蓄膿症が原因の鼻づまり対策! 膿のようなネバネバした鼻水を出す方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

蓄膿症(副鼻腔炎)になると、ネバネバとした膿のような鼻水が出ます。鼻をかんでもなかなかすべて出し切れず、不快な思いをする方も多いでしょう。

そこで、今回は蓄膿症の方向けに、膿を出す方法をご紹介します。今は、花粉症のシーズンです。花粉症からそのまま蓄膿症になってしまう方も少なくありません。

今回は、その予防法もご紹介します。蓄膿症に悩んでいる方やアレルギー性鼻炎の方はぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 蓄膿症とはどんな病気?
  2. 蓄膿症を放置しておくとどうなる?
  3. 蓄膿症の治療法は?
  4. 膿のような鼻水を出す方法は?
  5. 蓄膿症を予防・改善するための注意点
  6. おわりに

1.蓄膿症とはどんな病気?

1-1.蓄膿症とは?

蓄膿症とは、慢性副鼻腔炎ともいわれる病気で、鼻の周りの「副鼻腔」という空洞が炎症を起こして、そこに膿のような鼻汁がたまる病気です。かぜやアレルギー性鼻炎が原因で発症することが多く、ドロドロとした鼻水が大量に出ます。

かぜやアレルギー性鼻炎でも鼻水は出ますが、かぜはどんなに長くても1~2週間で症状が改善しますし、アレルギー性鼻炎による鼻水はさらさらとしたものです。

つまり、発症から3週間以上も鼻水がまったく減る気配がなく、しかも膿のようなドロドロした鼻水が出続ける場合は、蓄膿症の可能性が高いです。

1-2.蓄膿症になりやすいのはこんな人

アレルギー性鼻炎を患っている方や冬に風邪をひきやすい方は、蓄膿症(副鼻腔炎)を発症しやすい傾向にあります。子どもの場合は、幼稚園・保育園・小学校等で風邪などに感染しやすいので、注意しましょう。また、鼻をすすりあげる癖のある方も、鼻水が副鼻腔に入り炎症を起こしやすい傾向にあります。

1-3.蓄膿症の患者数はどのくらい?

蓄膿症の患者数は正確には把握されていません。しかし、全国に約100万人以上いると推測されています。子どもの患者数も多く、就学年齢の子どものうち12%が蓄膿症(副鼻腔炎)を患っているという報告もあるのです。

1-4.蓄膿症の種類について

蓄膿症は副鼻腔炎ともいい、急性と慢性があります。急性副鼻腔炎は風邪などから移行して発症する場合が多く、適切な治療を受ければ1か月以内に完治するでしょう。

一方、慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎の段階で適切な治療をしなかった結果、粘膜の腫れがひどくなり、副鼻腔と鼻を繋ぐ管が狭くなって炎症が悪化した状態です。急性副鼻腔炎が3か月以上完治しなかった場合は、慢性副鼻腔炎と診断されます。膿のような鼻水が溜まり、顔面痛などの症状が出ることもあるでしょう。