蓄膿症の嫌な臭いにはどんな対策が?臭いの原因を知って抑えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

蓄膿症の臭い対策にはどのようなものがあるのでしょうか。
蓄膿症にはさまざまな症状があります。
その1つが「臭い」です。
実はこの臭い、副鼻腔内にたまった膿が原因で発生しています。
この膿を膿栓といい、通称「臭い玉」などと呼ばれているのです。
臭い玉があることを自覚している人は意外と多く、何とか自力で消す方法を知りたいものでしょう。
蓄膿症による臭いを改善するためには、一体どうしたらよいのかご紹介します。

  1. 蓄膿症とは
  2. 蓄膿症の臭いが発生するメカニズム
  3. 蓄膿症の臭いを抑える方法
  4. まとめ

1.蓄膿症とは

風邪やアレルギー性鼻炎と区別がつきにくい蓄膿症。
一体どのような病気なのでしょうか。
原因や症状についてまとめてみました。

1-1.蓄膿症=慢性副鼻腔炎

「副鼻腔炎」という病名を聞いたことがある人は多いでしょう。
鼻風邪が長引いたことで起こるものは、ほとんどが「急性副鼻腔炎」です。
細菌やウイルスによって副鼻腔の粘膜に炎症が起こり、副鼻腔の粘膜に炎症が起こってしまう状態を言います。
細菌などを鼻水と一緒に排出する力が弱まるため、副鼻腔の中に膿がたまってしまうのです。
膿が副鼻腔の粘膜を傷つけ、さらに炎症が悪化してしまいます。

1-2.蓄膿症の原因

蓄膿症を起こす原因のほとんどが風邪です。
風邪がきっかけで急性副鼻腔炎になり、症状が3か月以上続くと慢性副鼻腔炎を発症することが多くなります。
風邪の症状が長引くと、鼻の粘膜が腫れて副鼻腔に空気が流れにくくなるのです。
その結果、分泌物が排出しにくくなり、副鼻腔に膿や菌がたまり、蓄膿症が起こります。
また、カビによって副鼻腔炎を発症することもあるでしょう。
体が健康な状態のときは問題ありません。
しかし、抵抗力が弱っているとカビに感染しやすくなり、副鼻腔に菌が増殖して炎症の原因になるのです。
そのほかにも、虫歯が原因で副鼻腔炎になり、蓄膿症に発展するケースも少なくありません。

1-3.蓄膿症の症状

主な症状としては、鼻づまりや鼻水があります。
粘膜の下から出る分泌物が増えるため、黄緑色で粘り気のある鼻水が大量に出るのが特徴です。
そのほかにも、頭痛や集中力の低下、疲労感などが現れる場合もあるでしょう。
鼻づまりが長期間続いて息がしにくい、臭いや味が分からないなどの症状があるときは、蓄膿症を疑うべきです。

2.蓄膿症の臭いが発生するメカニズム

蓄膿症の症状として気になるものの1つに、臭いがあります。
臭いの特徴や発生のメカニズムについて考えてみましょう。

2-1.臭いの原因は「黄色ブドウ球菌」

蓄膿症になると、副鼻腔の中にウイルスや細菌が繁殖します。
しかし、そのために発生した膿が臭いの原因になるわけではないのです。
鼻の中には、誰もが持っている「黄色ブドウ球菌」という菌が存在しています。
普段は、菌が鼻の中に侵入してきた際に排除する役割を持つ菌なのです。
しかし、鼻の中で炎症が起こると、黄色ブドウ球菌が増殖しすぎて悪臭を放ってしまいます。
そのため、膿が臭ってしまうのです。

