蓄膿症の嫌な臭いをなんとかしたい! 臭いの原因を知って対策しよう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

蓄膿症の臭い対策にはどのようなものがあるのでしょうか? 蓄膿症にはさまざまな症状があります。その1つが「臭い」です。実はこの臭い、副鼻腔内にたまった膿が原因で発生しています。

蓄膿症による臭いを改善するためには、一体どうしたらよいのかをご紹介します。

  1. 蓄膿症とは
  2. 蓄膿症の臭いが発生するメカニズム
  3. 蓄膿症の臭いを抑える方法
  4. まとめ

1.蓄膿症とは

風邪やアレルギー性鼻炎と区別がつきにくい蓄膿症。一体どのような病気なのでしょうか。原因や症状についてまとめてみました。

1-1.蓄膿症=慢性副鼻腔炎

「副鼻腔炎」という病名を聞いたことがある人は多いでしょう。鼻風邪が長引いたことで起こるものは、ほとんどが「急性副鼻腔炎」です。細菌やウイルスによって副鼻腔の粘膜に炎症が起こり、副鼻腔の粘膜に炎症が起こってしまう状態を言います。細菌などを鼻水と一緒に排出する力が弱まるため、副鼻腔の中に膿がたまってしまうのです。膿が副鼻腔の粘膜を傷つけ、さらに炎症が悪化してしまいます。

1-2.蓄膿症の原因

蓄膿症を起こす原因のほとんどが風邪です。風邪がきっかけで急性副鼻腔炎になり、症状が3か月以上続くと慢性副鼻腔炎を発症することが多くなります。風邪の症状が長引くと、鼻の粘膜が腫れて副鼻腔に空気が流れにくくなるのです。その結果、分泌物が排出しにくくなり、副鼻腔に膿や菌がたまり、蓄膿症が起こります。

また、カビによって副鼻腔炎を発症することもあるでしょう。体が健康な状態のときは問題ありません。しかし、抵抗力が弱っているとカビに感染しやすくなり、副鼻腔に菌が増殖して炎症の原因になるのです。そのほかにも、虫歯が原因で副鼻腔炎になり、蓄膿症に発展するケースも少なくありません。

もう一つの副鼻腔炎の原因は好酸球です。好酸球とは自分自身の白血球の一種ですが、この好酸球が鼻水などの分泌物に増える体質の人がなるのが好酸球性副鼻腔炎です。

好酸球性副鼻腔炎の場合の粘液は「ムチン」と呼ばれる粘調度の高いものですが細菌が原因ではないために感染がきっかけの副鼻腔炎に比べると臭いは弱いような印象があります。

1-3.蓄膿症の症状

主な症状としては、鼻づまりや鼻水があります。粘膜の下から出る分泌物が増えるため、黄緑色で粘り気のある鼻水が大量に出るのが特徴です。そのほかにも、頭痛や集中力の低下、疲労感などが現れる場合もあるでしょう。鼻づまりが長期間続いて息がしにくい、臭いや味が分からないなどの症状があるときは、蓄膿症を疑うべきです。

12