蓄膿症(副鼻腔炎)で頭痛・顔面痛がする! 原因と緩和する方法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
頭痛

慢性副鼻炎のことを一般的に「蓄膿症(ちくのうしょう)」といいます。蓄膿(ちくのう)症の症状としてあがっているのは、嫌なニオイ・息のつまり・歯痛・吐き気・頭痛・顔面痛といった不快に感じる症状です。特に、頭痛は日常生活に支障をきたしかねません。

そこで、蓄膿(ちくのう)症の頭痛・顔面痛を緩和する方法や原因、治療・予防方法について詳しく説明します。まさに今、蓄膿(ちくのう)症による頭痛・顔面痛で悩んでいる人、治し方を知りたい人はぜひ参考にしてください。