蓄膿症になると鼻水の色はどうなる? 治療方法と共に解説します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

蓄膿症とは、別名慢性副鼻腔炎ともいう鼻の病気です。目と鼻の周りにある副鼻腔という部分が炎症を起こすことによって発症します。発症してすぐのときは急性副鼻腔炎と呼ばれ、このときに治療を行えば治りも早いでしょう。しかし、治療が遅れると副鼻腔内に膿がたまり、青緑色の臭いのある鼻水が出て、がんこな鼻づまり・顔面痛・頭痛・後鼻漏などを引き起こします。
今回は、蓄膿症になった場合の鼻水の色や治療法について解説しましょう。

  1. 蓄膿症の基礎知識
  2. 蓄膿症の自己診断方法
  3. 蓄膿症の治療方法とセルフケア
  4. 蓄膿症に対するよくある質問

この記事を読めば、蓄膿症の症状や予防方法なども分かりますよ。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.蓄膿症の基礎知識

はじめに、蓄膿症がどのような病気かということを解説します。どんなに発症するのでしょうか?

1-1.蓄膿症とは?

前述のとおり、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)とは、目と鼻の周囲にある副鼻腔という空洞の粘膜が炎症を起こし、内部に膿がたまる病気です。副鼻腔と鼻腔はつながっており、通常は空気などが出入りしています。しかし、副鼻腔炎になるとこの通路が腫れなどによって狭くなり、さらに膿を排出する機能も弱まるのです。そのため、鼻水が膿混じりの青緑色となり、ひどい鼻づまりや頭痛・顔面痛・鼻水が喉奥に流れ落ちる後鼻漏、といった症状が現れます。

1-2.蓄膿症発症のメカニズム

蓄膿症は、急性副鼻腔炎から移行します。急性副鼻腔炎は風邪をひいたときに、鼻水に含まれている細菌が副鼻腔に入ることにより、発症することが多いでしょう。ですから、鼻をすする癖がある人は、発症する可能性が高まります。急性副鼻腔炎の段階で治療をすれば、副鼻腔炎は比較的短期間で治るでしょう。しかし、急性副鼻腔炎を放置すると悪化して、慢性副鼻腔炎になります。一般的に、急性副鼻腔炎を発症して3か月以上経過した場合は、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されるのです。

1-3.患者数や特徴など

蓄膿症の患者数は正確には把握されていません。しかし、推測では10万人以上の患者がいるのではないかとされています。また、副鼻腔炎は年代にかかわらず発症する病気ですが、子どもの副鼻腔炎患者は早めに耳鼻科・耳鼻咽喉科で治療を受ける人が増えたため、減少傾向にあると言われているのです。
なお、アレルギー性鼻炎から急性副鼻腔炎、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)に移行する可能性もあるため、アレルギー性鼻炎の人は蓄膿症になりやすいと言えるでしょう。

12