その鼻詰まりの原因は蓄膿症かも? 症状の見分け方・対処法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「最近鼻がよく詰まるようになった」「味や臭いを感じない」とお悩みの方。もしかしたら、その症状は蓄膿症が原因である可能性があります。蓄膿症は早期の治療が何より肝心。今回は蓄膿症の症状と、その治療法についてご紹介しましょう。

  1. 蓄膿症ってどんなもの?
  2. 蓄膿症の種類と症状
  3. 蓄膿症の治療法

1.蓄膿症ってどんなもの?

蓄膿症は決して珍しい病気ではありません。しかし、なじみのない方のためにまずは概要を説明したいと思います。「ただ鼻水が出るようになるだけでは?」などと考えていると痛い目を見ることになるでしょう。

1-1.蓄膿症は副鼻腔炎になることから始まる

蓄膿症とは、「副鼻腔炎」の一種です。まずは副鼻腔炎について説明しましょう。 我々人間の「鼻の穴」のことを専門用語では鼻腔といいます。鼻腔は常に呼吸によって外部の空気にさらされているため、ウイルスや細菌、カビなどにさらされることの多い器官です。ウイルスなどの侵入を体の免疫機能で防いでいる間は、特に問題はありません。しかし、体が弱っているときに鼻腔がウイルスや細菌にさらされると、内部で炎症が生じます。

この鼻腔内の炎症により、鼻腔の周囲にある「副鼻腔」にうみがたまる症状が「副鼻腔炎」です。実は、鼻腔の周囲には「副鼻腔」と呼ばれる大小の空間が広がっています。鼻腔が炎症を起こした場合、副鼻腔も炎症の被害を受けることがあるのです。

1-2.蓄膿症=慢性副鼻腔炎

副鼻腔炎は、治療することで多くの場合短期間で治ります。しかし、治療を行わない、再発を繰り返す、といった理由でまれに慢性化してしまうことも。この「慢性化した副鼻腔炎」の俗称が「蓄膿症」です。目安となる基準としては、「3か月以上副鼻腔炎の症状が継続した場合」、蓄膿症だと判断されます。

1-3.蓄膿症の原因は、「副鼻腔にうみがたまること」

蓄膿症の原因は、ウイルスなどによる炎症で生じた鼻水・うみが、副鼻腔に侵入してたまってしまうことです。うみが副鼻腔に進入してしまう原因はいろいろあります。 たとえば、アレルギー性鼻炎などの持病がある人は、常に鼻水が出ていることも珍しくありません。勢いよく鼻水をかんだ際に、その勢いで鼻水が副鼻腔に侵入してしまう、ということも考えられるのです。ほかにも、生まれつき鼻腔が狭く詰まりやすい方、けがなどで鼻が変形してしまい、詰まりやすくなっている人などは、「鼻の形状」が原因で副鼻腔炎になってしまうことも。

誰でも気をつけなければならないのは、風邪やインフルエンザです。風邪やインフルエンザにかかったときは、誰でも鼻水が出ます。つまり、「誰でも副鼻腔炎、そして、蓄膿症になるリスクを抱えている」といえるのです。

12