚をリセットすることをおすすめします。

2-2.ビニール袋を使う

ビニール袋に軽く息を入れて口を閉じてください。
少しの間、別の臭いを意識するなどして鼻をリセットしてから、袋の中に入っている空気の臭いを嗅ぎましょう。

2-3.ブレスチェッカーを使う

もし、口臭が蓄膿症からきているのであれば、同じように鼻息も臭いはずです。
しかし、鼻が詰まっている状態で鼻息の臭いを確認するのは難しいでしょう。
そこで、鼻息の臭いを確認する方法として、ブレスチェッカーがあります。
鼻の穴を片方だけ指で押さえ、口を閉じて、反対の穴から勢いよく空気を出してみてください。
同じやり方で、今度はもう片方も調べてみましょう。
左右に差がある場合も多いため、必ず両方行ってください。
ブレスチェッカーの数値が3以上なら注意が必要です。

3.蓄膿症による口臭の改善方法

蓄膿症はつらい症状です。
その上、口臭まで気になると困りますよね。
蓄膿症による口臭はどのように改善したらよいのでしょうか。

3-1.口内を清潔に保つ

蓄膿症が原因でドライマウスになっている場合、口内の細菌を減らすことで口臭を抑えることができます。
口内の細菌を減らすためには、清潔に保つための努力が必要でしょう。
たとえば、こまめな水分補給や歯みがき、マウスウォッシュなどが効果的です。
また、舌苔(ぜったい)が付着していると口臭の原因になるため、舌ブラシなどを使ってこまめに取り除くことをおすすめします。

3-2.唾液の分泌を促す

唾液には殺菌効果があるため、口内の細菌が繁殖するのを防いでくれます。
そのため、唾液の分泌量を増やすことで口臭を抑えることができるのです。
唾液の分泌を促すためには、以下のような方法があります。

  • よく噛(か)んで食事をする
  • ガムを噛(か)む
  • 梅干しやレモンなど、酸っぱいものを食べる

3-3.規則正しい生活とストレス解消

体調不良やストレス、疲れなども口臭の原因になります。
また、喫煙や飲酒が原因で口臭がひどくなることもあるため、注意が必要でしょう。
規則正しい生活を心がけ、疲れがたまらないようにしてください。
また、気分転換や運動をすることでストレスをためこまないようにしましょう。
また、リンゴやナシ、パイナップルなど口臭予防効果のあるものを積極的に食べることも大切です。
特に、レモンには唾液の分泌を促し、口内をさわやかにする効果があります。

4.蓄膿症の治療方法

最後に、蓄膿症の治療方法についてご紹介します。
口臭対策のためにも、早めに蓄膿症を治しましょう。

4-1.薬物療法

一般的には「マクロライド療法」という薬物療法が行われます。
抗生物質を少しずつ、長い間投与する治療法です。
漢方薬などを組み合わせて治療する場合もあるでしょう。
マクロライド系の抗生物質には、細菌の増殖を減らす効果があります。
ある種のマクロライド系抗生物質は少量であれば副鼻腔粘膜の機能を改善させる作用があります。
鼻水を抑えたり、炎症を起こす物質の分泌を抑制したりする効果が期待できるでしょう。

4-2.ネブライザー治療

薬を霧状にして、鼻や口から吸い込む機械を使います。
ステロイド薬や抗生物質を鼻腔(びくう)から副鼻腔(びくう)に送り込むことで治療するのです。
霧状にすることで細かい粒子になり、副鼻腔(びくう)まで届きやすくなります。
粘膜で代謝分解されるため、体内に薬が入ってくることがなく、副作用が少ない治療法と言えるでしょう。

4-3.鼻腔(びくう)洗浄

鼻腔(びくう)内にたまった鼻水や膿(うみ)を洗い流して中をきれいに清掃するのが「鼻腔(びくう)内洗浄」です。
鼻うがいとも言いますが、人間の体液の浸透圧と同じ、0.9%の食塩水で行うようにしましょう。そうしないと、しみたり、痛みを感じたりします。
洗浄用の液は1リットルの水に、9グラムの食塩を溶かして作ります。薬品メーカーが洗浄液を市販していますが、少し値段が高いかもしれません。
片方の鼻を指で押さえ、もう片方の鼻からノズルを利用して、ゆっくりと食塩水を注入します。このとき、「えー」と声を出しながら行うと注入しやすくなりますよ。

4-4.手術療法

上記の治療法でも直らない場合は、手術療法を行うことになるでしょう。
手術療法には、鼻外手術と内視鏡手術があります。
鼻外手術の場合は、顔や歯にメスを入れて副鼻腔(びくう)を開き、炎症した部分の粘膜を取り除くのです。
腫れた粘膜と膿(うみ)を取り除くことで鼻腔(びくう)からの空気の流れをよくします。
ただし、術後にしびれや嚢胞の再発などの後遺症が起こる可能性はあるでしょう。
内視鏡手術の場合は、鼻の中に内視鏡を入れて、カメラの映像を見ながら手術を行います。
炎症を起こしている粘膜を取り除き、たまった膿(うみ)を出しやすくするのです。
顔を切開しないため、体への負担は少なく済むでしょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
口臭の原因が分からないときは、蓄膿症になっていないか確認することをおすすめします。
蓄膿症が原因の場合は、蓄膿症を治療しない限り根本的な解決にはならないのです。
早期に原因を突き止め、必要な治療を行うことで口臭を改善することができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
副鼻腔炎(蓄膿症)の日帰り手術