2-2.口呼吸が臭いの原因になることも

蓄膿症による臭いの原因は、膿だけではありません。
蓄膿症を起こし鼻がつまると、口で呼吸せざるを得なくなるでしょう。
つまり、口が常に開いている状態になるのです。
口の中は唾液が少なくなり、慢性的に乾いた状態になります。
唾液には、口腔(こうくう)内の細菌が増えるのを防ぐ役割もあるのです。
唾液が減ると口の中に残った食べカスが菌の働きで発酵し、嫌な臭いを発するようになります。
もちろん、虫歯や歯周病にもなりやすくなるでしょう。
その結果、口臭につながってしまうのです。

2-3.臭いの特徴

では、蓄膿症による臭いにはどのような特徴があるのでしょうか。
一般的に、蓄膿症の臭いは他人からはあまり分からないと言われています。
蓄膿症の原因となっている膿は鼻の奥にあるため、体臭と違って人に気づかれることはあまりないのです。
臭いは人によって違い、普通の鼻水とは違う強烈さが特徴。
少し酸っぱさがあるような独特な臭いと言えるでしょう。
くしゃみをしたときなどに臭いを自覚することが多くなっています。

3.蓄膿症の臭いを抑える方法

強烈な臭いを発する蓄膿症。
他人からは分かりにくいとは言え、やはり気になってしまいますよね。
蓄膿症の臭いを抑える方法についてご紹介しましょう。

3-1.鼻うがい

鼻うがいをすることで臭いがある程度すっきりする可能性があります。
市販の洗浄剤や生理食塩水を鼻から注入し、膿や細菌を洗い流しましょう。
片方の鼻をふさいでもう片方の鼻から生理食塩水を吸い込みます。
そして、吸い込んだ生理食塩水を鼻や口から吐き出す方法です。
左右の花で3回ほど繰り返すと、鼻の中がきれいになるでしょう。

3-2.口の乾燥を防ぐ

鼻づまりによって口呼吸になると、口の中が乾燥した状態になります。
そのため、なおさら口臭がひどくなるのです。
臭いを抑える方法としては、口の乾燥を防ぐものがあります。
水分をこまめに補給する、歯みがきやマウスウォッシュなどで口内の水分量を維持するなど、工夫してみるとよいでしょう。
また、食事はよく噛(か)んで食べるように心がけることも大切です。
ガムや梅干しなど、唾液の分泌を促進するものを積極的に食べることもおすすめします。

3-3.蓄膿症を治療するのが一番の解決法

臭いを抑える最も効果的な方法は、蓄膿症を治療することしかありません。
症状が悪化する前に、できるだけ早く耳鼻科を受診するようにしましょう。
耳鼻科では、レントゲンやCT検査などによって炎症の程度や範囲を確認します。
症状の重症度や患者の年齢、鼻ポリープの有無などから総合的に判断し、治療法を選択することになるでしょう。
蓄膿症の治療には、一般的に保存療法と手術療法があります。
保存療法では、薬物療法やネブライザー治療、鼻腔内清掃、副鼻腔洗浄などが行われることになるでしょう。ネブライザー治療とは、薬を霧状にして鼻や口から吸い込む機械を使い、ステロイド薬や抗生物質を鼻腔から副鼻腔に送り込む方法です。
粘膜で代謝分解されるため、体内に入ってくることはほとんどなく、副作用が少ない治療法と言えるでしょう。
こういった治療でも症状が収まらない場合は、手術治療を検討することになります。
蓄膿症の手術には、外科手術と内視鏡手術があるのです。
外科手術の場合は、顔や歯にメスを入れて副鼻腔を開け、炎症した部分の粘膜を取り除きます。
腫れた粘膜と膿を取り除いて鼻腔からの空気の流れをよくするのです。
一方の内視鏡手術は、鼻の中に内視鏡を入れて映像を見ながら手術を行います。
顔を切開しないため、体への負担も少なく済むでしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
蓄膿症になると「臭いが気になる」という人は多いと思います。
臭いの原因を知り、少しでも抑えるためにはどうしたらよいのか考えてみてください。
根本的に問題を解決するためには、蓄膿症を治療するしかありません。
自分に合った耳鼻科を見つけ、早めに対処するのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加