【注目】内視鏡下副鼻腔手術とは? 副鼻腔炎の内視鏡手術を解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

副鼻腔炎になると、いつも鼻がスッキリしなくて困りますよね。投薬治療がうまくいかないときなどは、思いきって手術をすることで快適になることも多いものです。今回は、副鼻腔炎の手術として、内視鏡下副鼻腔手術に注目しました。どんな手術なのか、メリットやデメリットはどうかなど、詳しく解説していきます。副鼻腔炎で悩んでいて手術を考えている人には、必見の内容ですよ。

  1. 内視鏡下副鼻腔手術とは
  2. 内視鏡下副鼻腔手術について
  3. 内視鏡下副鼻腔手術をもっと詳しく
  4. 内視鏡下副鼻腔手術の術後ケアについて
  5. ​内視鏡下副鼻腔手術の病院について
  6. 副鼻腔炎の内視鏡下副鼻腔手術についてよくある質問

記事を読むことで、内視鏡下副鼻腔手術について深く理解することができます。また、実際に手術を受けるときの病院の選び方などもわかるので有益です。副鼻腔炎で悩んでいる人は、まず記事をじっくり読んでみることをおすすめします。そして、内視鏡下副鼻腔手術を行うか考えてみてください。


1.内視鏡下副鼻腔手術とは

まずは、内視鏡下副鼻腔手術についての基礎を学びましょう。どんな病気に対する手術であるか、また、どんな手術方法なのかを解説します。

1-1.内視鏡下副鼻腔手術とはどんな病気にする手術か

内視鏡下副鼻腔手術は、主に慢性副鼻腔炎の治療法として行います。慢性副鼻腔炎になっていると、常に副鼻腔が詰まっている状態でしょう。慢性副鼻腔炎になると、鼻腔に膿(うみ)が溜(た)まった状態が続くことで悪臭がしたり鼻づまりにより集中力が無くなったりするものです。投薬治療などでも症状の改善を見ることができないときは、手術で副鼻腔の詰まりを取り除き、本来の通り道を確保します。

1-2.内視鏡下副鼻腔手術はどんな手術方法か

鼻には、副鼻腔と呼ばれる空洞が左右に4つずつ存在していることをご存じでしょうか。副鼻腔は、本来なら空気や鼻水がスムーズに通る空間を維持しています。しかし、炎症が起きるなどで粘膜が腫(は)れたりポリープなどができたりすると通り道がふさがって鼻づまりが起こるのです。内視鏡下副鼻腔手術では、副鼻腔の空間を広くし、腫(は)れがひどい部分を切除します。