妊娠中の鼻炎薬は大丈夫?妊娠期間中の花粉症対策とは?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

妊娠中は免疫力が低下して病気になりやすい体質へと変化するものです。長期間鼻の粘膜に炎症が起きている「慢性鼻炎」は注意しなければなりません。慢性鼻炎で悩んでいる妊婦はぜひチェックしてください。これから、妊娠中の鼻炎薬の使用について、妊娠期間中の花粉症対策、初期症状や緩和する方法を詳しく説明します。

  1. 妊娠中の鼻炎薬の使用について
  2. 妊娠期間中の花粉症対策
  3. 初期症状や緩和する方法
  4. まとめ

1.妊娠中の鼻炎薬の使用について

今年、4年ぶりに鼻アレルギーの診療ガイドラインが改定されました。その目立った変更点は妊婦や授乳中の薬剤使用方法です。それによりますと、原則的に2〜4ヶ月は内服も点鼻も控えた方がいいです。それ以降、つまり妊娠5ヶ月以降に使うとしたら、こんな薬が良いですよという候補があります。

これは日本独自の基準ではなくて、オーストラリア基準と米国のFDA基準というのを参考にしています。その中でほぼ安全なのは商品名で言うとポララミン、アレルギン、レスタミン、ベガ、ペリアクチン、タベジールあたりです。いずれも第Ⅰ世代の抗ヒスタミン薬であり、眠気、だるさ、口の渇きなどなど副作用も多いという欠点があります。

出来ればより副作用の少ない第2世代から選びたいところであり、となるとクラリチン、ジルテックが候補となるでしょう。この2剤の比較では、抗ヒスタミン作用の強いのはジルテック、眠気の少ないのがクラリチンです。 また、ジルテックからより眠気の副作用を取り除いといわれるザイザルもFDA基準ではBの評価であり、使って良いものと思います。

さらに赤ちゃんや母乳に対する安全性もあわせて考えるとクラリチン、ジルテック、ザイザル当たりが安産性が高そうです。

また薬の投与方法としては内服よりも点鼻の方が血中濃度が上がらず、よりお腹の赤ちゃんには安全といわれています。
そのためオーストラリア基準でB3、FDA基準でCでありながらも、アルデシンAQネーザル、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミストなどのステロイド点鼻も使って良いものと思われます。

12