好酸球性副鼻腔炎の症状や原因とは?手術を含めた治療法も紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

好酸球性副鼻腔炎は、1990年代から患者が増加し始めた副鼻腔炎の一種です。通常の副鼻腔炎とは異なり、白血球の一種である好酸球が副鼻腔にまん延することで発生します。気管支喘息・アスピリン不耐症・薬物アレルギーの方が発症しやすく、2015年(平成27年)には難病法によって指定難病に指定されました。

今回は、好酸球性副鼻腔炎の原因や手術を含めた治療法などについて紹介しましょう。

  1. 好酸球性副鼻腔炎とは?
  2. 好酸球性副鼻腔炎のセルフチェック
  3. 好酸球性副鼻腔炎の治療法
  4. 好酸球性副鼻腔炎の症状が悪化しないための注意点
  5. 耳鼻咽喉科の選び方
  6. 好酸球性副鼻腔炎に悩んでいる方のよくある質問

通常の副鼻腔炎との違いや治療法が分かれば、不安になったり悩んだりせずにすみます。自分が好酸球性副鼻腔炎かもしれないと思っている方や、現在好酸球性副鼻腔炎の治療を受けている方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.好酸球性副鼻腔炎とは?

はじめに好酸球性副鼻腔炎の原因や症状・一般的な副鼻腔炎との違いについてご紹介します。一般的な副鼻腔炎とは何が違うのでしょうか?

1-1.好酸球性副鼻腔炎とは?

好酸球性副鼻腔炎は、鼻腔内に鼻たけと呼ばれる良性のポリープが多発し、手術をしても再発しやすい難治性の副鼻腔炎です。鼻をかんでも取りきれない粘性の高い鼻水もたくさん出るため、ひどい鼻づまりも起こります。それに伴い、嗅覚が鈍化してやがて匂いを全く感じられなくなる方も珍しくありません。

1-2.一般的な副鼻腔炎との違いとは?

一般的な副鼻腔炎は、副鼻腔内にウィルスや細菌が感染することによって発症します。年齢、性別を問わずに発生し、治療には抗生物質が使わることが一般的です。鼻たけは慢性化したり重症化したりしないと発生しません。

一方、好酸球性副鼻腔炎の場合は現在のところ成人しか発症が確認されていない病気です。また、鼻たけができて初めて鼻炎の発症に気づく方もたくさんいます。鼻たけは手術で切除しても再発することが多く、ステロイド剤が治療に効果的です。

好酸球性副鼻腔炎の場合は、気管支喘息の合併症として現れることが多いです。その理由として、好酸球性副鼻腔炎になる人は気道の分泌物に好酸球が多く含まれているからだと言われています。上気道分泌物、すなわち鼻汁に好酸球が多いと好酸球性副鼻腔炎になりますし、下気道の分泌物、すなわち痰に好酸球が多いと喘息になります。

好酸球性副鼻腔炎も性別を問わずに発生しますが、現在のところ、男性の方が発症率が高い傾向にあります。

1-3.好酸球性副鼻腔炎の患者数はどのくらい?

現在、副鼻腔炎の患者は日本に100万人~200万人程度いるといわれています。そのうち、鼻たけができるほどの重症患者は20万人ほどです。その中で、好酸球性副鼻腔炎が原因で鼻たけができていると思われる方は、約2万人いるといわれています。副鼻腔炎患者全体の1%ほどです。

指定難病に指定された時期も新しいためまだ認知度も低く、一人で悩んでいる方もいます。

1-4.好酸球性副鼻腔炎を発症するリスクが高い人とは?

  • 気管支喘息を患っている
  • アスピリン不耐症である
  • 薬にアレルギーがある
  • 成人男性

これらの特徴に当てはまる方は、好酸球性副鼻腔炎を発症するリスクが高い傾向にあります。ただし、気管支喘息は副鼻腔炎を同時に発生するケースもあれば、先に副鼻腔炎を発生するケースもあるのです。

1-5.好酸球性副鼻腔炎を放置しておくとどうなるのか?

好酸性副鼻腔炎を放置しておくと、鼻たけがどんどん成長します。特に、風邪症候群やインフルエンザなど鼻づまりや鼻水といった症状がでる感染症にかかると状態が悪化しやすいのです。重症化すると、鼻の穴から鼻たけがあふれそうになることもあります。

また、鼻づまりが起こると鼻呼吸ができなくなり、匂いを感じ取りにくくなるのです。そのため、嗅覚障害が起こったり体の酸素不足による頭痛や集中力の低下も起こったりします。