蓄膿症(副鼻腔炎)を食べ物で対策! おすすめの食材・メニューを紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
柑橘類

蓄膿症は、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)ともいい、膿(うみ)のような鼻水がとぎれなくなる病気です。風邪やアレルギーと間違えやすいため、自分が蓄膿症であると気づかない方もいるでしょう。

今回は、蓄膿症を食事で改善する方法についてご紹介します。蓄膿症の治療は投薬や手術ですが、食事を改善することにより回復が早くなることもあるのです。また、逆に避けた方がよい食べ物もご紹介しましょう。蓄膿症を早く治したいという方は必見です。

  1. 蓄膿症とはどんな病気?
  2. 蓄膿症の治療法とは?
  3. 蓄膿症を食事で改善する方法とは?
  4. 蓄膿症を予防する生活習慣とは?
  5. おわりに

1.蓄膿症とはどんな病気?

蓄膿症とは、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)ともいわれる鼻炎の一種です。代表的な症状は、膿(うみ)のようにどろりとした鼻水が止まらなくなること。発症する原因は、副鼻腔(ふくびくう)の炎症です。私たちの鼻の周りには副鼻腔(ふくびくう)といわれる骨の空洞があります。この空洞の中に、何らかの原因で細菌が入り炎症が起きると鼻水が膿(うみ)のようになるのです。発症から3か月までの炎症を「急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)」、それ以降を慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)といって区別しています。

蓄膿症は単独で発症することはあまりありません。鼻風邪やアレルギー性鼻炎から移行することが多いでしょう。鼻水が症状として現れる病気は多いですが、蓄膿症の特徴は膿(うみ)のような鼻水が長期間出ることです。鼻風邪ならば、2週間もあれば症状が改善します。アレルギー性鼻炎の場合は、水のように透明でさらさらした鼻水が出るのです。

また、長期化するほど症状は重くなり完治まで時間もかかるでしょう。ですから、鼻水が全く止まらないという場合は耳鼻咽喉科を受診してください。診察を受ければ蓄膿症かそれ以外の病気かは、すぐに分かるでしょう。

12